愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

糸井 弘行 (イトイ ヒロユキ,ITOI Hiroyuki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
リン酸鉄リチウム正極材料の表面修飾と特性評価, 糸井弘行(著者)技術情報協会(編者), 技術情報協会「LIBの高容量・高耐久化のための電極−電解液(質)の界面制御技術と解析・評価法」第2章,第3節, 2015年, ,  
2
リチウムイオン二次電池用負極活物質の改質、表面修飾のポイント, 糸井弘行(著者)技術情報協会(編者), 技術情報協会「LIBの高容量・高耐久化のための電極−電解液(質)の界面制御技術と解析・評価法」第3章,第1節, 2015年, ,  
3
金属・合金系負極材料のコーティング技術とリチウムイオン電池負極体積膨張劣化改善 〜シリコン、熱分解炭素マルチコーティング〜, 糸井弘行(著者)技術情報協会(編者), 技術情報協会「LIBの高容量・高耐久化のための電極−電解液(質)の界面制御技術と解析・評価法」第3章,第2節, 2015年, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Effects of Carbon Support Nanostructures on the Reactivity of Ru Nanoparticle Catalyst in Hydrogen Transfer Reaction, Takeharu Yoshii, Kazuki Nakatsuka, Tatsuya Mizobuchi, Yasutaka Kuwahara, Hiroyuki Itoi, Kohsuke Mori, Takashi Kyotani, and Hiromi Yamashita, Organic Process Research & Development, ,   , 2018年08月16日, 10.1021/acs.oprd.8b00207[ID:DOI],  
2
Enhanced hydrogen chemisorption and spillover on non-metallic nickel subnanoclusters, Hirotomo Nishihara, Fumihide Ohtake, Albert Castro-Muñiz, Hiroyuki Itoi, Masashi Ito, Yuichiro Hayasaka, Jun Maruyama, Junko N. Kondo, Ryota Osuga, Takashi Kyotani, Journal of Materials Chemistry A, 6( 26), 12523- 12531, 2018年05月30日, 10.1039/C8TA02561D[ID:DOI]https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/ta/c8ta02561d#!divAbstract 
3
Electrochemical Polymerization of Pyrene and Aniline Exclusively inside the Pores of Activated Carbon for High-Performance Asymmetric Electrochemical Capacitors, Hiroyuki Itoi, Shintaro Maki, Takeru Ninomiya, Hideyuki Hasegawa, Hidenori Matsufusa, Shinya Hayashi, Hiroyuki Iwata, and Yoshimi Ohzawa, Nanoscale, 10( 20), 9760- 9772, 2018年05月09日, 10.1039/C8NR01529E[ID:DOI]https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/nr/c8nr01529e#!divAbstract 
4
Non-Polymeric Hybridization of a TEMPO Derivative with Activated Carbon for High-Energy-Density Aqueous Electrochemical Capacitor Electrodes, Hiroyuki Itoi, Hideyuki Hasegawa, Hiroyuki Iwata, and Yoshimi Ohzawa, Sustainable Energy & Fuels, 2( 2), 558- 565, 2018年01月08日, 10.1039/C7SE00541E[ID:DOI]https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/se/c7se00541e#!divAbstract 
5
Graphene-based ordered framework with a diverse range of carbon polygons formed in zeolite nanochannels, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Fujimoto, Hiroyuki Itoi, Keita Nomura, Hideki Tanaka, Minoru T. Miyahara, Patrick A. Bonnaud, Ryuji Miura, Ai Suzuki, Naoto Miyamoto, Nozomu Hatakeyama, Akira Miyamoto, Kazutaka Ikeda, Toshiya Otomo, and Takashi Kyotani, Carbon, 129,  854- 862, 2017年12月23日, 10.1016/j.carbon.2017.12.055[ID:DOI]https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008622317312885 
6
Formation mechanism of zeolite-templated carbons, Hirotomo Nishihara, Katsumi Imai, Hiroyuki Itoi, Keita Nomura, Kazuyuki Takai, and Takashi Kyotani, 炭素, ( 280), 169- 174, 2017年11月15日, 10.7209/tanso.2017.169[ID:DOI]https://www.jstage.jst.go.jp/article/tanso/2017/280/2017_028002/_article/-char/ja 
7
ゼオライト鋳型炭素上での水素のスピルオーバー ~水素吸蔵材料を目指して~, 糸井 弘行, 西原 洋知, 京谷 隆, 触媒, 59( 5), 263- 267, 2017年10月10日, , https://www.shokubai.org/jnl/pageview?articlecd=59050005000 
8
Fine Dispersion of Pt4−5 Subnano-Clusters and Pt Single Atoms over Porous Carbon Supports and Their Structural Analyses with X-ray Absorption Spectroscopy, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Syunsuke Kobayashi, Somlak Ittisanronnachai, Takafumi Ishii, Raúl Berenguer, Masashi Ito, Daiju Matsumura, and Takashi Kyotani, The Journal of Physical Chemistry C, 121( 14), 7892- 7902, 2017年03月23日, 10.1021/acs.jpcc.7b00422[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jpcc.7b00422 
9
Electrochemical Synthesis of Polyaniline in the Micropores of Activated Carbon for High-Performance Electrochemical Capacitors, Hiroyuki Itoi, Shinya Hayashi, Hidenori Matsufusa, and Yoshimi Ohzawa, Chemical Communications, 53( 22), 3201- 3204, 2017年02月21日, 10.1039/C6CC08822H[ID:DOI]https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/cc/c6cc08822h#!divAbstract 
