愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

河辺 義信 (カワベ ヨシノブ,KAWABE Yoshinobu)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
数理的技法による情報セキュリティ, 萩谷昌己・塚田恭章共編, 共立出版, 2010年04月, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
電子投票プロトコルに対する無証拠性の定理証明, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 情報処理学会論文誌,Vol. 52, No. 9, 2011., ,   , 2011年08月, ,  
2
Role interchange for anonymity and privacy of voting, K. Mano, Y. Kawabe, H. Sakurada and Y. Tsukada, Journal of Logic and Computation, Vol. 20, No. 6, 2010., ,   , 2010年12月, ,  
3
Anonymity, privacy, onymity, and identity: a modal logic approach, Y. Tsukada, K. Mano, H. Sakurada and Y. Kawabe, Transactions on Data Privacy, Vol. 3, No. 3, 2010., ,   , 2010年12月, ,  
4
Probabilistic anomymity via coalgebraic simulations, I. Hasui, Y. Kawabe and H. Sakurada, Theoretical Computer Science, Vol. 411, No. 22-24, 2010., ,   , 2010年05月, ,  
5
On backward-style anonymity verification(筆頭論文), Y. Kawabe, K. Mano, H. Sakurada and Y. Tsukada, IEICE Trans.Vol.E91-A,No.9, 2008.電子情報通信学会., ,   , 2008年09月, ,  
6
An adversary model for simulation-based anonymity proof(筆頭論文), Y. Kawabe and H. Sakurada, IEICE Trans.Vol.E91-A, No.4, 2008.電子情報通信学会., ,   , 2008年04月, ,  
7
ゲーム列による安全性証明の形式化と自動化, 真野健,櫻田英樹,河辺義信,塚田恭章, 応用数理Vol.17, No.4,2007.日本応用数理学会., ,   , 2007年12月, ,  
8
匿名性とプライバシ保護の数理的技法, 塚田恭章,櫻田英樹,河辺義信,真野健, NTT技術ジャーナルVol.19, No.6,2007.電気通信協会., ,   , 2007年06月, ,  
9
Probabilistic anonymity via coalgebraic simulations, I. Hasuo and Y. Kawabe, Lecture Notes in Computer Science, vol.4421. Springer., ,   , 2007年03月, ,  
10
Theorem-proving anonymity of infinite state systems(筆頭論文), Y. Kawabe, K. Mano, H. Sakurada and Y. Tsukada, Information Processing Letters, Vol.101, No.1. Elsevier., ,   , 2007年01月, ,  
11
Name-passing style GUI programming in the π-calculus-based network language Nepi, A. Mizuno, K. Mano, Y. Kawabe, H. Kuwabara, S. Yuen and K. Agusa, Electronic Notes in Theoretical Computer Science, Vol.139. Elsevier., ,   , 2005年11月, ,  
12
Verifying trace equivalence of a shared-memory-style communication system(筆頭論文), Y. Kawabe and K. Mano, IEICE Trans.Vol.E88-A, No.4.電子情報通信学会., ,   , 2005年04月, ,  
13
Name creation implements restriction in the π-calculus(筆頭論文), Y. Kawabe, K. Mano, E. Horita and K. Kogure, Systems and Computers in JapanVol.36,No.2. Wiley., ,   , 2005年02月, ,  
14
Name-Passing Style GUI Programming in aπ-Calculus-Based Network Language Nepi, A. Mizuno, K. Mano, Y. Kawabe, H. Kuwabara, S. Yuen and K. Agusa, Technical Report, No. 2004/28, University of Leicester, 2004., ,   , 2004年07月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
会議レポート ETAPS 2006(筆頭論文), , 情報処理学会誌Vol.47, No.6., ,   , 2006年06月,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
匿名性・プライバシの定式化とシミュレーション技法による証明法, , 2015年 電子情報通信学会ソサイエティ大会(於 東北大学)., , 2015年09月,  
2
数学入試問題に対する定理自動証明の適用の試み, 磯部輝,伊藤暢浩,河辺義信, 電子情報通信学会 第28回 回路とシステムワークショップ゚(於 兵庫県 淡路夢舞台国際会議場)., , 2015年08月,  
3
