愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

伊藤 雅 (イトウ マサル,ITOH Masaru)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
IT化と数理計画法 -正割条件から導く ヘッセ行列の近似公式-, 編者は野村健太郎,山本勝,石井直宏の3人である, 税務経理協会, 「環境激変と経営・会計・情報」, 第3編, 第4章, pp.211-239., 2009年08月, ,  
2
環境激変と経営・会計・情報(共著), , 税務経理協会, 2009年, 9784419052973https://researchmap.jp/read0181099/books_etc/5654035?lang=ja 
3
コンピュータ活用技術(共著), , 朝倉書店, 2002年, , https://researchmap.jp/read0181099/books_etc/5654034?lang=ja 

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
局面タブーリストを内包したモンテカルロ木探索の19路盤囲碁への応用, 共著者:伊藤雅, 太田雄大, 愛知工業大学研究報告, 第51号, 掲載予定., ,   , 2016年03月, ,  
2
短期メモリによるタブーサーチを用いた囲碁アルゴリズム, 共著者:川合諒, 伊藤雅, Proceedings of the 13th Workshop on Informatics (WiNF2015), pp.178-182., ,   , 2015年12月, ,  
3
タブーリストを内包したモンテカルロ木探索の詰碁と9路盤囲碁への応用, 共著者:太田雄大, 伊藤雅, 電気学会論文誌C, Vol.135, No.3, pp.331-339., ,   , 2015年03月, ,  
4
タブーサーチを内包したモンテカルロ木探索に基づく囲碁アルゴリズム(査読付き), 共著者:太田雄大, 伊藤雅, Proceedings of the 18th Game Programming Workshop 2013, pp. 90-93., ,   , 2013年11月, ,  
5
コンピュータ将棋における2段階合議システムの提案, 共著者:吉田航太, 伊藤雅, 愛知工業大学研究報告,第47号,pp. 347-354., ,   , 2012年03月, ,  
6
Phase Synchronization Detection of Financial Market Crises(査読付き), 共著者:Chunxia Yang, Hongfa Wu, Yingchao Zhang, Bingying Xia, and Masaru Itoh, Modern Physics Letters B, Vol. 25, No. 4, pp. 243-254., ,   , 2011年02月, ,  
7
11. On User Arrival Patterns in the Wireless Network (査読付き), 共著者:Chunxia Yang, Hongfa Wu, Masaru Itoh and Tao Zhou, Journal of Computational Information Systems, Vol. 6, No. 14, pp. 4827- 4834., ,   , 2010年12月, ,  
8
A Study on User Activity Patterns in the Wireless Network(査読付き), 共著者:Chunxia Yang, Hongfa Wu, Masaru Itoh and Tao Zhou, Proceedings of 2010 International Colloquium on Computing, Communication, Control, and Management (CCCM2010), Vol.3, pp. 698-701., ,   , 2010年08月, ,  
9
Extracting Periodic Components in Temperature Fluctuation Patterns(査読付き), 共著者:Chunxia Yang, Hongfa Wu, Yingchao Zhang, and Masaru Itoh, Proceedings of the 1st International Conference on Information Science and Engineering (ICISE2009), pp. 4873-4876., ,   , 2009年12月, ,  
10
Empirical Study on Inter-call Time Distribution(査読付き), 共著者:Chunxia Yang, and Masaru Itoh, Proceedings of the 13th IEEE International Symposium on Consumer Electronics (ISCE2009), pp. 52-53., ,   , 2009年05月, ,  
11
QoS制御を考慮したDSRプロトコル拡張の一考察, , 愛知工業大学研究報告,第44号,pp. 163-170., ,   , 2009年03月, ,  
12
インターネット接続を考慮したモバイルアドホックネットワーク, , 愛知工業大学研究報告,第41号B,pp.179-184., ,   , 2006年03月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
第7回UEC杯コンピュータ囲碁大会, 開発者:太田雄大,伊藤雅, 電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション主催,コンピュータ囲碁フォーラム協力,公益財団法人日本棋院および一般社団法人人工知能学会後援, ,   , 2014年03月,  