10
Solvent-free Preparation of Electrochemical Capacitor Electrodes Using Metal-free Redox Organic Compounds, Hiroyuki Itoi, Yuka Yasue, Keita Suda, Seiya Katoh, Hideyuki Hasegawa, Shinya Hayashi, Masanao Mitsuoka, Hiroyuki Iwata, Yoshimi Ohzawa, ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 5( 1), 556- 562, 2016年12月07日, 10.1021/acssuschemeng.6b01947[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acssuschemeng.6b01947 
11
Effect of Heteroatoms in Ordered Microporous Carbons on Their Electrochemical Capacitance, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, and Takashi Kyotani, Langmuir, 32( 46), 11997- 12004, 2016年10月28日, 10.1021/acs.langmuir.6b02667[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.langmuir.6b02667 
12
Pseudocapacitance of Zeolite-Templated Carbon in Organic Electrolytes, Khanin Nueangnoraj, Hirotomo Nishihara, Takafumi Ishii, Norihisa Yamamoto, Hiroyuki Itoi, Raúl Berenguer, Ramiro Ruiz-Rosas, Diego Cazorla-Amorós, Emilia Morallón, Masashi Ito, Takashi Kyotani, Energy Storage Materials, 1,  35- 41, 2015年08月29日, 10.1016/j.ensm.2015.08.003[ID:DOI]https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405829715300271 
13
Experimental and Theoretical Study of Hydrogen/Deuterium Spillover on Pt-Loaded Zeolite-Templated Carbon, Hirotomo Nishihara, Somlak Ittisanronnachai, Hiroyuki Itoi, Li-Xiang Li, Kimichi Suzuki, Umpei Nagashima, Hiroshi Ogawa, Takashi Kyotani, and Masashi Ito, The Journal of Physical Chemistry C, 118( 18), 9551- 9559, 2014年04月16日, 10.1021/jp5016802[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jp5016802?journalCode=jpccck&quickLinkVolume=118&quickLinkPage=9551&selectedTab=citation&volume=118 
14
Conversion of Silica Nanoparticles into Si Nanocrystals through Electrochemical Reduction, Hirotomo Nishihara, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Bai-Gang An, Shinichiroh Iwamura, Raul Berenguer, and Takashi Kyotani, Nanoscale, 6( 18), 10574- 10583, 2014年03月19日, 10.1039/C4NR01687D[ID:DOI]https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2014/nr/c4nr01687d#!divAbstract 
15
Large Pseudocapacitance in Quinone-Functionalized Zeolite-Templated Carbon, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takafumi Ishii, Khanin Nueangnoraj, Raúl Berenguer-Betrián, and Takashi Kyotani, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 87( 2), 250- 257, 2013年11月22日, 10.1246/bcsj.20130292[ID:DOI]https://www.journal.csj.jp/doi/10.1246/bcsj.20130292 
16
Reversible Pore Size Control of Elastic Microporous Material by Mechanical Force, Masashi Ito, Hirotomo Nishihara, Kentaro Yamamoto, Hiroyuki Itoi, Hideki Tanaka, Akira Maki, Minoru T. Miyahara, Seung Jae Yang, Chong Rae Park, and Takashi Kyotani, Chemistry – A European Journal, 19( 39), 13009- 13016, 2013年08月28日, 10.1002/chem.201301806[ID:DOI]https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/chem.201301806 
17
Formation of Crosslinked−Fullerene−Like Framework as Negative Replica of Zeolite Y, Khanin Nueangnoraj, Hirotomo Nishihara, Katsuaki Imai, Hiroyuki Itoi, Takafumi Ishii, Manabu Kiguchi, Yohei Sato, Masami Terauchi, and Takashi Kyotani, Carbon, 62,  455- 464, 2013年06月21日, 10.1016/j.carbon.2013.06.033[ID:DOI]https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008622313005423 
18
パルスCVD法によるリチウムイオン電池負極用黒鉛MCMBへのパイロカーボンコーティング, 大澤善美,安倍 顕,糸井弘行,中島 剛, 愛知工業大学総合技術研究所研究報告,第15号,pp. 43-46, ,   , 2013年, ,  
19
Electrochemical generation of oxygen-containing groups in an ordered microporous zeolite-templated carbon, R. Berenguer, H. Nishihara, H. Itoi, T. Ishii, E. Morallón, D. Cazorla-Amorós, T. Kyotani, Carbon, 54,  94- 104, 2012年11月23日, 10.1016/j.carbon.2012.11.007[ID:DOI]https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008622312008871 
20
ゼオライト鋳型炭素のエネルギー貯蔵への応用(博士論文), 糸井弘行, 炭素, 252, 2012, pp. 84-86., ,   , 2012年, ,  
21