Developing Compiler for Nihongo Programming Language PEN, Y. Kato, M. Ozaki, J. Kani, N. Ito and Y. Kawabe, Proc. of IIAI CSI 2015., , 2015年07月,  
4
Agent Breakdown in SCRAM, S. Jaishy, N. Ito and Y. Kawabe, Proc. of IIAI CSI 2015., , 2015年07月,  
5
Verifying Ignition Timing of Gasoline Direct Injection Engine's PCM, M. Yamauchi, N. Ito and Y. Kawabe, Proc. of IEEE ICIS 2015.IEEE CS Press., , 2015年06月,  
6
Robust Location Tracking Method for Mixed Reality Robots using a Rotation Search Method, M. Yamamoto, K. Suzuki, R. Ogawa, N. Ito and Y. Kawabe, Proc. of IEEE ICIS 2015.IEEE CS Press., , 2015年06月,  
7
センサーと無線モジュールを使ったテータ取得とデータ解析によるコースレイアウトの導出, 菅谷晃宏,岡島侑大,河辺義信, 人工知能学会「社会における AI」研究会 第20回研究会(RoboCupシミュレーションリーグ秋キャンプ及び第2回ミニ四駆AI競技大会)(於 愛知工業大学 自由ヶ丘キャンパス), , 2014年11月,  
8
IOAに基づく実行可能仕様のための変換系の試作, 吉政徳晃,河辺義信, 第12回 情報学ワークショップ WiNF 2014(於 静岡大学), , 2014年11月,  
9
IOA仕様から関数型言語Erlangへの自動変換, 吉政徳晃,河辺義信, 日本知能情報ファジィ学会 第37回東海ファジィ研究会(蒲研2014), , 2014年08月,  
10
Toward Formal Verification of ECU for Gasoline Direct Injection Engines, M. Yamauchi, N. Ito and Y. Kawabe, Proc. Of 2014 IIAI 3rd International Conference on AdvancedApplied Informatics (CSI 2014), , 2014年08月,  
11
A Development Framework for Humanoid Robots Simulation Systems , Y. Kozuka, N. Ito, K. Iwata, T. Mori and Y. Kawabe, Proc. of First IIAI International Conference on Advanced Information Technologies (IIAI-AIT 2013), , 2013年12月,  
12
関数型言語を用いたIOA仕様の実装について, 吉政徳晃,河辺義信, 電子情報通信学会 第26回 回路とシステムワークショップ(於 兵庫県 淡路夢舞台国際会議場), , 2013年08月,  
13
An Implementation of IOA with A Functional Programming Language, N. Yoshimasa and Y. Kawabe, Proc. of ITC-CSCC 2013., , 2013年07月,  
14
SAT-Solving Trace Equivalence of I/O-Automata with Alloy Analyzer: A Case Study, N. Yoshimasa, J. Sakoh and Y. Kawabe, Proc. of ITC-CSCC 2013., , 2013年07月,  
15
On Embedded Programming Education with A Tiny Lisp, M. Ohsawa, N. Yoshimasa and Y. Kawabe, 12th IEEE International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2013), , 2013年06月,  
16
Automated Proof for Equivalence of Telephone Systems, J. Sakoh, N. Yoshimasa and Y. Kawabe, 12th IEEE International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2013), , 2013年06月,  
17
KED-SH101を用いた組み込みプログラミングのためのLisp言語, 大澤愛美,河辺義信, 第10回 情報学ワークショップ WiNF 2012(於 豊橋技術科学大学), , 2012年12月,  
18
Larch Prover による論理パズルの解法, , 電子情報通信学会 2012年 ソサイエティ大会(於 富山大学)., , 2012年09月,  
19
Formal verification of a telephone system with a concierge server(筆頭論文), Y. Kawabe, K. Kurono and A. Maeda, Proc. of ITC-CSCC 2012., , 2012年08月,  
20
Formalizing and verifying anonymity of Crowds-based communication protocols with IOA, , Proc. of IHTIAP 2012., , 2012年07月,  
21
コンシェルジュサーバを持つ電話システムの形式的検証, , 電子情報通信学会 2012年3月 MSS研究会(於 JAIST東京サテライト), , 2012年03月,  
22
多重ループバックを持つCrowdsプロトコルに対する匿名性の形式検証, , 電子情報通信学会 2012年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(於 金沢エクセルホテル東急)., , 2012年02月,  
23
Crowds型通信システムに対する形式検証について, , 第9回 情報学ワークショップ WiNF 2011(於 豊橋技術科学大学), , 2011年11月,  
24
電子投票プロトコルに対する無証拠性の定理証明, , 情報処理学会 第13回 コンピュータセキュリティシンポジウム(於 岡山コンベンションセンター)., , 2010年10月,  