2
平成21年度秋季研究 大会報告-工場見学会・特 別事例発表・関西支部企画 特別セッションなどで盛況-, , 日本経営工学会,経営システム誌,Vol.19, No.6,pp. 269-270., ,   , 2010年02月,  
3
平成21年度秋季研究大会報告-工場見学会・特別事例発表・関西支部企画特別セッションなどで盛況-, 伊藤雅, 日本経営工学会,経営システム誌, 19( 6), 269- 270, 2010年,  
4
Empirical study on inter-call time distribution(共著), Chunxia Yang, Masaru Itoh, Proceedings of the 13th IEEE International Symposium on Consumer Electronics (ISCE2009), ,  52- 53, 2009年,  
5
QoS制御を考慮したDSRプロトコル拡張の一考察, 伊藤雅, 愛知工業大学研究報告, 44,  163- 170, 2009年,  
6
Extracting periodic components in temperature fluctuation patterns, Chunxia Yang, Hongfa Wu, Yingchao Zhang, Masaru Itoh, 2009 1st International Conference on Information Science and Engineering, ICISE 2009, ,  4873- 4876, 2009年,  
7
QoS制御を考慮したDSRプロトコル拡張の一考察, 伊藤 雅, 愛知工業大学研究報告, 44( 44), 163- 170, 2009年,  
8
A Study on Extensions of DSR Protocol Considering QoS Controls, Masaru ITOH, Bulletin of Aichi Institute of Technology, 44,  163- 170, 2009年,  
9
Mobile Ad Hoc Networks Considering The Internet Connectability, , Bulletin of Aichi Institute of Technology, ( 41-B), 179- 184, 2006年,  
10
インターネット接続を考慮したモバイルアドホックネットワーク, , 愛知工業大学研究報告, ( 41-B), 179- 184, 2006年,  
11
コンテンツと端末を介した産学連携教育支援の展開(共著), , 情報処理学会論文誌, 46( 5), 1188- 1196, 2005年,  
12
A Design and Construction for Calorie Calculating Database Integrated with Web Technologies, , Bulletin of Aichi Institute of Technology, ( 40-B), 223- 228, 2005年,  
13
Developments for Industry-University Collaborative Educational Supports by Means of Software Contents and Hardware Terminals(共著), , Journal of Information Processing Society of Japan, 46( 5), 1188- 1196, 2005年,  
14
Web技術を統合したカロリー計算データベースの設計と構築, , 愛知工業大学研究報告, ( 40-B), 223- 228, 2005年,  
15
単旋律におけるギター運指の最適化(共著), 伊藤 雅, 林田 巧, 電気学会論文誌C, 124( 7), 1396- 1403, 2004年,  
16
Optimization for Guitar Fingering on Single Notes, Masaru Itoh, Takumi Hayashida, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 124( 7), 1396- 1403, 2004年,  
17
Traffic Route Selection by Using a Tabu Search Heuristic, Masaru Itoh, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 123( 2), 393- 394, 2003年,  
18
タブーサーチによる交通経路選択, 伊藤 雅, 電気学会論文誌C, 123( 2), 393- 394, 2003年,  
19
An Artificial Life Approach to Multi Vehicle Routing Problem, , Bulletin of Aichi Institute of Technology, ( 37-B), 199- 206, 2002年,  
20
人工生命的アプローチによる集配送計画問題の解法, , 愛知工業大学研究報告, ( 37-B), 199- 206, 2002年,  
21
辞書配列利用による非モード方式のシフトJIS文書圧縮, 伊藤 雅, 佐藤 泰司, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 120C( 1), 14- 19, 2000年,  
22
辞書配列利用による非モード方式のシフトJIS文書圧縮(共著), 伊藤 雅, 佐藤 泰司, 電気学会論文誌C, 120C( 1), 14- 19, 2000年,  
23