鋳型でつくるカーボン系均一ナノ多孔性材料のエネルギー貯蔵研究への応用, 西原 洋知, 糸井 弘行, 伊藤 仁, Somlak Ittisanronnachai, Kwon Taeri, Khanin Nueangnoraj, 岩村 振一郎, 京谷 隆, 炭素, 248,  89- 95, 2011年07月15日, 10.7209/tanso.2011.89[ID:DOI]https://www.jstage.jst.go.jp/article/tanso/2011/248/2011_248_89/_article/-char/ja/ 
22
Three-Dimensionally Arrayed and Mutually Connected 1.2 nm-Nanopores for High-Performance Electric Double Layer Capacitor, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Taichi Kogure, and Takashi Kyotani, Journal of the American Chemical Society, 133( 5), 1165- 1167, 2011年01月05日, 10.1021/ja108315p[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/10.1021/ja108315p 
23
Enhancement Mechanism of Electrochemical Capacitance in Nitrogen-/Boron-Doped Carbons with Uniform Straight Nanochannels, Taeri Kwon, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Quan-Hong Yang, and Takashi Kyotani, Langmuir, 25( 19), 11961- 11968, 2009年09月11日, 10.1021/la901318d[ID:DOI]https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/la901318d 
24
Investigation of the Ion Storage/Transfer Behavior in Electrical Double Layer Capacitor by Using Ordered Microporous Carbon as a Model Material, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Taichi Kogure, Peng-Xiang Hou, Hidekazu Touhara, Fujio Okino, and Takashi Kyotani, Chemistry – A European Journal, 15( 21), 5355- 5363, 2009年03月31日, 10.1002/chem.200802406[ID:DOI]https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/chem.200802406?journalCode=15213765 
25
Densification of ordered microporous carbons and controlling their micropore size by hot-pressing, Peng-Xiang Hou, Hironori Orikasa, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, and Takashi Kyotani, Carbon, 45( 10), 2011- 2016, 2007年06月24日, org/10.1016/j.carbon.2007.05.029[ID:DOI]https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008622307002977 
26
Densification of ordered microporous carbons and controlling their micropore size by hot-pressing, Peng-Xiang Hou, Hironori Orikasa, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, Carbon, 45, 2007, pp. 2011-2016., ,   , 2007年, 10.1016/j.carbon.2007.05.029[ID:DOI],  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
多孔質炭素の細孔内部へのレドックス化合物の高分散化による電気化学キャパシタ電極の高性能化, 糸井弘行, 物質生命理工学科コロキウム, , 2017年12月11日,  
2
Fine Dispersion of Redox-active Materials inside the Pores of Porous Carbons for High-performance Electrochemical Capacitors through a Solvent-free Preparation, Hiroyuki Itoi, Hideyuki Hasegawa, Yoshimi Ohzawa, 44th Annual Meeting of The Carbon Society of Japan, , 2017年12月07日,  
3
Investigation of Heteroatom Effect in Ordered Microporous Carbons on Their Electrochemical Capacitance, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, and Takashi Kyotani, 2016 Autumn Meeting of Korean Carbon Society, Inha University, Korea, 2016年11月18日,  
4
多孔質炭素を担体とした複合材料のエネルギー貯蔵・触媒分野への応用, 糸井弘行, 第79回材料理化学セミナー, , 2016年05月26日,  
5
有機化合物を利用した電気化学キャパシタの高容量化, 糸井弘行, 名工大–中部産総研共同研究セミナー講演会「ナノカーボンのエネルギー貯蔵デバイスへの応用と基礎科学」2016年1月13日, , 2016年,  
6
Enhancement of Electrochemical Capacitance in Porous Carbons with Redox Organic Molecules, Hiroyuki Itoi, Masanao Mitsuoka, and Yoshimi Ohzawa, Carbon 2015(Dresden, Germany) July, 16, 2015., , 2015年,  
7
化学蒸着法を用いたリチウムイオン電池用シリコン系負極の作製と評価, 小田 和誠,糸井 弘行,大澤 善美, 第42回炭素材料学会年会(関西大学)2015年12月2日, , 2015年,  
8
レドックス化合物を利用した電気化学キャパシタの高容量化, 糸井 弘行,三岡雅尚,林 真也,大澤 善美, 第42回炭素材料学会年会(関西大学)2015年12月4日, , 2015年,  
9
多孔質炭素に高分散させた均一な粒径を有する微小金属ナノ粒子のスピルオーバーを利用した水素貯蔵特性の考察, 三岡雅尚,糸井 弘行,大澤 善美, 第42回炭素材料学会年会(関西大学)2015年12月2日, , 2015年,  
10
多孔質炭素の細孔内部における導電性ポリマーの重合の検討と電気化学特性の考察, 林 真也,三岡 雅尚,糸井 弘行,大澤 善美, 第42回炭素材料学会年会(関西大学)2015年12月2日, , 2015年,  
11
パルスCVI法による熱分解炭素薄膜をコーティングしたSiOの構造と電気化学特性評価, 藤原 大輔,糸井 弘行,大澤 善美, 第42回炭素材料学会年会(関西大学)2015年12月2日, , 2015年,  
12
CVD 法によるリチウムイオン電池用天然黒鉛/シリコン/熱分解炭素複合負極の作成, 伊藤 啓、糸井 弘行、大澤 善美, 日本セラミックス協会 東海支部 第48回 東海若手セラミスト懇話会 2014年 夏期セミナー(三重)2014年6月26日, , 2014年,  
13
多孔質炭素材料への金属クラスターの高分散化, 糸井弘行, 先端炭素材料セミナー2014(東北大学多元物質科学研究所)2014年3月20日, , 2014年,  
14
