愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

玉森 聡 (タマモリ アキラ,TAMAMORI Akira)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Unsupervised Anomalous Sound Detection Using Intermediate Representation of Trained Models and Metric Learning Based Variational Autoencoder, Hiroki Narita, Akira Tamamori, A technical report of DCASE Challenge2021 Task2, ,   , 2021年07月, ,  
2
A sequential prediction method of quasi-periodicity based on Gaussian process state space model, Akira Tamamori, Tomoko Matsui, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit Conference 2019 (APSIPA ASC 2019), ,   , 2019年11月, ,  
3
高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験, 玉森 聡, 石黒 祥生, 廣井 慧, 河口 信夫, 武田 一哉, コンシューマ・デバイス&システム(CDS)研究会トランザクション, 9( 2), 33- 46, 2019年05月, ,  
4
Daily Activity Recognition based on Recurrent Neural Network using Multi-modal Signals, Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Tomoki Toda, Kazuya Takeda, APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, 7( e21), 1- 11, 2018年12月, 10.1017/ATSIP.2018.25[ID:DOI],  
5
AN INVESTIGATION OF MULTI-SPEAKER TRAINING FOR WAVENET VOCODER, Tomoki Hayashi, Akira Tamamori, Kazuhiro Kobayashi, Kazuya Takeda, Tomoki Toda, The 2017 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU 2017), ,   , 2017年12月, 10.1109/ASRU.2017.8269007[ID:DOI],  
6
An Investigation of Recurrent Neural Network for Daily Activity Recognition using Multi-modal Signals, Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Tomoki Toda, Kazuya Takeda, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit Conference 2017 (APSIPA ASC 2017), ,   , 2017年12月, 10.1109/APSIPA.2017.8282239[ID:DOI],  
7
Statistical voice conversion with WaveNet-based waveform generation, Kazuhiro Kobayashi, Tomoki Hayashi, Akira Tamamori, Tomoki Toda, Proceedings of the Annual Conference of the International Speech Communication Association, INTERSPEECH, 2017-,  1138- 1142, 2017年, 10.21437/Interspeech.2017-986[ID:DOI],  
8
Speaker-dependent WaveNet vocoder, Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Kazuhiro Kobayashi, Kazuya Takeda, Tomoki Toda, Proceedings of the Annual Conference of the International Speech Communication Association, INTERSPEECH, 2017-,  1118- 1122, 2017年, 10.21437/Interspeech.2017-314[ID:DOI],  
9
A Bayesian Approach to Image Recognition Based on Separable Lattice Hidden Markov Models, Kei Sawada, Akira Tamamori, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E99D( 12), 3119- 3131, 2016年12月, 10.1587/transinf.2016EDP7112[ID:DOI],  
10
Investigation on Recurrent Neural Network Architectures for Daily Activity Recognition, Akira Tamamori, Tomoki Hayashi, Tomoki Toda, Kazuya Takeda, IEEE International Conference on Universal Village 2016 (UV2016), ,   , 2016年10月, ,  
11
STATISTICAL MODELS INCLUDING NORMALIZATION PROCESSES FOR IMAGE RECOGNITION, 玉森 聡, 名古屋工業大学 博士学位論文, ,   , 2014年12月, 10.20602/00003188[ID:DOI],  
12
