愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

村上 博哉 (ムラカミ ヒロヤ,MURAKAMI Hiroya)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Automatic On-Line Solid Phase Extraction-Electrothermal Atomic Absorption Spectrometry Exploiting Sequential Injection Analysis for Trace Vanadium, Cadmium and Lead Determination in Human Urine Samples, G. Giakisikli, A. A. Quezada, J. Tanaka, A. N. Anthemidis, H. Murakami, N. Teshima, T. Sakai, Anal. Sci., 31, 383–389 , 2015, ,   , 2015年, ,  
2
Simple Pretreatment and HILIC Separation for LC-ESI-MS/MS Determination of Adenosine in Human Plasma, Hiroya Murakami, Erina Otani, Tomoko Iwata, Yukihiro Esaka, Takuma Aoyama, Masanori Kawasaki, Toshiki Tanaka, Shinya Minatoguchi, Bunji Uno, Anal. Sci., 31, 1189-1192, 2015, ,   , 2015年, ,  
3
Advanced stopped-in-loop flow analysis with a reagents-merging zones technique for a catalytic successive determination of vanadium and iron, Alejandro Ayala Quezada, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, Shoji Motomizu, Anal. Sci., 31, 1099–1103. 2015, ,   , 2015年, ,  
4
Simultaneous injection effective mixing flow analysis system for spectrophotometric determination of palladium in dental alloy and catalyst, Alejandro Ayala Quezada, Daisuke Noguchi, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, J. Flow Injection Anal., 32, 13–17, 2015, ,   , 2015年, ,  
5
Stopped-in-loop flow analysis system for successive determination of trace vanadium and iron in drinking water using their catalytic reactions, Alejandro Ayala Quezada, Keisuke Ohara, Nuanlaor Ratanawimarnwong, Duangjai Nacapricha, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, Talanta, 144, 844–850, 2015, ,   , 2015年, ,  
6
Facile and Effective Pretreatment Using Stop and Go Extraction Tips for LC-MS/MS Analysis of Trace Amounts of DNA Adducts, H. Murakami, R. Kawamura, T. Sakakibara, Y. Esaka, Y. Ishihama, B. Uno, Anal. Sci., 30, 519-522, 2014, ,   , 2014年, ,  
7
Stepwise Elusion Method in Micellar Electrokinetic Chromatography via Sequential Use of Lithium Perfluorooctadecyl Sulfonate and Lithium Dodecyl Sulfate, Y. Esaka, F. Rin, M. Kobayashi, R. Osako, H. Murakami, B. Uno, J. Chromatogr. A, 1358, 261-268, 2014, ,   , 2014年, ,  
8
Simultaneous Analysis of Polymethoxyflavones and Flavanone glycosides in Citrus Fruits by Micellar Electrokinetic Chromatography Using Sodium Deoxycholate, Y. Esaka, F. Rin, M. Kobayashi, R. Osako, H. Murakami, B. Uno, Chromatography, 35, 155-162, 2014, ,   , 2014年, ,  