Hydrogen Adsorption in Zeolite-Templated Carbon Decorated with Transition-Metal Nanoparticles, Hirotomo Nishihara, Fumihide Ohtake, Hiroyuki Itoi, Masashi Ito, and Takashi Kyotani, 10th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST14) (Nara) November, 1, 2014., , 2014年,  
15
Hydrogen Adsorption in Zeolite-Templated Carbon Decorated withMetal Nanoparticles Prepared by Using Metallocene as a Metal Source, Fumihide Ohtake, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Masashi Ito, and Takashi Kyotani, CARBON2014(Jeju, Korea) July, 3, 2014., , 2014年,  
16
Unique Redox Behavior of Zeolite-Templated Carbon in Organic Electrolytes, Hirotomo Nishihara、Khanin Nueangnoraj、Norihisa Yamamoto、Raúl Berenguer-Betrian, Hiroyuki Itoi、Masashi Itoi, and Takashi Kyotani, CARBON2014(Jeju, Korea) July, 1, 2014., , 2014年,  
17
Hydrogen Adsorption on Zeolite-Templated Carbon Doped with Alkali Metal, Fumihide Ohtake, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Takashi Kyotani, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan (Sendai, Japan) September, 29, 2013., , 2014年,  
18
CVI法を用いた球状炭素MCMB粉体への熱分解炭素コーティングと電気化学特性評価, 近藤裕保、糸井弘行、大澤善美, 第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演2014年11月30日, , 2014年,  
19
CVD法を利用した天然黒鉛へのシリコンおよびパイロカーボンコーティングとリチウムイオン電池負極特性評価, 伊藤啓、糸井弘行、大澤善美, 第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演2014年11月29日, , 2014年,  
20
吸着系水素貯蔵材料の研究開発, 京谷隆、西原洋知、糸井弘行、伊藤仁, NEDO「水素利用技術研究開発事業」第二回委員会(東京)、2014年11月11日, , 2014年,  
21
多孔質炭素に複合化された有機金属錯体の酸化還元特性の考察, 三岡雅尚、糸井弘行、大澤善美, 第52回炭素材料夏季セミナー(仙台)2014年8月25日, , 2014年,  
22
リチウムイオン電池負極用天然黒鉛/ナノシリコン混合粉体への熱分解炭素コーティング, 小田和誠、糸井弘行、大澤善美, 第52回炭素材料夏季セミナー(仙台)2014年8月25日, , 2014年,  
23
パルスCVI 法を用いた球状炭素粉末への熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 近藤裕保、糸井弘行、大澤善美, 第52回炭素材料夏季セミナー(仙台)2014年8月25日, , 2014年,  
24
CVD 法によるリチウムイオン電池負極用黒鉛へのシリコンおよびパイロカーボンコーティングと電気化学特性評価, 伊藤啓、糸井弘行、大澤善美, 第52回炭素材料夏季セミナー(仙台)2014年8月25日, , 2014年,  
25
多孔質炭素に複合化された有機金属錯体 の酸化還元特性の考察, 三岡雅尚、 糸井弘行 、大澤 善美, 日本セラミックス協会 東海支部 第48回 東海若手セラミスト懇話会 2014年 夏期セミナー(三重)2014年6月26日, , 2014年,  
26
CVD 法による天然黒鉛/ナノシリコン混合粉体への熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 小田和誠、糸井弘行、大澤善美, 日本セラミックス協会 東海支部 第48回 東海若手セラミスト懇話会 2014年 夏期セミナー(三重)2014年6月26日, , 2014年,  
27
パルスCVI 法を用いた球状炭素粉末への熱分解炭素コーティングとリチウムイオン電池負極特性評価, 近藤 裕保、糸井 弘行、大澤 善美, 日本セラミックス協会 東海支部 第48回 東海若手セラミスト懇話会 2014年 夏期セミナー(三重)2014年6月26日, , 2014年,  
28
CVD法を利用した天然黒鉛へのシリコンおよびカーボンコーティングとリチウムイオン電池負極特性評価, 伊藤啓、糸井弘行、大澤善美, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月8日, , 2014年,  
29
メタロセンを前駆体とした金属ナノクラスター担持ゼオライト鋳型炭素の水素吸着挙動, 大嶽文秀、西原洋知、糸井弘行、伊藤仁、京谷隆, 日本化学会第94春期年会(名古屋)2014年年3月28日, , 2014年,  
30
メタロセンを原料とする遷移金属担持炭素の調製と水素貯蔵への応用, 大嶽文秀、西原洋知、糸井弘行、伊藤仁、京谷隆, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月10日, , 2014年,  
31
有機金属錯体との複合化による多孔質炭素の電気化学キャパシタ容量の高エネルギー密度化, 糸井弘行、三岡雅尚、安江有花、林真也、神谷翔太、須田啓太、大澤善美, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月8日, , 2014年,  
32
CVD法によるリチウムイオン電池負極用天然黒鉛/ナノシリコン混合粉体への熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 小田和誠、糸井弘行、大澤善美, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月8日, , 2014年,  
33
多孔質炭素と有機金属錯体の複合化による電気化学的特性変化の考察, 三岡雅尚、林真也、神谷翔太、糸井弘行、大澤善美, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月8日, , 2014年,  
34
リチウムイオン電池負極用球状炭素粉体へのパルスCVI法を用いた熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 近藤裕保、糸井弘行、大澤善美, 第41回炭素材料学会年会(大野城)2014年12月8日, , 2014年,  
35
Insight into the Framework Structure of Zeolite-Templated Carbon: Experimental and Theoretical Study, Hirotomo Nishihara, H. Fujimoto, Hiroyuki Itoi, Khanin Nueangnoraj, Hideaki Tanaka, A. Maki, Minoru Miyahara, Takashi Kyotani, 17th International Symposium on Intercalation Compounds (ISIC17), (Sendai, Japan) May, 14, 2013, , 2013年,  
36
リチウムイオン電池負極用黒鉛へのシリコンおよびカーボンコーティングと電気化学的特性評価, 大澤善美,伊藤 啓,糸井弘行,中島 剛, 第40回炭素材料学会年会(京都)2013年12月3日, , 2013年,  
37
パルスCVI 法による各種温度で焼成した炭素材料への熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 大澤善美、近藤裕保、糸井弘行、中島 剛, 第40回炭素材料学会年会(京都)2013年12月3日, , 2013年,  
38
機械的な力による炭素ミクロ孔サイズの精密制御, 西原 洋知、伊藤 仁、山本 健太郎、糸井 弘行、京谷 隆, ナノマイクロ物質・デバイス・システム創製アライアンス 平成25年度 新エネルギー材料・デバイスプロジェクトグループ研究会(仙台)、2013年11月20日, , 2013年,  