A Non-Modal Type of Shift-JIS Text Compression by Using A Dictionary Array(共著), , The Transactions of The Institute of Electrical Engineers of Japan, 120C( 1), 14- 19, 2000年,  
24
辞書配例を利用した非モード方式によるシフトJIS文書圧縮, , 愛知工業大学研究報告, ( 34-B), 49- 54, 1999年,  
25
A Non-Modal Type of Shift-JIS Text Compression by Using A Dictionary Array, , Bulletin of Aichi Institute of Technology, ( 34-B), 49- 54, 1999年,  
26
辞書配列を利用した非モード方式によるシフトJIS文書圧縮, 伊藤 雅, 愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集, 34( 34-B), 49- 54, 1999年,  
27
動的ハフマン符号を同期させた動的辞書法による1パスデータ圧縮, 伊藤 雅, 愛知工業大学研究報告. B, 専門関係論文集, 33( 33-B), 69- 74, 1998年,  
28
A One-Pass Data Compression by Dynamic Dictionary Method Synchronized with Dynamic Huffman Codes, , Bulletin of Aichi Institute of Technology, ( 33-B), 69- 74, 1998年,  
29
動的ハフマン符号を同期させた動的辞書法による1パスデータ圧縮, , 愛知工業大学研究報告, ( 33-B), 69- 74, 1998年,  
30
Japanese-Text Compression in Shift-JIS Codes(共著), , The Transactions of The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A, J80-A( 9), 1579- 1583, 1997年,  
31
Stock Price Prediction Using Neural Networks Combined with Anciect Japanese Candlestick Methods(共著), , Proceedings of the Advances in Industrial Engineering Applications and PracticeⅡ, 1099-1104,   , 1997年,  
32
シストJISコード体系における日本語文書圧縮(共著), , 電子情報通信学会論文誌A, J80-A( 9), 1579- 1583, 1997年,  
33
凸2次計画問題に対する容量法の高速化(共著), 佐藤 泰司, 沖田 豪, 伊藤 雅, 計測自動制御学会論文集, 32( 4), 587- 595, 1996年,  
34
リンナイの商品化プロセス, , 日本インダストリアル・エンジニアリング協会IEレビュー, 37( 5), 66- 74, 1996年,  
35
凸2次計画問題に対する容量法の高速化, 佐藤 泰司, 沖田 豪, 伊藤 雅, 計測自動制御学会論文集, 32( 4), 587- 595, 1996年,  
36
優先順位付き割当問題のための大規模数値求解に関する考察(共著), 錦織 昭峰, 渡辺 展男, 一森 哲男, 青木 兼一, 金指 正和, 伊藤 雅, 日本応用数理学会論文誌, 6( 4), 329- 351, 1996年,  
37
Commercialization Process of Rinnai Co., , IE Review of the Japan Institute of Industrial Engineering, 37( 5), 66- 74, 1996年,  
38
Considerations on Large-Scale Numerical Calculations for Solving Assignment Problems with Priority Order(共著), , Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics, 6( 4), 329- 351, 1996年,  
39
Fast Capacity Method for Solving Convex Quadratic Programming Problem(共著), , Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, 32( 4), 587- 595, 1996年,  
40
A Method for Multi-Vehicle Routing Problem by Using Genetic Algorithms(共著), , Journal of Japan Industrial Management Association, 45( 3), 197- 205, 1994年,  
41
遺伝的アルゴリズムによる収集計画問題の解法(共著), , 日本経営工学会誌, 45( 3), 197- 205, 1994年,  
42
Emission Constrained Dynamic Economic Load Dispatch by Using Continuation Method(共著), , Proceedings of The Third International Symposium on Electricity Distribution and Energy Management, 619-624,   , 1993年,  
43