Image Recognition Based on Separable Lattice Trajectory 2-D HMMs, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E97D( 7), 1842- 1854, 2014年07月, 10.1587/transinf.E97.D.1842[ID:DOI],  
13
Image recognition based on separable lattice trajectory 2-D HMMS, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings, 2013 Vol.5,  3467- 3471, 2013年10月18日, 10.1109/ICASSP.2013.6638302[ID:DOI],  
14
変分ベイズ法を用いた可変固有画像モデルに基づく画像認識, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一, 電子情報学会技術研究報告 PRMU, 112( 441), 155- 160, 2013年02月21日, ,  
15
An Extension of Separable Lattice 2-D HMMs for Rotational Data Variations, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E95D( 8), 2074- 2083, 2012年08月, 10.1587/transinf.E95.D.2074[ID:DOI],  
16
変分ベイズ法を用いた分離型2次元格子HMMの学習におけるアニーリング制御の適用, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田 恵一, 情報処理学会誌, 2,  409- 410, 2012年03月, ,  
17
FACE RECOGNITION BASED ON SEPARABLE LATTICE 2-D HMMS USING VARIATIONAL BAYESIAN METHOD, Kei Sawada, Akira Tamamori, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 2012 Vol.3,  2205- 2208, 2012年, 10.1109/ICASSP.2012.6288351[ID:DOI],  
18
An extension of separable lattice 2-D HMMs for rotational data variations, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, IEICE Transactions on Information and Systems, E95-D( 8), 2074- 2083, 2012年, 10.1587/transinf.E95.D.2074[ID:DOI],  
19
変分ベイズ法を用いた分離型2次元格子HMMに基づく顔画像認識, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角 吉彦, 徳田恵一, 電子情報通信学会技術研究報告, 111( 317), 125- 130, 2011年11月, ,  
20
AN EXTENSION OF SEPARABLE LATTICE 2-D HMMS FOR ROTATIONAL DATA VARIATIONS, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, 2010 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, 2010 Vol.3,  2206- 2209, 2010年, 10.1109/ICASSP.2010.5495735[ID:DOI],  
21
FACE RECOGNITION BASED ON SEPARABLE LATTICE 2-D HMM WITH STATE DURATION MODELING, Yoshiaki Takahashi, Akira Tamamori, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, 2010 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, 2010 Vol.3,  2162- 2165, 2010年, 10.1109/ICASSP.2010.5495625[ID:DOI],  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
WaveNetボコーダを用いた統計的音声変換法, 小林 和弘, 林 知樹, 玉森 聡, 戸田 智基, 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting, 48( 1), 87- 92, 2018年01月20日,  
2
WaveNetボコーダを用いた統計的音声変換法 (音声), 小林 和弘, 林 知樹, 玉森 聡, 戸田 智基, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 117( 393), 87- 92, 2018年01月20日,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
声からキャラクターを生み出そう! ー音声識別を組み合わせたGANモデルの研究ー, 立松 礼利, 玉森 聡, 令和2年度 電子情報通信学会 東海支部 卒業研究発表会, オンライン, 2021年03月05日, 電子情報通信学会 東海支部 
2
国際会議Interspeech2018報告, 高木 信二, 安藤 厚志, 越智 景子, 沢田 慶, 塩田 さやか, 鈴木 雅之, 玉森 聡, 俵 直弘, 福田 隆, 増村 亮, 第126回音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP), , 2019年02月,  
3
高齢者支援に向けた実験オペレータと同時複数人の半自動対話システムの実現, 榮井 優介, 石黒 祥生, 玉森 聡, 廣井 慧, 河口 信夫, 武田 一哉, 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ シンポジウム 2018, , 2018年12月,  
4