39
CVD法を利用したリチウムイオン電池負極用天然黒鉛へのシリコンコーティングと電気化学的特性評価, 伊藤啓,糸井弘行,大澤善美,中島 剛, 第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(浜松)、2013年11月3日, , 2013年,  
40
A large pseudocapacitance of zeolite-templated carbon in organic electrolyte, ヌーアンノラド・カニン、西原洋知、石井孝文、糸井弘行、伊藤仁、京谷隆, 2013 PHyMシンポジウム(仙台)、2013年6月12日, , 2013年,  
41
CVD法によるリチウムイオン電池用天然黒鉛/シリコン複合負極の作製, 伊藤啓、山田峻資、大澤善美、中島 剛、糸井弘行, 日本セラミックス協会 東海支部 第46回 東海若手セラミスト懇話会 2013年 夏期セミナー(犬山)2013年6月20日, , 2013年,  
42
Formation of carbon schwarzite-like framework as a negative replica of zeolite Y, ヌーアンノラド・カニン、西原洋知、今井克明、糸井弘行、石井孝文、木口、佐藤、寺内、京谷, RPGR2013 (Tokyo, Japan)、2013年9月11日, , 2013年,  
43
Large Pseudocapacitance Induced by Redox Reactions on Microporous Carbon in Organic Electrolyte , Hirotomo Nishihara、Khanin Nueangnoraj, Raúl Berenguer-Betrian, Hiroyuki Itoi, Masashi Ito, and Takashi Kyotani, Carbon2013(Rio de Janeiro, Brazil)July, 15, 2013., , 2013年,  
44
パルスCVI法を用いた黒鉛材料への熱分解炭素コーティングと電気化学的特性評価, 近藤裕保、大澤善美、中島 剛、糸井弘行, 日本セラミックス協会 東海支部 第46回 東海若手セラミスト懇話会 2013年 夏期セミナー(犬山)2013年6月20日, , 2013年,  
45
リチウムをドープしたゼオライト鋳型炭素への水素吸着, 大嶽文秀、西原洋知、糸井弘行、京谷隆, 第51回炭素材料夏季セミナー(千葉)、2013年8月26日, , 2013年,  
46
Experimental and Theoretical Analyses of the Framework of Zeolite- Templated Carbon, 西原洋知、藤本宏之、糸井弘行、ヌーアンノラド・カニン、田中秀樹、真木晶、宮原稔、京谷隆, 第40回炭素材料学会年会(京都)2013年12月4日, , 2013年,  
47
Nanocarbons for energy storage applications, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Shinichiroh Iwamura, Takashi Kyotani, ISPlasma 2012 (Nagoya) May, 6, 2012., , 2012年,  
48
計算科学的手法に基づく水素吸蔵材料の特性評価とメカニズム解明に関する研究  ゼオライト鋳型炭素をモデル物質とするスピルオーバー水素貯蔵メカニズムの解明, 西原洋知, 糸井弘行, Somlak Ittisanronnachai, 伊藤仁, 内山誠, 京谷隆, NEDO Hydrostar最終報告会(東京)、2012年1月26日, , 2012年,  
49
ゼオライト鋳型炭素への白金クラスターの高分散担持, 糸井弘行、西原洋知、石井 孝文、Somlak Ittisanronnachai、Raúl Berenguer-Betrián、小林 俊介、伊藤 仁 、松村大樹、京谷 隆, 高分子・ハイブリッド材料研究センター2012 PHyMシンポジウム(仙台)2012年6月7日, , 2012年,  
50
New Insights of Zeolite-Templated Carbons, 西原洋知、糸井弘行、Khanin Nueangnoraj、Somlak Ittisanronnachai、京谷 隆, ATI 2012 Nano-Carbon meeting at Zao (Yamagata, Japan)2012年7月22日, , 2012年,  
51
Hydrogen/Deuterium Spillover in Pt-doped Zeolite-Templated Carbon, Somlak Ittisanronnachai、西原洋知、糸井弘行、李 莉香、伊藤 仁、内山 誠、鈴木、長島雲平、京谷隆, ATI 2012 Nano-Carbon meeting at Zao (Yamagata, Japan)2012年7月22日, , 2012年,  
52
Enhancement of electrochemical capacitance of zeolite-templated carbon by expanding a potential window, ヌーアンノラド・カニン、西原洋知、Raúl Berenguer-Betrián、糸井弘行、伊藤仁、京谷隆, 第39回炭素材料学会年会、長野、長野市生涯学習センター、TOiGO、2012年11月28日, , 2012年,  
53
Hydrogen/Deuterium Spillover on Pt Nanocolloid-Loaded Zeolite-Templated Carbon, Somlak Ittisanronnachai、西原洋知、糸井弘行、Li-Xiang Li、伊藤仁、鈴木机倫、長嶋雲兵、京谷隆, 第39回炭素材料学会年会、長野、長野市生涯学習センター、TOiGO、2012年11月29日, , 2012年,  
54
白金クラスターの多孔質炭素材料への高分散化, 糸井弘行, 学振炭素材料第117委員会2012年度特別講演会(東京)2012年11月15日, , 2012年,  
55
HIGH-PRESSURE HYDROGEN STORAGE IN PT LOADED ZEOLITE TEMPLATED CARBON, Masashi Ito, Hiroyuki Itoi, Somlak Ittisanronnachai, Hirotomo, Nishihara, Takashi Kyotani, Carbon2012 (Krakow, Poland) June, 6, 2012., , 2012年,  
56
Highly Dispersed Pt Clusters of a Few Atoms in a Zeolite-Templated Carbon, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takafumi Ishii, Somlak Ittisanronnachai, Masashi Ito, Daiju Matsumura, and Takashi Kyotani , Carbon2012 (Krakow, Poland) June, 6, 2012., , 2012年,  
57
Carbon Electrochemical Capacitors Based on Pseudocapacitance -- From Capacitor to Battery Behavior --,  Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Takafumi Ishii, Emikia Morallón, Diego Cazorla-Amorós, and Takashi Kyotani, Carbon2012 (Krakow, Poland) June, 6, 2012., , 2012年,  
58
High Electrochemical Capacitance Performance on Zeolite-Templated Carbon Electrodes, Raúl Berenguer Betrian, Hiroyuki Itoi, Emilia Morallón, Diego Cazorla-Amorós, Hirotomo Nishihara, and Takashi Kyotani, 62td Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Toki Messe, Niigata, Japan, September 16, 2011., , 2011年,  
59