9
フェニル基修飾シリカゲルカラムを用いるHPLC法による電子受容体のπ-π型電荷移動相互作用能の評価, 宇野 文二,前川 聡史,中山 辰史,村上 博哉,江坂 幸宏, 分析化学,62, 167-171, 2013, ,   , 2013年, ,  
10
Micellar Electrokinetic Chromatography of Aromatic Anions and Non-ionic Aromatic Compounds with Stepwise Changes of the Concentration of Cetyltrimethylammonium Chloride,  Y. Esaka, M. Kobayashi, H. Murakami, B. Uno,  J. Chromatogr. A, 1236, 202-206, 2012, ,   , 2012年, ,  
11
Functional Preconcentration Tip of Total Volume Injection for ESI/MS Analysis of DNA Adducts, H. Murakami, M. Koguchi, Y. Esaka, B. Uno, and Y. Ishihama, Anal. Sci. 27, 217-220, 2011, ,   , 2011年, ,  
12
Oxidation of Guanosine to the Imidazolone Derivative via Proton-coupled Electron Transfer to Hydroperoxy Radical Derived from Superoxide,  H. Murakami, Y. Esaka, T. Nakayama, and B. Uno, Chem. Lett. 40, 268-269, 2011, ,   , 2011年, ,  
13
Structural and Spectral Characteristics of the Cross-linked Dimer Derived from Electrooxidation of Cyclic 1, N2-Propanoguanosine, H. Murakami, Y. Esaka, and B. Uno, Anal. Sci. 27, 315-320, 2011, ,   , 2011年, ,  
14
Cilostazol protects the heart against ischaemia reperfusion injury in a rabbit model of myocardial infarction: Focus on adenosine, nitric oxide and mitochondrial KATP channels, Y. Bai,  Muqier, H. Murakami, M. Iwasa, S. Sumi, Y. Yamada, H. Ushikoshi, T. Aoyama, K. Nishigaki, G. Takemura, B. Uno, and S. Minatoguchi, Clin. Exp. Pharmacol. Physiol. 38, 658-665, 2011, ,   , 2011年, ,  
15
Cross-Link Dimer Formation of the Acetaldehyde-Derived Cyclic 1, N2-Propano- 2’-deoxyguanosine Adduct,  H. Murakami, Y. Esaka, and B. Uno, Chem. Pham. Bull. 57, 1434-1436, 2009, ,   , 2009年, ,  
16
Surfactant Gradient Methods Using Mixed Systems of Cethyltrimetylammonium Chloride and Nonionic Surfactants Possessing Polyoxyethylene Chains for Electrokinetic Separation of Benzoate Anions as Model Analytes, Y. Esaka, M. Sawamura, H. Murakami, and B. Uno, Anal. Chem. 78, 8142-8149, 2006, ,   , 2006年, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
DNA付加体の各種定量分析手法, 村上 博哉,江坂 幸宏, ぶんせき, 7月号, 282-292, 2015, ,   , 2015年,  
2
self-reporting型プローブを用いた新規遺伝子検出法の開発, 村上 博哉, ぶんせき, 10月号, 582-583, 2009, ,   , 2009年,  
3
LC-MS/MSを用いたリン酸化プロテオーム解析, 村上 博哉, ファルマシア,44, 992-993, 2008, ,   , 2008年,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
酵素反応による差別化を用いる高感度DNA損傷分析ESI-MS法の開発, 江坂幸宏,村上博哉,堀場瑠璃,漆原三佳,宇野文二,手嶋紀雄,金子和弘,鳥村政基、石濱 泰, 日本薬学会第136年会,横浜, , 2016年03月,  
2