高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験, 玉森 聡, 石黒祥生, 廣井慧, 河口信夫, 武田一哉, コンシューマ・デバイス&システム(CDS)研究会, , 2018年08月,  
5
Estimating Subjective Driving Risk Feeling using Random Forest, Naren Bao, Chiyomi Miyazima, Akira Tamamori, Eijiro Takeuchi, Kazuya Takeda, 2018年 電子情報通信学会 総合大会, , 2018年03月,  
6
WaveNet ボコーダにおける学習データ量の影響に関する調査, 林 知樹, 小林 和弘, 玉森 聡, 武田 一哉, 戸田 智基, 日本音響学会2018年春季研究発表会, , 2018年03月,  
7
国際会議Interspeech2017報告, 高木 信二, 倉田 岳人, 郡山 知樹, 塩田 さやか, 鈴木 雅之, 玉森 聡, 俵 直弘, 中鹿 亘, 福田 隆, 増村 亮, 森勢 将雅, 山岸 順一, 山本 克彦, 第120回音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP), , 2018年02月,  
8
WaveNetボコーダを用いた統計的音声変換法, 小林 和弘, 林 知樹, 玉森 聡, 戸田 智基, 電子情報通信学会技術研究報告, , 2018年01月,  
9
複数話者WaveNetボコーダに関する調査, 林 知樹, 小林 和弘, 玉森 聡, 武田 一哉, 戸田 智基, 電子情報通信学会技術研究報告, , 2018年01月,  
10
WaveNet ボコーダ学習における複数話者音声データの利用に関する検討, 林 知樹, 玉森 聡, 小林 和弘, 武田 一哉, 戸田 智基, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, , 2017年09月,  
11
音声生成過程を考慮したWaveNetに基づく音声波形合成法, 玉森 聡, 林 知樹, 戸田 智基, 武田 一哉, 音声研究会,電子情報通信学会 技術研究報告, , 2017年03月,  
12
日常生活行動認識のためのRecurrent Neural Network構造の調査, 玉森 聡, 林 友樹, 戸田 智基, 武田 一哉, 日本音響学会春季研究発表会, , 2016年09月,  
13
Recurrent Neural Networkに基づく日常生活行動認識, 玉森 聡, 林 知樹, 戸田 智基, 武田 一哉, 音声研究会,電子情報通信学会 技術報告, , 2016年08月,  
14
サポートベクトルマシンを用いた自動人相判別の検討, 玉森 聡, 松井 知子, 相田 満, 情報処理学会 第78回全国大会, , 2016年03月,  
15
ガウス過程状態空間モデルに基づく準周期的な非線形現象の予測手法の検討, 玉森 聡, 松井 知子, 北沢 真澄, 電子情報通信学会技術研究報告(PRMU), , 2015年06月18日,  
16
変分ベイズ法を用いた可変固有画像モデルに基づく画像認識, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一, 電子情報学会技術研究報告 PRMU, , 2013年02月21日,  
17
変分ベイズ法を用いた分離型2次元格子HMMの学習におけるアニーリング制御の適用, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一, 情報処理学会全国大会講演論文集, , 2012年03月,  
18
変分ベイズ法を用いた分離型2次元格子HMMに基づく顔画像認識, 沢田慶, 玉森聡, 橋本佳, 南角吉彦, 徳田恵一, 電子情報通信学会技術研究報告, , 2011年11月17日,  
19
状態継続長を考慮した分離型2次元格子HMMによる顔画像認識, 高橋良彰, 玉森聡, 南角吉彦, 徳田恵一, 情報処理学会研究報告, , 2009年03月06日,  
20
回転変動を考慮した分離型2次元格子HMMによる顔画像認識, 玉森聡, 南角吉彦, 徳田恵一, 情報処理学会研究報告, , 2009年03月06日,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2021年03月25日, 日本音響学会東海支部, 学会活動貢献賞,  
2
2021年03月, 電子情報通信学会 東海支部, 卒業研究発表賞, 声からキャラクターを生み出そう! ー音声識別を組み合わせたGANモデルの研究ー 

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
ロバスト統計を考慮した深層距離学習と強化学習の統合に基づく異常音検知手法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究,  2021年04月 - 2025年03月,  
2
異常音検知のための統計的機械学習アルゴリズムの研究開発, 公益財団法人 市原国際奨学財団, 2021年度研究助成,  2021年04月 - 2022年03月,  
3
素形材製造機器における異常音検知のための機械学習手法の検討, 公益財団法人 永井科学技術財団, 2019年度(第37回)素形材融合分野奨励金,  2020年04月 - 2021年03月,  
4
スマートセンサデータに対する選択的プライバシー保護に関する研究, 日比科学技術振興財団, 令和元年度 研究助成(一般課題),  2019年05月 - 2020年05月,  
5
ガウス過程状態空間モデルと深層学習を用いた非言語的情報のモ デル化、およびそれらに基づくマルチモーダル対話システムの開発, 公益財団法人 日東学術振興財団, 第35回(2018年度)研究助成,  2019年04月 - 2020年03月,  
6
ガウス過程を用いた状態空間モデルに基づく非言語的情報のモデル化, 新領域融合研究センター, 平成26年度 融合研究シーズ探索提案,  2014年11月 - 2015年03月,  
7
月経周期と基礎体温に基づく女性健康予報システムの研究開発, 独立行政法人情報通信研究機構(NICT), ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発,  2014年04月 - 2016年03月,  

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
音メディア情報処理,  2018年04月 - 現在 
2
信号処理,  2018年04月 - 現在