Electrochemical Synthesis of Si Nanocrystals in Carbon Nanocapsules and their Performance as Lithium-Ion Battery Anode, Hirotomo Nishihara, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Shinichiroh Iwamura, and Takashi Kyotani, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Toki Messe, Niigata, Japan, September 16, 2011., , 2011年,  
60
High Electrochemical Capacitance Performance on Zeolite-Templated Carbon Electrodes, Ràul Berenguer, Hiroyuki Itoi, Emilia Moralló, Diego Cazorla-Amoró, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Niigata, Japan), September 12, 2011, , 2011年,  
61
Electrochemical Synthesis of Si Nanocrystals in Carbon Nanocapsules and their Performance as Lithium-Ion Battery Anode, Hirotomo Nishihara, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Shinichiroh Iwamura, Raúl Berenguer-Betrián and Takashi Kyotani , 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (Niigata, Japan), September 12, 2011, , 2011年,  
62
Electrochemical Introduction of a Large Amount of Oxygen Containing Groups to Ordered Microporous Carbons, Raúl Berenguer-Betrian, Emilia Morallón, Diego Cazorla-Amorós, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara and Takashi Kyotani, Carbon 2011China, East China University of Science and Technology (ECUST), Shanghai, July 27, 2011., , 2011年,  
63
Anomalously Large Electrochemical Capacitance of Zeolite-Templated Carbon in Aqueous Media, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takafumi Ishi, Raúl Berenguer-Betrian and Takashi Kyotani, Carbon 2011 China, East China University of Science and Technology (ECUST), Shanghai, July 26, 2011., , 2011年,  
64
Electrochemical capacitor performances of zeolite-templated carbons containing heteroatoms, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Raúl Berenguer-Betrian, Takafumi Ishii, and Takashi Kyotani, 2nd International Symposium on Enhanced Electrochemical Capacitors (ISEE'Cap 2011) Poland, Poznan, Poznan University of Technology, June 13, 2011., , 2011年,  
65
ゼオライト鋳型炭素の構造制御による電気化学キャパシタ性能の最大化, 糸井弘行、西原洋知、京谷隆, 特定領域研究「配列ナノ空間を利用した新物質科学 ユビキタス元素戦略」第7回領域会議(豊中)、2011年1月7日, , 2011年,  
66
規則性ナノグラフェン構造体による超高容量電気化学キャパシタ, 糸井弘行、西原洋知、石井孝文、Ràul Berenguer-Betrian、京谷隆, 第49回炭素材料夏季セミナー(倉敷)、2011年8月29日, , 2011年,  
67
規則性ナノグラフェン構造体による超高容量電気化学キャパシタ, 糸井弘行、西原洋知、石井孝文、Ràul Berenguer-Betrian、京谷隆, 平成23年度化学系学協会東北大会(仙台)2011年9月17日, , 2011年,  
68
白金担持ゼオライト鋳型炭素の高圧水素吸蔵特性, 伊藤仁、内山誠、糸井弘行、Somlak Ittisanronnachai、西原洋知、京谷隆, 第38回炭素材料学会年会、名古屋、名古屋大学豊田講堂、2011年11月30日, , 2011年,  
69
白金錯体担持炭素の水素吸蔵特性, 糸井弘行、西原洋知、石井孝文、Somlak Ittisanronnachai、伊藤仁、松村大樹、京谷隆, 第38回炭素材料学会年会、名古屋、名古屋大学豊田講堂、2011年11月30日, , 2011年,  
70
A High Performance Electrochemical Capacitor in an Aqueous Electrolyte using an Ordered Microporous Carbon, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takafumio Ishii, Raúl Berenguer-Betrian, Takashi Kyotani., International Conference of New Science Created by Materials with Nano Spaces (Sendai) November 24, 2011., , 2011年,  
71
Electroxidacion Selectiva de un Carbon Nanoestructurado y su Influencia en la Pseudocapacidad, Raúl Berenguer-Betrian, Itoi Hiroyuki, Emikia Morallón, Diego Cazorla-Amorós, Hirotomo Nishihara and Takashi Kyotani, XI Reunion del Grupo Espanol del Carbon (GEC´11)Spain, Badajoz, October 24, 2011, , 2011年,  
72
A High Performance Electrochemcial Capacitor in an Aqueous Electrolyte Using Zeolite Templated Carbon with Fully Exposed Edge Sites, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takafumi. Ishii, Ràul Berenguer-Betrian and Takashi Kyotani, CESEP 2011 France, Palais des Congres, Vichy, September 26, 2011., , 2011年,  
73
Electrochemical Oidation of Ordered Microporous Carbons and Its Influence on Their Performance, Raúl Berenguer-Betrian, Hiroyuki Itoi, Emikia Morallón, Diego Cazorla-Amorós, Hirotomo Nishihara and Takashi Kyotani, CESEP 2011 France, Palais des Congres, Vichy, September 28, 2011., , 2011年,  
74
