愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

倉橋 奨 (クラハシ ススム,KURAHASHI Susumu)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
大学的愛知ガイド-こだわりの歩き方, 愛知県立大学歴史文化の会編、著者多数, 昭和堂, 2014年03月01日, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Tsunami-Generation Warning System Using Earthquake Early Warning, Susumu Kurahashi and Norimitsu Koike, International Journal of GEOMATE, Vol.9, No.2(Sl. No.18), pp. 1472-1476, ,   , 2015年12月01日, ,  
2
An Evaluation Model of Medical Transport with Tsunami Early Warning System, Norimitsu Koike and Susumu Kurahashi, International Journal of GEOMATE, Vol.9, No.2(Sl. No.18), pp.1447-1453, ,   , 2015年12月01日, ,  
3
Nonlinear Response Potential of Real versus Simulated Ground Motions for the 11 March 2011 Tohoku-oki Earthquake, Katsuichiro Goda, Susumu Kurahashi, Hadi Ghofrani, Gail M. Atkinson, and Kojiro Irikura, Earthquake Spectra, Vol.31, No.3, pp.1711-1734, ,   , 2015年08月01日, ,  
4
津波防災に関わる集団移転促進への土地利用の重心計算の適用, 山本義幸、安田将康、倉橋奨、中村栄治, 応用測量論文集, Vol.26, pp.45-53, ,   , 2015年06月01日, ,  
5
Short-Period Source Model of the 2011 Mw 9.0 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.103, No.2B, pp.1373-1393, ,   , 2013年05月01日, ,  
6
Relationship Between Building Damage Ratios and Ground Motion Characteristics during the 2011 Tohoku Earthquake, Hao Wu, Kazuaki Masaki, Kojiro Irikura, Koichiro Saguchi, Susumu Kurahashi, and Xin Wang, Journal of Natural Disaster Science, Vol.34, pp.59-78, ,   , 2012年11月01日, ,  
7
矩形貯槽におけるスロッシング挙動とその抑制方法に対する検討, 則竹一輝、鈴木森晶、奥村哲夫、佐口浩一郎、倉橋奨, 土木学会論文集A2(応用力学), Vol. 68, No. 2, (応用力学論文集Vol.15), pp. I_785-I_794, ,   , 2012年03月01日, ,  
8
Source Model for Generating Strong Ground Motions During the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, Earth Planets Space, Vol.63, pp.571-576, ,   , 2011年09月01日, ,  
9
Characterized Source Model for Simulating Strong Ground Motions during the 2008 Wenchuan Earthquake, Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.100, No.5B, pp.2450-2475, ,   , 2010年11月01日, ,  
10
Source Model of the 2007 Noto-Hanto Earthquake (Mw6.7) for Estimating Broad-band Strong Ground Motion, Susumu Kurahashi, Kazuaki Masaki and Kojiro Irikura, Earth Planets Space, Vol.60, pp.89-94, ,   , 2008年02月01日, ,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
2014年中国雲南省昭通地震(M6.5)における建物被害と強震動特性の関係-その2:大加速度の生成メカニズム-, 倉橋奨, 入倉孝次郎,王欣,司宏俊,馬強,呉浩, 日本地球惑星科学連合2015年大会, , 2015年,  
2
2014 年中国雲南省昭通地震(M6.5)における建物被害と強震動特性の関係その 2:龍頭山観測 点における大加速度の生成メカニズム, 倉橋奨, 入倉孝次郎,王欣,司宏俊,馬強,呉浩, 日本地震学会2015年度秋季大会, , 2015年,  
3
P波震動波形からS波最大動の波形を即時予測する方法, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 平成26年度土木学会全国大会, , 2014年,  
4
広帯域の強震動波形を用いた岩手・宮城内陸地震の強震動生成域の構築, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2014年大会, , 2014年,  
5
2011 年東北地方太平洋沖地震における強震動生成域からの長周期地震動, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 第14回日本地震工学シンポジウム, , 2014年,  
6
2008 年岩手宮城内陸地震の強震動生成域から生成される長周期地震動, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地震学会2013年度秋季大会, , 2013年,  
7
緊急地震速報における上下動加速度記録を利用した主要動波形の即時予測手法の提案, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2013年大会, , 2013年,  
8
2011年東北地方太平洋沖地震における強震動生成域からの長周期地震動(2-20s)の生成, 倉橋奨, 宮腰研, 入倉孝次郎, 物理探査学会第128回(平成25年春季)学術講演会, , 2013年,  
9
High Acceleration Motions Generated from the 2011 Pacific Coast Off Tohoku, Japan Earthquake, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, The 15 World Conference on Earthquake Engineering, Sep. 24-28, 2012, Lisbon, Portugal, , 2012年09月01日,  
10
