愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

山田 英介 (ヤマダ エイスケ,YAMADA Eisuke)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
粘着剤、接着剤の最適設計と適応技術, 山田英介,他, 技術情報協会, 2014年06月, ,  
2
架橋の反応・構造制御と分析 事例集, 山田英介,他, 技術情報協会, 2014年01月, ,  
3
動的粘弾性の測定とデータ解釈 事例集, 山田英介,他, 技術情報協会, 2012年06月, ,  
4
ポリウレタンの化学と最新応用技術, 松永勝次,山田英介,他, シーエムシー出版, 2011年12月, ,  
5
最新版 エポキシ樹脂の高機能化~設計・配合・解析 編, 長谷川喜一,山田英介,他, 技術情報協会, 2008年06月, ,  
6
接着ハンドブック第4版, 古川睦久,山田英介,他, 日刊工業新聞社, 2007年12月, ,  
7
最新 ポリウレタンの設計・改質と高機能化 技術全集, 古川睦久,山田英介,他, 情報技術協会, 2007年03月, ,  
8
ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開, 岡本正巳, 山田英介,他, シーエムシー出版, 2004年12月, ,  
9
ポリウレタンの安定化・劣化対策と目的の応じた新しい改質技術, 古川睦久,山田英介,他, 技術情報協会, 2004年09月, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
高ハードセグメント含有ポリウレタンで改質したエポキシ樹脂硬化物の諸物性, 佐藤暢也、杉木智也、山田英介, 日本接着学会誌, 第52巻, 第3号, p.70-76 , ,   , 2016年03月, ,  
2
ピロメリットイミド結合導入ポリイミドウレタンエラストマーで改質したエポキシ樹脂の物性, 高木一功、佐藤暢也、山田英介 , 日本接着学会誌, 第52巻, 第2号, p.31-37 , ,   , 2016年02月, ,  
3
Development of high-performance resin nanocomposites by resin cellulation using multi-walled carbon nanotubes, Shigeki Inukai, Toru Noguchi, Ken-ichi Niihara, Masaharu Miura, Eiasuke Yamada, Kenji Takeuti, Morinobu Endo., Composites Part B, 2016, 91, p.422- 430, , ,   , 2016年, ,  
4
Effect of Introduction of Terminal Functions on Properties of Multi-walled Carbon Nanotube/ Polystyrene-block- Poly(ethylene-co-buthylene)-block-polystyrene Composites, Takahide Kumagai, Wataru Suzuki, Eisuke Yamada, Toru Noguchi, Satoshi Iinou, Morinobu Endo, J. Adhesion Soc. JPN., 47, No.5, p.178-185, ,   , 2011年05月, ,  
5
Preparation and Properties of Multiwall Carbon Nanotubes/ Polystyrene-block-Polybutadiene-block-polystyrene Composites, Shigeki Inukai, Ken-ichi Niihara, Toru Noguchi, Hiroyuki Ueki,Akira Magario, Eiasuke Yamada, Shinji Inagaki, Morinobu Endo, Ind. Eng. Chem. Res., 2011, 50,No.13, p.8016- 8022, ,   , 2011年05月, ,  
6
Preparation and Properties of Multiwall Carbon Nanotubes/ Polystyrene-block-Polybutadiene-block-polystyrene Composites, Shigeki Inukai, Ken-ichi Niihara, Toru Noguchi, Hiroyuki Ueki,Akira Magario, Eiasuke Yamada, Shinji Inagaki, Morinobu Endo, Ind. Eng. Chem. Res., 2011, 50,No.13, p.8016- 8022, ,   , 2011年05月, ,  
7