Determination of gaseous isoprene by flow injection analysis with a fluorometric detection, Yumika Yoshino, Hiroya Murakami, Norio Teshima, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), , 2015年12月,  
3
Automatic on-line solid-phase extraction-ICP-MS exploiting sequential injection analysis for ultratrace vanadium determination in human urine sample, Ayaka Inoguchi, Alejandro Ayala Quezada, Hiroya Murakami, Norio Teshima, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), , 2015年12月,  
4
Determination of biological samples by flow analysis and its potential to medical support, Norio Teshima, Hiroya Murakami, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), , 2015年12月,  
5
DNA付加体分析のためのLC-MSの高感度化に関する研究, 荒木逸杜, 村上博哉, 江坂幸宏, 手嶋紀雄, 第15回高山フォーラム,高山, , 2015年11月,  
6
拡散スクラバー捕集/FIAによる揮発性ガスの定量, 手嶋紀雄, 村上博哉, 酒井忠雄, 第52回フローインジェクション分析講演会, 群馬, , 2015年11月,  
7
懸濁物共存試料中の全窒素定量法の改良, 作田成久, 藤井亮輔, 大野慎介, 村上博哉, 手嶋紀雄, 第15回高山フォーラム,高山, , 2015年11月,  
8
LC-MSを用いた損傷nucleotide体分析手法確立に関する研究, 青柳拓哉, 村上博哉, 江坂幸宏, 手嶋紀雄, 第15回高山フォーラム,高山, , 2015年11月,  
9
網羅的DNA付加体分析のためのLC-MSシステムの高感度化, 村上博哉,堀場瑠璃,岩田朋子,金子和弘,宇野文二,手嶋紀雄,石濱泰,江坂幸宏, 第26回クロマトグラフィー科学会議, 九州大学, , 2015年11月,  
10
SIA法による自動前処理システムを接続したICP-MSによる微量バナジウムの定量, 井ノ口綾夏, 村上博哉, 手嶋紀雄, 酒井忠雄, 第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 三重大学, , 2015年11月,  
11
Advanced Flow Analysis Systems for Automated Water Quality Assessment, Alejandro Ayala Quezada, Hiroya Murakami, Norio Teshima, RSC Tokyo International Conference, JASIS Conference, 幕張メッセ, , 2015年09月,  
12
Determination of Some Breath VOCs by Diffusion Scrubber Coupled to Flow-Based Chemical Analysis, Alejandro Ayala Quezada, Hiroya Murakami, Norio Teshima, ABR (International Association of Breath Research) summit 2015 (IABR's 10th anniversary conference), Vienna, Austria, , 2015年09月,  
13
Acetaldehyde由来DNA付加体定量分析のためのLC/MS分析系の高感度化, 村上博哉, 堀場瑠莉, 岩田朋子, 宇野文二, 金子和弘, 手嶋紀雄, 石濱泰, 江坂幸宏, 第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2015), 長崎大学文教キャンパス, , 2015年08月,  
14
CNET誘導体化アルデヒド類,アセトンのHPLC, 一杉理香, Ketsarin Seebunrueng, 村上博哉, Supalax Srijaranai, 梅村知也, 酒井忠雄, 手嶋紀雄, 第34回分析化学中部夏期セミナー, 静岡, , 2015年08月,  
15
Advanced Flow Analysis Systems for Automation of Chemical Analysis, Alejandro Ayala Quezada, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, 第34回分析化学中部夏期セミナー, 静岡, , 2015年08月,  
16
Flow chemical analysis methods for water quality assessment, Norio Teshima, Hiroya Murakami, Tadao Sakai, TRF Seminar Series in Basic Reseach CVIII, Chiang Mai, , 2015年07月,  
17