25
Erlang言語によるIOAの実行系について, , 2010年 電気関係学会東海地区連合大会(於 中部大学)., , 2010年08月,  
26
並行計算モデルによる組込みシステムの仕様記述, , 電子情報通信学会 第20回 軽井沢ワークショップ(於 長野県 軽井沢プリンスホテル)., , 2010年04月,  
27
On formal modeling of TOPPERS embedded software(筆頭論文), Y. Kawabe, N. Ito and N. Ishii, Proc. of SERA 2010.IEEE CS Press., , 2010年01月,  
28
Implementing I/O-automaton specifications on Erlang(筆頭論文), Y. Kawabe and Jun Zhao, Proc. ofSCIS & ISIS2010., , 2010年01月,  
29
無証拠的プロトコルのフォーマルな記述について, , 2009年 電気関係学会東海地区連合大会(於 愛知工業大学)., , 2009年09月,  
30
Anonymity, privacy, onymity and identity: a modal logic approach, Y. Tsukada, K. Mano, H. Sakurada and Y. Kawabe, Proc. of PASSAT-09. IEEE CS Press., , 2009年07月,  
31
I/O-オートマトンによる無証拠性の形式化について, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 電子情報通信学会 2009年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(於 滋賀県 大津プリンスホテル)., , 2009年01月,  
32
匿名性・プライバシ・顕名性・アイデンティティへの知識論理的アプローチ, 塚田恭章,真野健,櫻田英樹,河辺義信, 情報処理学会 第11回 コンピュータセキュリティシンポジウム(於 沖縄コンベンションセンター)., , 2008年10月,  
33
能動的な攻撃者が存在するシステムに対する匿名性の検証について, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 電子情報通信学会 2008年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(於 宮崎県 シーガイア)., , 2008年01月,  
34
A formal approachto designing anonymoussoftware(筆頭論文), Y. Kawabe and H. Sakurada, Proc. of SERA 2007.IEEE CS Press., , 2007年08月,  
35
攻撃者を考慮した匿名性検証法, 河辺義信,櫻田英樹, 電子情報通信学会 第20回 軽井沢ワークショップ(於 長野県 軽井沢プリンスホテル)., , 2007年04月,  
36
On Simulations for Anonymity, , 国立情報学研究所 第3回形式手法ミーティング(於 国立情報学研究所)., , 2007年02月,  
37
ゲーム列による安全性証明の形式化と自動化, 真野健,櫻田英樹,河辺義信,塚田恭章, 日本応用数理学会「数理的技法による情報セキュリティ」研究部会第2回研究集会(於 東京大学)., , 2006年12月,  
38
Theorem-Proving Privacy and Anonymity, , 2nd Theorem Proving and Provers Meeting(於 JAIST)., , 2006年11月,  
39
Backward simulations for anonymity(筆頭論文), Y. Kawabe, K. Mano, H. Sakurada and Y. Tsukada, Proc. of WITS 2006.IFIP WG 1.7., , 2006年03月,  
40
Role interchangeability and verification of electronic voting, K. Mano, Y. Kawabe, H. Sakurada and Y. Tsukada, 電子情報通信学会 2006年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(於 広島県 広島プリンスホテル)., , 2006年02月,  
41
IOA-Toolkit and Larch Prover, , 1st Theorem Proving and Provers Meeting(於 JAIST)., , 2005年11月,  
42
シミュレーション技法によるセキュリティプロトコルの匿名性検証法, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 情報処理学会 第8回 コンピュータセキュリティシンポジウム(於 愛媛県 メルパルク松山)., , 2005年10月,  
43
バックワード匿名シミュレーションを用いた匿名性の検証, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 日本ソフトウェア科学会 第22回 大会(於 東北大学)., , 2005年08月,  
44
無限状態システムの匿名性検証, 河辺義信,真野健,櫻田英樹,塚田恭章, 電子情報通信学会 第18回 軽井沢ワークショップ(於 長野県 軽井沢プリンスホテル)., , 2005年04月,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
セキュリティプロトコルの時間匿名性に対する形式検証法の研究, 学術振興会, ,  2014年 - 現在,  
2
形式手法に基づくプライバシ検証に関する研究, 学術振興会, ,  2011年 - 2013年,  
3
数理的技法に基づくプライバシ・匿名性の検証手法に関する研究, 堀情報科学振興財団, ,  2009年 - 現在,  
4
形式手法に基づくセキュリティプロトコルの匿名性検証法に関する研究, 学術振興会, ,  2007年 - 2009年,  

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
「分散システムのフォーマルモデリング」「システム仕様の形式的検証」など (とくに、フィールドワークとなる事例を求める)。,  2008年04月01日 - 現在