愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

岡本 昌也 (オカモト マサヤ,OKAMOTO Masaya)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
大学選手権大会における得点の変化について, 高津浩彰、岡本昌也, 日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラムNo.8,pp.73-778, ,   , 2015年03月, ,  
2
女子ラグビーの現状と今後の課題 -Japan Women's Sevens 2014出場チームへのアンケート結果より-, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義、廣瀬かほる寺田恭子, 日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラムNo.8,pp.65-71, ,   , 2015年03月, ,  
3
レジリエンスの高低から見た高校生の対人ストレスイベントとストレス対処行動, 服部洋兒、服部祐兒、村松常司、石田敦子、廣 美里、廣 紀江、平野嘉彦、藤猪省太、岡本昌也、村松成司, スポーツ整復療法学研究 Vol.15,No.3,pp.159-169, ,   , 2014年03月, ,  
4
東海学生連盟における競技力向上に向けた取り組み, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義, 日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラムNo.5,pp.43-55, ,   , 2012年03月, ,  
5
運動習慣がセルフエスティーム・社会的スキルに及ぼす影響, 服部洋兒、岡本昌也、金子恵一、服部祐兒、村松成司、村松常司、山田雄太, スポーツ整復療法学研究 Vol.13,No.1,pp.1-7, ,   , 2011年11月, ,  
6
デフラグビーに関する基礎調査研究, 寺田泰人、寺田恭子、岡本昌也、高津浩彰、小中一輝、金子香織、, 日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラムNo.3,pp.35-47, ,   , 2010年03月, ,  
7
Relationship between team performance levels and serum SH(sulfhydryl group) changes brought about by intensive athletic training summer camp , YasushiNakagami,HiroakiTakatsu,MasayaOkamoto,Yasuto Terada and Kazuhiro Maruta, Reprinted from Journal of Analytical Bio-Science Vol.32, No.5,pp.427-433, ,   , 2009年12月, ,  
8
個人種目選手とチーム種目選手の心理的競技能力, 岡本昌也、高津浩彰、寺田泰人, 愛知工業大学研究報告Vol.42-A, pp.53-57, ,   , 2007年03月, ,  
9
音楽CD売上減少の要因についての考察, 後藤時政、岡本昌也, 愛知工業大学研究報告Vol.41-B, pp.169-178, ,   , 2006年03月, ,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
大学体育におけるラグビーの効果的な授業展開に関する一考察-コンタクトプレーおよび男女学生共習における指導方法に着目して-, 早坂一成、岡本昌也、寺田泰人, 日本ラグビー学会第9回大会サプリメント(於関西大学), , 2016年03月,  
2
唾液分泌による夏季合宿への不安度測定【第2報】 -各学年における夏季合宿への不安内容の解析-, 中上 寧、 岡本昌也、高田正義、寺田泰人、 高津浩彰、伊藤康宏, 日本ラグビー学会第9回大会サプリメント(於関西大学), , 2016年03月,  
3
愛知県ラグビーフットボール協会における女子ラグビー強化の取り組み -国民体育大会での正式競技としての導入に向けて-, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義、廣瀬かほる寺田恭子, 日本ラグビー学会第8回大会サプリメント(於関西大学), , 2015年03月,  
4
唾液分泌による夏季合宿への不安度測定 -学年によって夏季合宿への不安に差があるのか?-, 中上 寧、 岡本昌也、寺田泰人、 高津浩彰、伊藤康宏, 日本ラグビー学会第8回大会サプリメント(於関西大学), , 2015年03月,  
5
女子ラグビーの軌跡と今後の展望, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義、廣瀬かほる, 日本ラグビー学会第7回大会サプリメント(於関西大学), , 2014年03月,  
6
大学ラグビーの将来を考える-全国大学ラグビー選手権開催方式に着目して-, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義, 日本ラグビー学会第6回大会サプリメント(於関西大学), , 2013年03月,  
7
トップリーグの観客動員の変化について, 高津浩彰、岡本昌也, 日本ラグビー学会第5回大会サプリメント(於関西大学), , 2012年03月,  
8
東海学生ラグビー連盟におけるリーグ再編の効果-N大学のゲームスタッツ分析結果より-, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義, 日本ラグビー学会第5回大会サプリメント(於関西大学), , 2012年03月,  
9
血清SH基にみるラグビー合宿の変遷-ラグビーの夏合宿は根性合宿から計算された機能的合宿へと変貌してきた?-, 中上 寧、 岡本昌也、寺田泰人、 高津浩彰, 日本ラグビー学会第5回大会サプリメント(於関西大学), , 2012年03月,  
10
東海学生ラグビー連盟における競技力向上に向けた取り組み-2年目の検証-, 寺田泰人、岡本昌也、高田正義、中村 司、篠田雅之、村瀬賢治、中本光彦、小澤良太, 日本ラグビー学会第4回大会サプリメント(於関西大学), , 2011年03月,  
11
運動負荷によるキヌレニン代謝が気分に及ぼす影響, 伊藤康宏、中上 寧、米倉麗子、石川浩章、丸田一皓、高津浩彰、岡本昌也、寺田泰人、長村洋一 , 第20回生物試料分析科学会年次学術集会(於北里大学), , 2010年03月,  
12
東海学生ラグビー連盟における競技力向上に向けた取り組み, 岡本昌也、寺田泰人、高田正義、中村 司、篠田雅之、村瀬賢治、中本光彦、小澤良太、青石哲也 , 日本ラグビー学会第3回大会サプリメント(於関西大学), , 2010年03月,  
13
運動負荷による気分変化にキヌレニン代謝が影響を及ぼしているかもしれない, 伊藤康宏、中上 寧、米倉麗子、高津浩彰、 岡本昌也、寺田泰人、丸田一皓, 第14回体力医学会、東海地方会学術集会抄録集(於名古屋大学), , 2010年03月,  
14
デフラグビーに関する基礎調査研究 , 寺田泰人、寺田恭子、岡本昌也、高津浩彰, 日本体育学会第60回大会(於広島大学), , 2009年08月,  
15
夏合宿での運動負荷が血清SH基に及ぼす影響, 中上 寧、高津浩彰、 岡本昌也、寺田泰人、丸田一皓, 日本ラグビー学会第2回大会サプリメント(於関西大学), , 2009年03月,  
16
ワールドカップ大会の得点の変遷, 高津浩彰、岡本昌也, 日本ラグビー学会第1回大会サプリメント(於関西大学), , 2008年03月,  
17
ラグビーにおけるスクラムの実践的測定法について , 青石哲也、菅野昌明、岡本昌也, 日本ラグビー学会第1回大会サプリメント(於関西大学), , 2008年03月,  
18
ラグビーの競技経験者と観戦経験者が考える面白いゲームについて , 高津浩彰、岡本昌也、寺田泰人, 日本体育学会第58回大会(於神戸大学), , 2007年09月,  
19
習熟度別クラス分けによる教育効果の検討, 岡本昌也、中野寛之、水野勝教、雪田和人、後藤時政、一柳勝宏、後藤泰之, 電気学会教育フロンティア研究会(於北海道大学), , 2007年09月,  
20
チームの勝利経験が試合前のコンディションに及ぼす影響, 高津浩彰、岡本昌也、寺田泰人, 日本スポーツ方法学会第17回学会大会研究報告(於武庫川女子大学), , 2006年07月,