ニューラル・ネットワークによる発電スケジューリング問題の解法(共著), , 日本経営工学会誌, 43( 1), 30- 38, 1992年,  
44
Power Generation Scheduling by Neural Network(共著), , International Journal of Systems Science, 23( 11), 1977- 1989, 1992年,  
45
A Method for Power Generation Scheduling Problem by Using Neural Network(共著), , Journal of Japan Industrial Management Association, 43( 1), 30- 38, 1992年,  
46
An Application of Neural Network Algorithm to Generation Scheduling Problem(共著), , The Bulletin of Hiroshima Prefectural University, 2( 2), 109- 123, 1991年,  
47
ニューラル・ネットワーク・アルゴリズムの発電スケジューリング問題への応用(共著), , 広島県立大学紀要, 2( 2), 109- 123, 1991年,  
48
Lagrangian Relaxation Method for Long-Term Unit Commitment(共著), , IFAC Symposia Series on Power Systems and Power Plant Control 1989, 8,  123- 128, 1990年,  
49
An Application of Error Back-Propagation Algorithm to Non-linear Multivariate Analysis(共著), , The Bulletin of Hiroshima Prefectural University, 1( 1), 95- 109, 1990年,  
50
Totally Automated Switching Operation in Distribution System(共著), , IEEE Transactions on Power Delivery, 5( 1), 514- 520, 1990年,  
51
誤差逆伝播学習法の非線形多変量解析への応用(共著), , 広島県立大学紀要, 1( 1), 95- 109, 1990年,  
52
Outage state optimal load allocation in distribution systems under voltage drop constraints, Kenichi Aoki, Taiji Satoh, Masaru Itoh, Heijiro Kuwabara, Masakazu Kanezashi, Electrical Engineering in Japan, 109( 5), 10- 18, 1989年,  
53
Optimal Long-Term Unit Commitment in Large Scale Systems Including Fuel Constrained Thermal and Pumped-Storage Hydro(共著), , IEEE Transactions on Power Systems, 4( 3), 1065- 1073, 1989年,  
54
A New Algorithm for Service Restoration in Distribution Systems(共著), , IEEE Transactions on Power Delivery, 4( 3), 1832- 1839, 1989年,  
55
電圧降下制約を考慮した配電系統の事故時負荷切換方法(共著), 青木 兼一, 佐藤 泰司, 伊藤 雅, 桑原 兵二郎, 金指 正和, 電気学会論文誌B, 108( 7), 329- 335, 1988年,  
56
Outage State Optimal Load Allocation in Distribution Systems under Voltage Drop Constraints, Kertichi Aoki, Taiji Satoh, Masaru Itoh, Heijiro Kuwabara, Masakazu Kanezashi, IEEJ Transactions on Power and Energy, 108( 7), 329- 335, 1988年,  
57
Voltage Drop Constrained Restoration of Supply by Switch Operation in Distribution Systems(共著), , IEEE Transactions on Power Delivery, 3( 3), 1267- 1274, 1988年,  
58
Optimal Restoration Algorithm for Fault State Large Scale Distribution System(共著), , Proceedings of International Symposium on Electricity Distribution&Energy Management, 59-64,   , 1988年,  
59
UNIT COMMITMENT IN A LARGE-SCALE POWER-SYSTEM INCLUDING FUEL CONSTRAINED THERMAL AND PUMPED-STORAGE HYDRO, K AOKI, T SATOH, M ITOH, T ICHIMORI, K MASEGI, IEEE TRANSACTIONS ON POWER SYSTEMS, 2( 4), 1077- 1084, 1987年11月,  