Spectrophotometric determination of palladium using 5-Br-PSAA by simultaneous injection effective mixing flow analysis, Yukihiro Esaka, Hiroya Murakami, Ryohei Osako, Mika Urushibara, Bunji Uno, Masaki Torimura, Yasushi Ishihama, Takeshi Hirokawa, The 13th International Conference on Flow Analysis (Flow Analysis XIII), Prague, Czech Republic, , 2015年07月,  
18
Development of Facile Pretreatment Method Using Home-Made Pretreatment Device for LC-MS/MS Analysis of Trace Amounts of DNA Adducts, Hiroya Murakami, Rieko Kawamura, Bunji Uno, Norio Teshima, Yasushi Ishihama, Yukihiro Esaka, 63RD ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics, St. Louis, , 2015年06月,  
19
流れ分析システムによる環境化学分析の自動化, 手嶋紀雄, Alejandro Ayala Quezada,村上博哉, 酒井忠雄, 第75回分析化学討論会, 山梨大学甲府キャンパス, , 2015年05月,  
20
動電過給導入―シースレスESI-MSによるヌクレオチド検出法の開発, 江坂 幸宏,岡本 哲郎,宇野 文二,村上 博哉,鳥村 政基,廣川 健,石濱 泰, 日本薬学会第135年会,神戸, , 2015年03月,  
21
アセトアルデヒド由来核酸アダクトのHL-60細胞からの検出, 平井 一行,藤沢 豊,伊藤 朱里,土谷 崇裕,服部 智文,村上 博哉,酒向 孫市,出屋敷 喜宏, 日本薬学会第135年会,神戸, , 2015年03月,  
22
Determination of Vanadium and Creatinine in Human Urine by ICP-MS and Spectrophotometry Coupled with Sequential Injection-Based Auto-Pret System, Ayaka Inoguchi, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, TRF Seminar Series in Basic Reseach CVIII, Chiang Mai, , 2015年01月,  
23
Development of CE Focusing-ESI-MS Methods for Highly Sensitive Detection of Damaged Nucleotides, Yukihiro Esaka, Hiroya Murakami, Ryohei Osako, Mika Urushibara, Bunji Uno, Masaki Torimura, Yasushi Ishihama, Takeshi Hirokawa, 14th Asia-Pacific International Symposium on Microscale Separations and Analysis, Kyoto, , 2014年12月,  
24
Flow Injection Fluorimetric Determination of Gaseous Isoprene, Yumika Yoshino, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, 19th International Conference on Flow Injection Analysis, Fukuoka, , 2014年12月,  
25
An Auto-Pretreatment system coupled to ICP-MS for Urinary Vanadium and to Spectrometry for Urinary Creatinine, Ayaka Inoguchi, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, 19th International Conference on Flow Injection Analysis, Fukuoka, , 2014年12月,  
26
Flow Injection Fluorimetric Determination of Acrolein Using m-aminophenol, Naohiko Yamaguchi, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Harumitsu Nishikawa, Tadao Sakai, 19th International Conference on Flow Injection Analysis, Fukuoka, , 2014年12月,  
27
損傷DNA塩基をターゲットとするナノFocusing/錯体化/ESI-MS法の開発, 江坂 幸宏,村上 博哉,大迫 亮平,漆原 三佳,宇野文二,鳥村 政基,石濱 泰,廣川 健, 第34回キャピラリー電気泳動シンポジウム,京都大学, , 2014年12月,  