C60添加ポリスチレン-block-ポリブタジエン-block-ポリスチレンに対するUV光照射の影響, 熊谷秀樹,山田英介,稲垣愼二,曽根一祐, 日本接着学会誌,第46巻,第8号,P289, ,   , 2010年08月, ,  
8
各種多層カーボンナノチューブ/ポリスチレン-block-ポリブタジエン-block-ポリスチレン複合物の諸物性, 熊谷隆秀, 鈴木 渉, 山田英介, 野口 徹, 飯生悟史, 遠藤守信, 日本ゴム協会誌,第83巻,第8号,P258, ,   , 2010年08月, ,  
9
フラーレン / 熱可塑性ポリウレタンコンポジットに対するハードセグメント量の影響 , 熊谷秀樹,北村真一,山田英介,稲垣愼二,曽根一祐, 日本接着学会誌,第46巻,第3号,P93, ,   , 2010年03月, ,  
10
フラーレン類縁物質の有効活用に関する研究-フラーレン類縁物質/SBS複合物の調製と物性-, 熊谷秀樹,山田英介,稲垣愼二,高倉 剛,曽根一祐, 日本ゴム協会誌,第82巻,第9号,P401, ,   , 2009年09月, ,  
11
熱可塑性ポリウレタンとフラーレン類の複合化と物性, 高倉 剛,熊谷秀樹,稲垣愼二,山田英介,曽根一祐, 日本接着学会誌,第45巻,第9号,P338, ,   , 2009年09月, ,  
12
Dynamic Viscoelastic Behaviors of CNT/Elastomer Composites, Eisuke Yamada, Takahide Kumagai, Toru Noguchi, Hiroki Ueki, Shigeki Inukai, Morinobu Endo, International Conference on Carbon 2008. P302(CD), ,   , 2008年06月, ,  
13
伸長による天然ゴムの不均質化構造の変化, 岩蕗 仁,永田員也,野口 徹,山田英介, 日本ゴム協会誌,第80巻,第1号, P83, ,   , 2007年03月, ,  
14
パーオキサイド架橋EPDMの構造と動的特性に関する研究 第5法 貯蔵弾性率と網目鎖濃度および分子運動性の関係, 岩蕗 仁,永田員也,野口 徹,山田英介, 日本ゴム協会誌,第79巻,第12号, P551, ,   , 2006年12月, ,  
15
Preparation and Properties of Clay/SEBS Intercalated Composites, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, e-J. Soft Materials, Vol. 2, P1~8, ,   , 2006年04月, ,  
16
Preparation and Mechanical Properties of Clay/Polystyrene-block-polybutadiene-block-polystyrene Triblock Copolymer (SBS) Intercalated Nano-composites using Organoclay containing Stearic Acid, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, Polymer International, Vol. 55, Issue 6, P662~667, ,   , 2006年04月, ,  
17
Preparation and Properties of Organoclay/SEBS Nanocomposites, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, Full Text of the International Rubber Conference 2005 YOKOHAMA, P15 (CD), ,   , 2005年10月, ,  
18
パーオキサイド架橋EPDMの構造と動的特性に関する研究(第4報)ハーンエコー法によるイオウ架橋EPDMの構造解析, 岩蕗 仁,永田員也,野口 徹,山田英介, 日本ゴム協会誌,第78巻,第7号,P255~259, ,   , 2005年07月, ,  
19
有機化クレーのステアリン酸処理効果, 山口知宏,山田英介, 日本接着学会誌,第41巻,第1号,P11~17, ,   , 2005年01月, ,  
20
有機化クレー/熱可塑性エラストマーコンポジットの構造と物性に関する研究(第2報)有機化クレー分散SBSの物性に及ぼすブレンド法の影響, 山口知宏,山田英介, 日本ゴム協会誌,第77巻,第6号,P399~404, ,   , 2004年06月, ,  
21
Influence of Hard Segment in Various Polyurethanes on Physical Properties of Epoxy Resin, Nobuya Sato, Shinji Inagaki, Atushi Shimamura, Eisuke Yamada, J. Adhesion Soc. JPN., Vol.40, No.5, P191~199, ,   , 2004年05月, ,  
