愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

東平 彩亜 (トウヒラ サエア,TOHIRA Saea)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
大学適応と個人志向性・他者志向性との関連, 東平彩亜, 松本麻友子, 大庭丈幸, 齋藤菜月, 杉浦悠子, 甲村和三, 愛知工業大学研究報告, 50, 79-83., ,   , 2015年03月, ,  
2
なぜ概念・定義が問題となるのか, 小川時洋, 飯田沙依亜, 感情心理学研究, 22, 83-88., ,   , 2015年01月, ,  
3
Eye movements during emotion recognition in faces, Schurgin, M. W., Nelson, J., Iida, S., Ohira, H., Chiao, J. Y., & Franconeri, S. L., Journal of Vision, 14, 1-16., ,   , 2014年11月, ,  
4
居場所感のなさと自己肯定感情の関係, 甲村和三,飯田沙依亜, 愛知工業大学研究報告, 49, 79-82., ,   , 2014年03月, ,  
5
Modulation of Emotion by Cognitive Activity, Iida, S., Tanabe, C.H., Nakao, T., & Ohira, H. , Psychological Topics, 22, 205-219., ,   , 2013年07月, ,  
6
短期宿泊型の親子支援プログラムの効果測定の試み, 竹澤大史, 飯田沙依亜, 幸順子, 名古屋女子大学紀要, 59, 207-215., ,   , 2013年03月, ,  
7
家庭生活において居心地の良さを感じる要因 -大学生を対象とした自由記述法を用いて-, 甲村和三, 飯田沙依亜, 愛知工業大学研究報告, 48, 85-91., ,   , 2013年03月, ,  
8
Prior cognitive activity implicitly modulates subsequent emotional responses to subliminally presented emotional stimuli., Iida, S., Nakao, T., & Ohira, H., Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience, 12, 337-345., ,   , 2012年06月, ,  
9
大学生活において居心地の良さを感じる要因-大学生を対象とした自由記述法を用いて-, 甲村和三, 飯田沙依亜, 愛知工業大学研究報告, 47, 133-137., ,   , 2012年03月, ,  
10
Implicit attenuation of a subsequent emotion by cognitive activity, Iida, S., Nakao, T., & Ohira, H., Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience, 11, 476-484., ,   , 2011年12月, ,  
11
大学生の居場所に関する研究-居場所のなさに着目して-, 飯田沙依亜, 甲村和三, 舟橋厚, 長谷川桜子, 竹澤大史, 幡垣加恵, 愛知工業大学研究報告46, 49-56., ,   , 2011年03月, ,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
認知課題による不快感情の消失を支える神経基盤, 東平彩亜(飯田沙依亜)・Bagarinao Epifanio・礒田治夫・河合保・石塚晃・田邊宏樹・大平英樹, 日本基礎心理学会第34回大会(大阪樟蔭女子大学), , 2015年11月,  
2
大学適応感とソーシャルスキルとの関連, 東平彩亜、松本麻友子、大庭丈幸、齋藤菜月、 杉浦悠子、甲村和三, 日本教育心理学会第57回総会(新潟大学・朱鷺メッセ), , 2015年08月,  
3
大学生の職業観形成と親子関係の関連(ポスター発表), 甲村和三, 東平彩亜, 日本心理学会第78回大会(同志社大学), , 2014年09月,  
4
社会的ストレスが大域・局所処理に及ぼす影響—自閉症スペクトラム傾向を考慮して—(ポスター発表), 久野綾香, 東平彩亜, 金子一史, 日本心理学会第78回大会(同志社大学), , 2014年09月,  
5
感情研究のこれまでとこれからを考える(シンポジウム), 企画者:東平彩亜 企画者・話題提供者:小川時洋 話題提供者: 亀田弘之, 福田正治 指定討論者: 中村真, 日本心理学会第78回大会(同志社大学), , 2014年09月,  
6
Modulation of emotion elicitation by prior cognitive activity: An fMRI study, Tohira, S., Tanabe, C.H., Ishizuka, A., Kawai, T., Isoda, H. & Ohira, H.,  17th World Congress of Psychophysiology (IOP 2014), Hiroshima, Japan., , 2014年09月,  
7
認知課題遂行による不快感情抑制(ポスター発表), 東平彩亜, 田邊宏樹, 大平英樹, 日本心理学会第78回大会(同志社大学), , 2014年09月,  
8
実行系機能課題遂行による自動的感情制御:事象関連脳電位を用いた検討(ポスター発表), 飯田沙依亜, 木村元洋, 木村健太, 林俊介, 大庭丈幸, 大平英樹, 金子一史, 日本基礎心理学会第32回大会(金沢市文化ホール), , 2013年12月,  
9
Automatic emotion regulation by cognitive task, Iida, S., Ohira, H., Nakao, T., Funahashi A.,  The 15th World Congress of Psychophysiology (IOP 2010), Budapest, Hungary., , 2010年09月,  
10
Inhibition of unpleasant emotion by cognitive task, Iida, S., 8th Annual Meeting of Society for Applied Research in Memory and Cognition, Kyoto, Japan., , 2009年07月,  
11
Engaging in the cognitive task inhibits negative emotion , Iida, S., Ohira, H. , Society for Psychophysiological Research 49th Annual Meeting, Berlin, Germany., , 2009年01月,  
12
How can we inhibit our unpleasant emotion?, Iida, S., Ichikawa, N., Ohira, H., The 66th Annual Scientific Conference of the American Psychosomatic Society, Baltimore, MD USA., , 2008年03月,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2010年, 日本感情心理学会第18回大会, 優秀発表賞,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
「予防的」感情制御に関する研究, , ,  2016年 - 2017年,  
2
感情過程の神経基盤の解明-実行系機能からのアプローチ-, , ,  2013年 - 現在,