28
LC-MSを用いたacetaldehyde由来DNA損傷体の高感度定量分析法の開発, 村上 博哉,岩田 朋子,堀場 瑠莉,川島 静香,金子 和弘,宇野 文二,鳥村 政基,手嶋 紀雄,石濱 泰,江坂 幸宏, 第25回クロマトグラフィー科学会議,京都大学, , 2014年12月,  
29
Catalytic Determination of Vanadium and Iron by Simultaneous Injection Effective Mixing Analysis System, Alejandro Ayala, Hiroya Murakami, Norio Teshima, Tadao Sakai, Shoji Motomizu, 19th International Conference on Flow Injection Analysis, Fukuoka, , 2014年12月,  
30
新規水溶性試薬を用いる銅イオンのSIA, 植田 梨紗子,加藤 祥吾,村上 博哉,手嶋 紀雄,酒井 忠雄,喜納 兼勇, 第14回高山フォーラム,高山, , 2014年11月,  
31
分取CEと動電過給法の併用に関する研究, 漆原 三佳,岡本 哲郎,大迫 亮平,村上 博哉,江坂 幸宏,宇野 文二, 第14回高山フォーラム,高山, , 2014年11月,  
32
鉄および鋼のりん定量方法におけるFIAの応用, 神谷 修平,葛谷 真美,柘植 政宏,村上 博哉,手嶋 紀雄,酒井 忠雄, 第14回高山フォーラム,高山, , 2014年11月,  
33
CE/MS法のナノESI化に関する研究, 岡本 哲郎,大迫 亮平,漆原 三佳,村上 博哉,江坂 幸宏,宇野 文二, 第14回高山フォーラム,高山, , 2014年11月,  
34
アセトアルデヒド由来核酸アダクトの培養細胞からの検出, 平井 一行,藤沢 豊,伊藤 朱里,土谷 崇裕,村上 博哉,酒向 孫市,出屋敷 喜宏, 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2014,鈴鹿, , 2014年11月,  
35
酸化還元反応に及ぼす配位子の作用を用いる銅イオンのSIEMA, 一杉 理香,村上 博哉,手嶋 紀雄,酒井 忠雄, 第14回高山フォーラム,高山, , 2014年11月,  
36
質量分析法を基盤技術とするDNA損傷体定量のための分析プラットフォームの構築, 村上 博哉, 低侵襲な化学診断法のための呼気・尿バイオマーカー分析法に関する研究会,名古屋, , 2014年10月,  
37
LC/MSおよびCE/MSを用いた核酸損傷分析法の開発, 江坂 幸宏,村上 博哉,大迫 亮平,榊原 崇芳,岩田 朋子,堀場 瑠莉,宇野文二,鳥村 政基,廣川 健,石濱 泰, 日本分析化学会第63年会,広島大学, , 2014年09月,  
38
自動前処理装置を接続したICP-MS/吸光光度法によるバナジウムとクレアチニンの逐次定量, 井ノ口 綾香,村上 博哉,手嶋 紀雄,酒井 忠雄, 第33回分析化学中部夏期セミナー,富山, , 2014年09月,  
39
イソプレンガスの蛍光フローインジェクション分析, 吉野由美香,村上 博哉,手嶋 紀雄,酒井 忠雄, 第33回分析化学中部夏期セミナー,富山, , 2014年09月,  
40
雨水中アクロレインのフローインジェクション分析, 山口 尚彦,村上 博哉,手嶋 紀雄,西川 治光,酒井 忠雄, 日本分析化学会第63年会,広島大学, , 2014年09月,  
41
Automated pre-treatment system for the determination of metal ions with an on-line pre-concentration column by GFAAS, Alejandro Ayala, Georgia Giakisikli, Junpei Tanaka, Hiroya Murakami, Tadao Sakai, Norio Teshima, 日本分析化学会第63年会,広島大学, , 2014年09月,  
42
CE高集束―オンライン錯体化ESI-MS法による損傷ヌクレオチド検出法の開発, 江坂 幸宏,大迫 亮平,村上 博哉,榊原 崇芳,堀場 瑠莉,岡本 哲郎,宇野文二,鳥村 政基,廣川 健,石濱 泰, 第27回バイオメディカル分析科学シンポジウム,帝京大学, , 2014年08月,  
43
Acetaldehyde由来DNA損傷体定量のための高感度HILIC-ESI-MS分析系の開発, 岩田 朋子,村上 博哉,堀場 瑠莉,川島 静香,金子 和弘,石濱 泰,手嶋 紀雄,江坂 幸宏,宇野 文二, 第27回バイオメディカル分析科学シンポジウム,帝京大学, , 2014年08月,  
44
DNA損傷体の高感度分析のためのオンライン濃縮CE/錯体化/ESI-MS法の開発, 大迫 亮平,榊原 崇芳,村上 博哉,川島 静香,宇野 文二,石濱 泰,鳥村 政基,廣川 健,江坂 幸宏, 日本薬学会第134年会,熊本大学, , 2014年03月,  
45
アリール置換オルトカルボランの電子状態と分子内電子移動に関する研究, 飯高 美沙, 中山 辰史, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 永澤 秀子, 宇野 文二, 日本薬学会第134年会,熊本大学, , 2014年03月,  
46
アセトアルデヒド処理による細胞内核酸アダクト形成, 平井 一行, 藤澤 豊, 倉屋 雄, 森川 敏子, 村上 博哉, 酒向 孫市, 出屋敷 喜宏, 日本薬学会第134年会,熊本大学, , 2014年03月,  