Synthesis of Si/C Composites with Buffer Space around Each Si Nanoparticle and Their Performance of Li Insertion/Extraction, Hirotomo Nishihara, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Shinichiro Iwamura, and Takashi Kyotani, CESEP 2011 France, Palais des Congres, Vichy, September 28, 2011., , 2011年,  
75
ヘテロ原子をドープしたゼオライト鋳型炭素の合成とその電気二重層キャパシタ特性, 京谷 隆、糸井弘行、西原洋知, 特定領域研究「配列ナノ空間を利用した新物質科学 ユビキタス元素戦略」第5回領域会議(東京)2010年1月9日, , 2010年,  
76
ナノカーボン複合体を用いた新規電極の開発, 西原洋知、權泰利, 中山航、干川康人、岩村振一郎、糸井弘行、京谷隆, 2010高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM)若手フォーラム(仙台)、2010年12月6日, , 2010年,  
77
単分散ナノシリカ粒子の電気還元によるナノSi/炭素複合体の調製, 鈴木崇史、西原洋知、糸井弘行、安百鋼、京谷隆, 第37回炭素材料学会年会、姫路、姫路市民会館、2010年12月2日, , 2010年,  
78
ゼオライト鋳型炭素の構造制御による電気化学キャパシタ性能の最大化, 糸井弘行、西原洋知、京谷隆, 第37回炭素材料学会年会、姫路、姫路市民会館、2010年12月1日, , 2010年,  
79
Reversible Contraction-Recovery of 3D Nanographene-Network Material , 西原洋知、山本健太郎、糸井弘行、Somlak Ittisanronnachai、京谷 隆, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(京都)、2010年9月5日, , 2010年,  
80
Spring-like behavior of 3D graphene network, 山本健太郎、西原洋知、糸井弘行、Somlak Ittisanronnachai、京谷 隆, 蔵王10研究会、蔵王、2010年7月20日, , 2010年,  
81
機械的圧縮によるミクロポーラス材料の細孔径可逆制御, 西原洋知、山本健太郎、糸井弘行、Somlak Ittisanronnachai、京谷隆, 炭素材料第117委員会 第293回委員会、東京、2010年4月16日, , 2010年,  
82
Effect of Heteroatom-Doping on the Physical Properties of Zeolite-Templated Carbons, Hiroyuki Itoi, Peng-Xiang Hou, Li-Xiang Li, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, Carbon 2010 America, Clemson University, July 12, 2010., , 2010年,  
83
Preparation of Nano-Silicon/Carbon Composites via an Electrochemical Reduction of Nano-Sized Silica Embedded in Carbon Matrices, Hirotomo Nishihara, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Bai-Gang An, Takashi Kyotani, Carbon 2010 America, Clemson University, July 15, 2010., , 2010年,  
84
The Effect of Heteroatom Doping on the Electrochemical Properties of Zeolite-Templated Carbons, Hiroyuki Itoi, Peng-Xiang Hou, Li-Xiang Li, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, 5th International Symposium on Chemical-Environmental-Biomidical Technology for Young Researchers (Sendai), September, 6, 2010., , 2010年,  
85
Carbon-based nanocomposites for electrode applications, Hirotomo Nishihara, Taeri Kwon, Shinichiroh Iwamura, Takashi Suzuki, Hiroyuki Itoi, Takashi Kyotani, 2nd Japan-Germany Joint Symposium Development and Technology of Carbon Materials (Tokyo), September 21, 2010., , 2010年,  
86
ヘテロ原子をドーピングしたゼオライト鋳型炭素の合成, 糸井弘行、西原洋知、侯 鵬翔、李莉香、京谷隆, 第36回炭素材料学会年会、仙台、仙台市戦災復興記念館、2009年12月2日, , 2009年,  
87
Preparation of Nitrogen-Doped Zeolite Templated Carbons and their H2O Adsorption Behavior, Hiroyuki Itoi, Peng-Xiang Hou, Li-Xiang Li, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, CESEP09 (Malaga, Spain), October 27, 2009., , 2009年,  
88
Zeolite Templated Carbon as the Electrode for High Power Electrochemical Capacitor, Hirotomo Nishihara, Taichi Kogure, Hiroyuki Itoi, Takashi Kyotani, Carbon 2009, France, Espace Bellevue & Casino municipal, June 17, 2009., , 2009年,  
89
Fabrication of High Power Electric Double Layer Capacitor Using Zeolite Templated Carbon, Hirotomo Nishihara, Taichi Kogure, Hiroyuki Itoi, Takashi Kyotani, 15th International Symposium on Intercalation Compounds (ISIC15) China, Tsinghua University, May 15, 2009., , 2009年,  
90
Fabrication of high power electrochemical capacitor using zeolite templated carbon"Gordon Research Conference Hydrocarbon Resources, Hirotomo Nishihara, Taichi Kogure, Hiroyuki Itoi, Takashi Kyotani, Gordon Research Conference Hydrocarbon ResourcesAmerica, Ventura, Ventura Beach Marriott, Junuary 15, 2009., , 2009年,  
91
ゼオライト鋳型炭素を用いた超高出力キャパシタ, 木暮太一、糸井弘行、西原洋知、京谷 隆, 物質基盤センター平成20年度成果報告会(吹田)、2009年3月13日, , 2009年,  
92
窒素ドープしたゼオライト鋳型炭素の合成と水蒸気吸着特性, 糸井弘行、侯鵬翔、李莉香、西原洋知、京谷隆, 学振炭素材料117委員会第290回委員会、東京、東京都市大学 世田谷キャンパス 3号館4FメモリアルホールA、2009年7月17日, , 2009年,  
93
ゼオライト鋳型炭素の親水化と水蒸気吸着特性, 糸井弘行、侯鵬翔、李莉香、西原洋知、京谷隆 , 第47回炭素材料夏季セミナー(湯布院)2009年9月2日, , 2009年,  
94
構造規則性ミクロポーラスカーボンの親水化, 糸井弘行、李莉香、京谷隆, 平成21年度化学系学協会東北大会、郡山、日本大学工学部、2009年9月21日, , 2009年,  
95