22
天然ゴム/エポキシ化天然ゴムブレンド物の相構造と物性, 西 勝志,永田員也,児玉総治,山田英介, 日本ゴム協会誌,第77巻,第1号,P3~8, ,   , 2004年01月, ,  
23
パーオキサイド架橋EPDMの構造と動的特性に関する研究(第3報)分子運動性と網目鎖密度に及ぼすカーボンブラックの影響, 岩蕗 仁,永田員也,野口 徹,山田英介, 日本ゴム協会誌, 第76巻,第12号, P429~435, ,   , 2003年12月, ,  
24
有機化クレー/熱可塑性エラストマーコンポジットの構造と物性に関する研究(第1報)有機化クレー分散SBSの物性に及ぼすブレンド法の影響, 山口知宏,山田英介, 日本ゴム協会誌,第76巻,第11号, P399~404, ,   , 2003年11月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
ポリウレタン改質エポキシ樹脂の構造と物性, 山田英介, ナットワークポリマー第34巻,第4号P.212~220, ,   , 2013年07月,  
2
ポリウレタンを用いたコンポジットの構造と物性, 山田英介, 日本接着学会誌,第48巻,第10号,P.361~370, ,   , 2012年10月,  
3
複合材料の成形 -最近のゴム・エラストマー系コンポジット-, 山田英介, 成形加工,第24巻,第7号, P.369~372, ,   , 2012年07月,  
4
気相成長法炭素繊維とエラストマー類との複合物の粘弾性挙動, 山田英介, ケミカルエンジニアリング,第55巻,第9号, P.42(690)~49, ,   , 2011年09月,  
5
複合材料の成形 -最近のゴム・エラストマー系コンポジット-, 山田英介, 成形加工,第23巻,第7号, P.326~330, ,   , 2011年07月,  
6
フラーレン含有熱可塑性エラストマーの構造と物性, 山田英介, 日本ゴム協会誌,第83巻,第11号, P.367~374, ,   , 2010年11月,  
7
伸長による天然ゴムの不均質化構造の変化, 共著, 日本ゴム協会誌, 80( 3), 83- 85, 2007年,  
8
Preparation and Properties of Clay/SEBS Intercalated Composites, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, e-J. Soft Materials, 2,  1- 6, 2006年,  
9
Preparation and Mechanical Properties of Clay/ Polystyrene-block-polybutadiene-block-polystyrene Triblock Copolymer (SBS) Intercalated Nanocomposites using Organoclay containing Stearic Acid, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, Polymer International, 55( 6), 662- 667, 2006年,  
10
パーオキサイド架橋EPDMの構造と動的特性に関する研究 第5法 貯蔵弾性率と網目鎖濃度および分子運動性の関係, 共著, 日本ゴム協会誌, 79( 12), 551- 556, 2006年,  
11
有機化クレー、カーボンナノチューブ/ゴム・エラストマーのナノコンポジット, 山田英介, 日本接着学会誌,第42巻,第1号,P.34~43, ,   , 2005年01月,  
12
パーオキサイド架橋EPDMの構造と動的粘弾性に関する研究 第4報 ハーンエコー法によるイオウ架橋EPDMの構造解析, 共著, 日本ゴム協会誌, 78( 7), 255- 259, 2005年,  
13
エラストマー系ナノコンポジット, 山田英介, 日本接着学会誌, 第40巻,第3号, P.127~135, ,   , 2004年03月,  
14
熱可塑ポリウレタンによるエポキシ樹脂の改質 : 硬化物物性に対するハードセグメントの効果(共著), , 日本接着学会誌, 36( 9), 362- , 2000年,  
15
PTMG/PPG系ポリウレタンエラストマーの構造と引張物性(共著)-ブレンド物と共重合体の比較-, 山田英介, 稲垣慎二, 日本ゴム協会誌, 72( 2), 82- 88, 1999年,  
16
熱可塑性ポリイミドウレタンエラストマーの構造と物性(共著), 山田英介, 加藤幸弘, 稲垣慎二, 日本ゴム協会誌, 72( 2), 74- 81, 1999年,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
コアシェル微粒子分散PPGを用いたTPUの合成と物性, 早川美智,山田英介, 宮武信雄, 第16回ポリウレタン研究会フォーラム講演要旨集, p27, , 2015年02月,  
2