47
HILIC分離-ESI-MS/MSを用いた血漿中adenosine濃度の高感度分析手法の確立, 村上 博哉, 大谷 恵里奈, 江坂 幸宏, 青山 琢磨, 湊口 信也, 宇野 文二 , 第24回クロマトグラフィー科学会議,東京大学, , 2013年11月,  
48
金属錯体化によるEKS-CE/MS・DNA損傷体分析法の高感度化, 大迫 亮平, 榊原 崇芳, 村上 博哉, 川島 静香, 宇野 文二, 石濱 泰, 鳥村 政基, 廣川 健, 江坂 幸宏, 第33回キャピラリー電気泳動シンポジウム,日本女子大学, , 2013年11月,  
49
アセトアルデヒド存在下における核酸付加体形成, 平井 一行, 藤澤 豊, 倉屋 雄, 森川 敏子, 村上 博哉, 酒向 孫市, 出屋敷 喜宏, 平成25年度 日本薬学会東海支部例会,三重, , 2013年11月,  
50
LC-MS/MSによる網羅的DNA付加体分析のための迅速前処理手法開発に関する研究, 川島 静香, 村上 博哉, 岩田 朋子, 堀場 瑠莉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 日本分析化学会第62年会,近畿大学, , 2013年09月,  
51
損傷ヌクレオチドのCE/ESI-MS検出の高感度化に関する研究, 江坂 幸宏, 村上 博哉, 大迫 亮平, 榊原 崇芳, 宇野 文二, 石濱 泰, 廣川 健, 日本分析化学会第62年会,近畿大学, , 2013年09月,  
52
ESI-MSでの効率的な定量分析を可能にするイオン化効率予測法の確立, 村上 博哉, 中島 直彦, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本分析化学会第62年会,近畿大学, , 2013年09月,  
53
希土類錯体-非水系CE-時間分解蛍光法におけるオンライン濃縮機構, 天野 薫, 江坂 幸宏, 村上 博哉, 宇野 文二, 第32回分析化学中部夏期セミナー,石川, , 2013年08月,  
54
HILICカラム-ESI-MS/MSを用いた血漿中adenosine濃度の高感度分析法の確立, 大谷 恵里奈, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 第32回分析化学中部夏期セミナー,石川, , 2013年08月,  
55
効率的なESI-MS測定を可能にするイオン化効率測定法に関する研究, 中島 直彦, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 第32回分析化学中部夏期セミナー,石川, , 2013年08月,  
56
HILICカラムを用いた血漿中adenosine濃度の高感度分析法の確立, 村上 博哉, 大谷 恵里奈, 川島 静香, 岩田 朋子, 江坂 幸宏, 青山 琢磨, 湊口 信也, 宇野 文二 , 第26回バイオメディカル分析科学シンポジウム,昭和大学, , 2013年08月,  
57
アントラキノン上に対面して配置されたパイ共役系間の相互作用に関する研究, 福野 友里恵, 中山 辰史, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本薬学会第133年会,横浜, , 2013年03月,  
58
CEオンライン濃縮-ESI-MSによる損傷DNA塩基分析法の開発, 江坂 幸弘, 榊原 崇芳, 大迫 亮平, 岩田 朋子, 村上 博哉, 宇野 文二, 石濱 泰, 鳥村 政基, 廣川 健, 日本薬学会第133年会,横浜, , 2013年03月,  
59
逐次キャリア置換動電クロマトグラフィー法の開発, 林 文昭, 村上 博哉, 宇野 文二, 江坂 幸宏, 第23回クロマトグラフィー科学会議,岐阜, , 2012年11月,  
60
オンライン濃縮CE/MSによる核酸損傷塩基分析法の開発, 榊原 崇芳, 村上 博哉, 大迫 亮平, 河村 理恵子, 川島 静香, 宇野 文二, 金子 和弘, 石濱 泰, 鳥村 政基, 廣川 健, 江坂 幸宏, 第32回キャピラリー電気泳動シンポジウム,産業技術総合研究所関西センター, , 2012年11月,  
61
LDS/LPFOSシステムを用いた逐次異種ミセル置換動電クロマトグラフィー法の開発, 林 文昭, 村上 博哉, 宇野 文二, 江坂 幸宏, 第32回キャピラリー電気泳動シンポジウム,産業技術総合研究所関西センター, , 2012年11月,  
62
LC/MS/MSによる高精度DNA損傷体定量を目指した簡便前処理の開発, 村上 博哉, 河村 理恵子, 川島 静香, 大谷 恵里奈, 岩田 朋子, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 鳥村 政基, 石濱 泰, 第23回クロマトグラフィー科学会議,岐阜, , 2012年11月,  
63
非水溶媒中で測定される酸化還元電位の基準電位に関する研究, 瀬戸 邦匡, 中山 辰史, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本分析化学会第61年会,金沢大学, , 2012年09月,  
64
オンライン濃縮キャピラリー電気泳動による核酸損傷体の高感度分析, 江坂 幸宏, 榊原 崇芳, 大迫 亮平, 村上 博哉, 宇野 文二, 廣川 健, 日本分析化学会第61年会,金沢大学, , 2012年09月,  
65