Preparation of Nitrogen-Doped Zeolite Templated Carbons and Their H2O Adsorption Behavior , Hiroyuki Itoi, Peng-Xiang Hou, Li-Xiang Li, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, International young researcher symposium on chemical-environmental-biomedica technology 4th (Tainan, Taiwan), November 27, 2009, , 2009年,  
96
SiO2/炭素複合体の電気還元によるナノシリコンの調製, 鈴木崇史、西原洋知、糸井弘行、安百鋼、張勇、京谷隆, 第36回炭素材料学会年会、仙台、仙台市戦災復興記念館、2009年12月1日, , 2009年,  
97
XRDシミュレーションを用いたゼオライト鋳型炭素骨格の立体配座の解析, 西原洋知、今井克明、糸井弘行、Khanin Nueangnoraj、京谷隆、藤本宏之, 第36回炭素材料学会年会、仙台、仙台市戦災復興記念館、2009年12月1日, , 2009年,  
98
The deposition of a large amount of carbon into zeolite nanochannels, Khanin NUEANGNORAJ、西原洋知、今井克明、糸井弘行、京谷隆, 第36回炭素材料学会年会、仙台、仙台市戦災復興記念館、2009年12月2日, , 2009年,  
99
Preparation of negative electrodes of Li-ion battery by using zeolite template, 安百鋼、糸井弘行、李莉香、菅野康之、佟鈺、西原洋知、京谷隆, 第35回炭素材料学会年会、筑波、筑波大学大学会館ホール、2008年12月3日, , 2008年,  
100
構造規則性ミクロポーラスカーボンをモデル物質とした電気化学的キャパシタ挙動の解明, 西原洋知, 木暮太一, 糸井弘行, 侯鵬翔, 京谷隆, 2007年多元研物質基盤センター研究成果発表会(仙台)、2008年1月11日, , 2008年,  
101
ゼオライト鋳型炭素を電極とした高出力スーパーキャパシタ, 木暮太一、西原洋知、糸井弘行、京谷隆, 炭素材料第117委員会 第287回委員会、東京、東京大学 学士会分館2008年9月26日, , 2008年,  
102
規則性ミクロ多孔質炭素を用いた超高出力キャパシタ, 木暮太一、西原洋知、糸井弘行、京谷隆, 第35回炭素材料学会年会、筑波、筑波大学大学会館ホール、2008年12月5日, , 2008年,  
103
ゼオライト鋳型を利用したLiイオン電池負極材料の合成, 西原洋知、李莉香、安百鋼、菅野康之、佟鈺、糸井弘行、京谷隆, 第49回電池討論会、大阪、リーガロイヤルホテル堺、2008年11月5日, , 2008年,  
104
ゼオライト鋳型炭素を電極とした高出力スーパーキャパシタ, 木暮太一、糸井弘行、西原洋知、京谷隆, 平成20年度化学系学協会東北大会、八戸、2008年10月11日, , 2008年,  
105
ゼオライト鋳型炭素を電極とした高容量・高出力キャパシタ, 木暮太一、西原洋知、糸井弘行、京谷隆, 技術情報協会, セミナーNo. 809272, “電気二重層キャパシタにおける電極材料の高性能化と信頼性評価”(東京)、2008年9月29日, , 2008年,  
106
Understanding of the Electrochemical Process in Supercapacitor by using Zeolite Templated Carbon as a Model Material, Hirotomo Nishihara, Hiroyuki Itoi, Taichi Kogure, Peng-Xiang Hou, and Takashi Kyotani, Carbon 2008, Nagano, Hotel Metropolitan Nagano, July 14, 2008., , 2008年,  
107
ゼオライトを鋳型として利用したフラーレン/ナノチューブネットワークの合成, 西原洋知、今井克明、糸井弘行、Nueangnoraj Khanin、侯鵬翔、Paredes Juan I、Martinez Alonso Amelia、Tascon Juan MD、京谷隆, 第35回炭素材料学会年会、筑波、筑波大学大学会館ホール、2008年12月7日, , 2008年,  
108
規則性ミクロ多孔質炭素をモデル物質とした電気化学キャパシタ挙動の解明, 西原洋知、糸井弘行、小暮太一、侯鵬翔、京谷隆, 炭素材料第117委員会 第284回委員会、東京、産業技術総合研究所 臨海副都心センター、2007年11月16日, , 2007年,  
109
ゼオライト鋳型炭素をモデル物質とした電気化学的キャパシタ挙動の解明, 木暮太一、糸井弘行、侯鵬翔、西原洋知、京谷隆, 第34回炭素材料学会年会、大分、ビーコンプラザ別府市国際会議場、2007年11月28日, , 2007年,  
110
ゼオライト鋳型炭素を電極とした高容量スーパーキャパシタ, 木暮太一、西原洋知、糸井弘行、侯鵬翔、京谷隆, 研究所連携プロジェクト報告会、仙台、東北大学片平キャンパス、2007年10月23日, , 2007年,  
111
細孔のサイズとその三次元構造の異なる鋳型法ミクロポーラスカーボンのEDLC特性, 糸井弘行、西原洋知、侯鵬翔、折笠宏典、京谷隆, 第33回炭素材料学会年会、札幌、北海道大学学術交流会館、2006年12月6日, , 2006年,  
112
Hot pressing of ordered microporous carbon and its change in microporosity, Hironori Orikasa, Toshiaki Yamazaki, Peng-Xiang Hou, Hiroyuki Itoi, Hirotomo Nishihara, Takashi Kyotani, Carbon 2006, Scotland, Aberdeen, The robert Gordon University, July 17, 2006., , 2006年,  
113
ゼオライトを鋳型に用いて調製したミクロポーラス炭素粉末のペレット化による高密度化, 折笠宏典、糸井弘行、侯鵬翔、山崎俊明、西原洋知、京谷隆, 第32回炭素材料学会年会、上田、信州大学繊維学部、2005月12月7日, , 2005年,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2014年02月15日, 日本化学会, BCSJ賞, Large Pseudocapacitance in Quinone-Functionalized Zeolite-Templated Carbon 

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
ミクロ孔に内包されたPtクラスターへの電場の印加による高性能水素化触媒の開発, 立松財団, ,  2017年 - 2017年, 糸井弘行 
2
有機化合物と活性炭から成る電極を利用した高性能非水系電気化学キャパシタの開発, 村田学術振興財団, ,  2017年 - 2017年, 糸井弘行 
3
異なる酸化還元電位を有する化合物を活性炭に吸着させた電極材料を組み合わせた非対称レドックスキャパシタの開発, 日東学術振興財団, ,  2016年 - 2016年, 糸井弘行 
4
微小金属酸化物粒子と多孔性炭素材料とのナノレベルでの複合化による高性能電気化学キャパシタ電極の開発, 内藤科学技術振興財団, ,  2016年 - 現在, 糸井弘行 
5
可逆的に水素分子を水素原子に解離する有機金属錯体の触媒活性を利用した水素貯蔵システムの開発, 東海産業技術振興財団, ,  2015年 - 現在,  
6
メタルフリーの有機化合物を利用した電気化学キャパシタ電極の超高容量化, 日本学術振興会, ,  2015年 - 2016年, 糸井弘行 
7
ポリマーを用いた活性炭細孔内へのレドックス化合物のトラッピングによる高性能電気エネルギー貯蔵デバイスの開発, , ,  2015年 - 現在,  
8
ラジカル捕捉剤を用いた原子状水素のトラッピングによる水素スピルオーバー機構の解明, 東海産業技術振興財団, ,  2015年 - 現在,  
9
π電子系を利用した水素・炭素・窒素・酸素原子のみから成る二次電池電極材料の開発, 公益財団法人カシオ科学振興財団, ,  2015年 - 現在,  
10
超高表面積炭素と有機金属錯体のナノ複合化による巨大電気容量キャパシタの開発, 学術振興会, ,  2013年 - 2014年,  
11
鋳型法により高度に構造制御されたエネルギー貯蔵用炭素ナノ複合材料の開発, 学術振興会, ,  2010年 - 2011年,  
12
鋳型法を利用した炭素複合材料の開発, 東北大学国際高等研究教育機構, ,  2008年 - 2009年,