Development of Emergent Alarm System Using the Earthquake Early Warning by Japan Meteorological Agency, Kazuaki Masaki, Susumu Kurahashi and Toshimitsu Ochiai, The 15 World Conference on Earthquake Engineering, Sep. 24-28, 2012, Lisbon, Portugal, , 2012年09月01日,  
11
Detailed Scale Ground Motion Maps with Guaranteed Accuracies and Web-GIS Application for the Local Communities, Michiyo Sugai, Haruna,Yamada, Sayaka Tomida, Katsuro Ogawa, Yuichiro Nishimura and Susumu Kurahashi, The 15 World Conference on Earthquake Engineering, Sep. 24-28, 2012, Lisbon, Portugal, , 2012年09月01日,  
12
Estimation of Extended Source Area from Vertical PGA Saturation During a Great Earthquake for Upgrading the EEW System, Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, The 15 World Conference on Earth-quake Engi-neering, Sep. 24-28, 2012, Lisbon, Por-tugal, , 2012年09月01日,  
13
断層破壊域の広がりを考慮した緊急地震速報の高度化, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2012年大会, , 2012年,  
14
断層破壊の広がりを考慮した緊急地震速報の高度化, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地震学会2012年秋季大会講演予稿集, , 2012年,  
15
2008 年Wenchuan 地震における震源モデルの改良, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2011年大会, , 2011年,  
16
震源域の広がりを考慮した緊急地震速報の高度化, 倉橋奨, 正木和明,入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2011年大会, , 2011年,  
17
東北地方太平洋沖地震における震源モデルの検討, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地震学会2011年秋季大会講演予稿集, , 2011年,  
18
震源近傍域における最大加速度の飽和域を用いた巨大地震の震度の即時評価 ‐巨大地震に対応した緊急地震速報に構築に向けて, 倉橋奨, 正木和明,入倉孝次郎, 第13回日本地震工学シンポジウム, , 2010年,  
19
2008年Wenchuan地震における強震動シミュレーションのための震源モデルの構築, 倉橋奨, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2010年大会, , 2010年,  
20
巨大地震に対応した緊急地震速報の高度化に向けて, 倉橋奨,入倉孝次郎,正木和明, 日本地震学会2009年秋季大会, , 2009年,  
21
近地強震記録を用いた2009年駿河湾を震源とする地震の震源モデルの構築と強震動シミュレーション, 倉橋奨,入倉孝次郎,宮腰研, 日本地震工学会大会-2009概要集, , 2009年,  
22
2009年駿河湾を震源とする地震の震源モデルの構築と波形シミュレーション, 倉橋奨,入倉孝次郎,宮腰研,正木和明, 日本地震学会2009年秋季大会, , 2009年,  
23
中国四川地震における特性化震源モデルの構築, 倉橋奨,入倉孝次郎,正木和明, 土木学会第64回年次学術講演会, , 2009年,  
24
Phase-Dependent Site Effects Empirically Estimated, Susumu Kurahashi, Kazuaki Masaki and Kojiro Irikura, The 14 World Conference on Earthquake Engineering, Oct. 12-17, 2008, Beijing, China, , 2008年10月01日,  
25
Development of Alarm Network Using Earthquake Early Warning, Kazuaki Masaki, Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, The 14 World Conference on Earthquake Engineering, Oct. 12-17, 2008, Beijing, China, , 2008年10月01日,  
26
Validity of Strong Motion Prediction Recipe for Inland-Crust Earthquakes, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, The 14 World Conference on Earth-quake Engi-neering, Oct. 12-17, 2008, Beijing, China, , 2008年10月01日,  
27
2008年岩手・宮城内陸地震の震源モデルの構築と波形シミュレーション, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 日本地震工学会大会-2008年概要集, , 2008年,  
28
2008年岩手・宮城内陸地震の震源モデルの構築と波形シミュレーション, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 日本地震学会2008年秋季大会, , 2008年,  
29
経験的グリーン関数法を用いた2007年新潟県中越沖地震の震源モデルの構築(南東傾斜モデル), 倉橋奨, 正木和明, 宮腰研, 入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2008年大会, , 2008年,  
30
経験的グリーン関数法を用いた2007年新潟県中越沖地震の震源モデル, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 日本地震学会2007年秋季大会, , 2007年,  
31
振幅と位相を考慮した経験的サイト特性の評価, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 日本地震学会2007年秋季大会, , 2007年,  
32
時間領域における非定常サイト特性の評価, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 土木学会第62回年次学術講演会, , 2007年,  
33
穴水町における微動および余震記録の比較, 倉橋奨,正木和明,入倉孝次郎, 日本地球惑星科学連合2007年大会, , 2007年,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
動力学的震源モデル及び海底地形を考慮した海溝型地震の強震動予測と建物被害想定, 学術振興会, ,  2016年 - 2018年, 川辺秀憲 
2
南海トラフ巨大地震にも適用可能な緊急地震速報の高精度化, 学術振興会, ,  2013年 - 2015年,  
3
クリアランスタイムのある災害における要援護者搬送計画策定手法の開発, 学術振興会, ,  2012年 - 2014年, 小池則満