LC/MS/MSによるDNA付加体分析のための迅速分析法の確立, 村上 博哉, 河村 理恵子, 川島 静香, 大谷 恵里菜, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 日本分析化学会第61年会,金沢大学, , 2012年09月,  
66
Functional Preconcentration Tips for DNA Adducts analysis by using LC-ESI-MS/MS , Hiroya Murakami, Mio Koguchi, Rieko Kawamura, Yukihiro Esaka, Bunji Uno, Yasushi Ishihama, 60TH ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics, Vancouver , , 2012年05月,  
67
アントラキノンの電子状態に対する直交したπ共役系の相互作用に関する研究, 福野 友里恵, 南元 早知, 村上 博哉, 中山 辰史, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本薬学会第132年会,北海道大学, , 2012年03月,  
68
非水系動電クロマトグラフィー用キャリアーとしての希土類イオンの検討, 梁川 綾住, 榊原 崇芳, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本薬学会第132年会,北海道大学, , 2012年03月,  
69
高精度DNA付加体分析に関する簡便前処理法の開発, 村上 博哉, 河村 理恵子, 川島 静香, 古口 未央, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 日本薬学会第132年会,北海道大学, , 2012年03月,  
70
網羅的DNA付加体分析を目指した迅速前処理法の開発, 河村 理恵子, 川島 静香, 古口 未央, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 村上 博哉, 石濱 泰, 第31回キャピラリー電気泳動シンポジウム,慶應義塾大学先端生命科学研究所, , 2011年11月,  
71
非水系CE-希土類錯体時間分解蛍光検出による生理活性物質の微量分析, 江坂 幸宏, 石田 由美, 梁川 綾住, 村上 博哉, 宇野 文二, 住友 慶子, 山口 佳則, 第31回キャピラリー電気泳動シンポジウム,慶應義塾大学先端生命科学研究所, , 2011年11月,  
72
アントラキノンの電子状態に対する直交したπ共役系の相互作用に関する研究, 村上 博哉, 南元 早知, 中山 辰史, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本薬学会第131年会,静岡, , 2011年03月,  
73
ESI/MSによる高感度DNA損傷体分析のためのオンライン濃縮チップ開発に関する研究, 古口 未央, 村上 博哉, 河村 理恵子, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 第30回キャピラリー電気泳動シンポジウム,岐阜, , 2010年11月,  
74
ESI/MSによるDNA損傷体分析のための全量注入型濃縮チップ開発に関する研究, 古口 未央, 村上 博哉, 炭谷 徳仁, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 日本薬学会第130年会,岡山大学, , 2010年03月,  
75
ESI/MSによるDNA塩基損傷分析のための全量注入型オンライン濃縮チップの製作, 村上 博哉, 古口 未央, 炭谷 徳仁, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 第29回キャピラリー電気泳動シンポジウム,近畿大学, , 2009年11月,  
76
DNA損傷体分析用オンライン濃縮チップ結合ESI-MSシステムの開発, 村上 博哉, 古口 未央, 炭谷 徳仁, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 石濱 泰, 日本分析化学会第58年会,北海道大学, , 2009年09月,  
77
電流増幅による超高感度電気化学検出のためのフェロセン誘導体化試薬の開発に関する研究, 山下 友香, 村上 博哉, 江坂 幸宏, 宇野 文二, 日本薬学会第129年会,京都, , 2009年03月,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
酵素処理差別化を用いたDNA付加体のオミクス分析法の開発と非侵襲的分析への展開, 学術振興会, ,  2016年 - 2018年,  
2
ESI-MSを基盤技術とした高感度DNA付加体定量手法の開発, 内藤科学技術振興財団, ,  2015年 - 現在,  
3
全DNA損傷体定量分析のための超高感度分析プラットフォームの構築, 学術振興会, ,  2013年 - 2014年,  
4
迅速癌診断のためのショットガンアダクトミクス法の開発, 越山科学技術振興財団, ,  2011年 - 2012年,  
5
簡便かつ高感度なDNA損傷体定量分析法の確立, 科学技術振興機構, ,  2011年 - 現在,  
6
超高感度DNA損傷体分析用オンライン濃縮チップ開発に関する研究, 科学技術振興機構, ,  2010年 - 現在,  

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
DNA損傷の定量,生体微量成分の定量分析,  2014年04月01日 - 現在