60
Power System Unit Commitment problem Using Lagrangian Relaxation and Nondifferentiable Optimization Method(共著), , Proccedings of International Conference on Optimization Techniques and Applications, 335-344,   , 1987年,  
61
An Efficient Method for Large Scale Nonlinear Mixed Integer Type Optimal Power System Scheduling(共著), , Proceedings of the IXth International Conference on Production Research, 1148-1154,   , 1987年,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
プレイアウト履歴を使用する囲碁アルゴリズムの提案, 川合諒, 伊藤雅, 平成28年電気学会全国大会講演論文集 第3分冊, No.3-082, pp.127-128, , 2016年03月,  
2
局面タブーリストを内包したモンテカルロ木探索手法, 太田雄大, 伊藤雅, 情報処理学会 第77回全国大会講演論文集 第2分冊No.3P-07, pp. 95-96., , 2015年03月,  
3
短期メモリによるタブーサーチを用いた囲碁アルゴリズムの構築, 川合諒, 伊藤雅, 日本経営工学会中部支部研究発表会講演論文集, pp.19-20.備考:川合諒 平成26年度日本経営工学会中部支部研究発表会研究奨励賞 受賞, , 2015年02月,  
4
タブーサーチを内包したMCTSに基づく詰碁アルゴリズム, 太田雄大, 伊藤雅, 平成25年度電気関係学会東海支部連合大会, M3-6備考:太田雄大 平成25年度電気関係学会東海支部連合大会 連合大会奨励賞 受賞, , 2013年09月,  
5
コンピュータ囲碁におけるプレイアウトの削減及びパターンの木構造化, 太田雄大, 加藤友規, 伊藤雅, 日本経営工学会中部支部研究発表会講演論文集, pp.9-10., , 2013年02月,  
6
コンピュータ将棋における2段階合議システムの構成法, 吉田航太, 伊藤雅, FIT2011 第10回情報科学技術フォーラム 講演論文集 第2分冊, No.F-043, pp.515-516., , 2011年09月,  
7
コンピュータ将棋を対象とした2段階合議システムの提案, 吉田航太, 伊藤雅, 平成23年電気学会全国大会講演論文集 第3分冊, No.3-040, pp.54-55., , 2011年03月,  
8
配信経路とサーバ切り替えによるVODバッファリング時間短縮方式, 森口高樹, 伊藤雅, 情報処理学会 第72回全国大会講演論文集 第3分冊 No.4ZD-8, pp.541-542., , 2010年03月,  
9
TD法の評価要素の比較と検討-コンピュータ将棋を対象として-, 吉田航太, 伊藤雅, 日本経営工学会中部支部研究発表会講演論文集, pp.13-14., , 2010年02月,  
10
フーリエ・スペクトルとクラスタ分類を応用した需要予測, 伊藤雅, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, No.E07, pp.198-199., , 2007年10月,  
11
フーリエ展開の周波数スペクトルを応用したネジの需要予測, 菱田童之, 杉山鷹飛, 伊藤雅, 日本経営工学会中部支部研究発表会予稿集, pp.5-8., , 2007年03月,  
12
QoS制御を考慮したDSRプロトコルの拡張, 伊藤雅, 朝居宏明, FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム 一般講演論文集 第4分冊 No.L-074, pp.179-180., , 2006年09月,  
13
特定語句による単語抽出法のWebデータマイニングへの応用, 加藤修平, 中野拓哉, 伊藤雅, 日本経営工学会中部支部研究発表会予稿集, pp.15-16., , 2006年02月,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
モダンヒューリスティックスとプレイアウトに基づく囲碁アルゴリズムの構築, 学術振興会, ,  2016年 - 2018年,  
2
タブーサーチを内包したモンテカルロ木探索に基づく囲碁アルゴリズムの研究, 学術振興会, ,  2013年 - 2015年,  
3
アドホックモバイルエージェントの最適リソース割当に関する研究, 市原国際奨学財団, ,  2005年 - 現在,  
4
アドホックネットワークにおけるルーティングプロトコルに関する研究, , ,  2004年 - 現在,  
5
A Study on Routing Protocol in Ad Hoc Network, , ,  2004年 - 現在,  
6
運搬経路問題に関する研究, , ,  1994年 - 現在,  
7
A study on Vehicle Routing Problem, , ,  1994年 - 現在,  

 

Works
No.作品名, 発表者, 作品分類, 発表年月 
1
Joint Research on Shift-JIS Text Compression, , ,  1995年 - 2000年 
2
シフトJIS文書圧縮に関する共同研究, , ,  1995年 - 2000年 

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
大規模かつスパース性をもつ計画問題に対する近似解法の構築とその検証,  1993年04月01日 - 現在