MDIとNDIを併用したTPUの合成と物性, 堀田明宏, 山田英介, 第16回ポリウレタン研究会フォーラム講演要旨集, p28, , 2015年02月,  
3
ポリウレタンコンポジットにおける複合化のハードセグメントへの影響と物性, 山田英介, 第16回ポリウレタン研究会フォーラム講演要旨集, p20-26, , 2015年02月,  
4
異なる芳香族ジイソシアナートを使用したTPUブレンドの構造と物性, 堀田明宏, 山田英介, 第26回エラストマー討論会講演要旨集, p17-18, , 2014年12月,  
5
CSR微分散PPGを一成分とするポリウレタンの合成と物性, 早川美智,山田英介, 宮武信雄, 第26回エラストマー討論会講演要旨集, p78, , 2014年12月,  
6
アンモニアを触媒に用いたパーフロロゴムの架橋反応, 細井翔馬,山田英介,野口 徹, 第26回エラストマー討論会講演要旨集, p87, , 2014年12月,  
7
アゾ基を有するポリウレタンの合成とMWCNTの表面修飾, 早川美智,山田英介, 日本ゴム協会2014年年次大会研究発表会講演要旨集, p.21, , 2014年05月,  
8
ポーラス金型を用いたパーオキサイド配合ゴムの架橋, 細井翔馬,山田英介,野口 徹, 日本ゴム協会2014年年次大会研究発表会講演要旨集, p.21, , 2014年05月,  
9
熱可塑性ポリウレタンとMWCNT/イオン液体導入ポリウレタンとのブレンド物に対するブレンド法の影響, 仲矢有紀, 山田英介, 日本ゴム協会2014年年次大会研究発表会講演要旨集, p.21, , 2014年05月,  
10
The Adheive Properties of Thermoplastic Polyurethane Elastomers with Various Structures, Ayako Kiyatake, Eisuke Yamada, Shinji Inagaki, The Third Asian Conference on Adhesion(ACA2009). The 47th Symposium on Adhesion , P10(CD), , 2009年06月,  
11
Interface Interaction of Carbon Nanotube Composites Asing End-Functionalezed Styrene , Takahide Kumagai, Wataru Suzuki, Eisuke Yamada, Toru Noguchi, Morinobu Endo, The Third Asian Conference on Adhesion(ACA2009). The 47th Symposium on Adhesion , P4(CD), , 2009年06月,  
12
Dynamic Viscoelastic Behaviors of CNT/Elastomer Composites, Eisuke Yamada, Takahide Kumagai, Toru Noguchi, Hiroki Ueki, Shigeki Inukai, Morinobu Endo, International Conference on Carbon 2008. P302 (CD), , 2008年06月,  
13
Preparation and Properties of Organoclay/SEBS Nanocomposites, Tomohiro Yamaguchi, Eisuke Yamada, Full Text of the International Rubber Conference 2005 YOKOHAMA, P15 (CD), , 2005年01月,  
14
Preparation and Properties of Organoclay/SEBS Nanocomposites, , Full Text of the International Rubber Conference 2005 YOKOHAMA, , 2005年,  
15
層間化合物/PUEコンポジットの調製と物性評価, 犬飼茂樹, 山田英介, 稲垣愼二, 日本ゴム協会 2004年年次大会研究発表会講演要旨集,P5, , 2004年05月,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2011年06月, 日本接着学会, 学会賞,  
2
2005年05月, 日本ゴム協会, 優秀論文賞,  
3
1982年, 日本ゴム協会, 優秀論文賞,  

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
ゴム・エラストマーの高性能化、機能化,  1974年04月01日 - 現在 
2
ポリウレタンエラストマー、樹脂のコンポジット化による高性能化、機能化,  1974年04月01日 - 現在 
3
ポリウレタンによるエポキシ樹脂の強靭化,  1974年04月01日 - 現在 
4
水性ポリウレタンの応用展開,  1974年04月01日 - 現在