愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

石黒 満津夫 (イシグロ ミツオ,ISHIGURO Mitsuo)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Parametric study for directional stability of tumbling plates by wind tunnel testing, 石黒満津夫,三宅慶明, JOURNAL OF THE INSTITUTE OF INDUSTRIAL APPLICATIONS ENGINEERS, 10( 1), 1- 10, 2022年01月25日, ,  
2
Proposal of a method to measure aerodynamic forces without using force sensors in wind tunnel testing of tumbling plates, 石黒満津夫, 三宅慶明, Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers, 9( 3), 75- 84, 2021年07月25日, ,  
3
Experimental Study on Directional Stability of Tumbling Plate, 石黒満津夫, 三宅慶明, Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers, 9( 1), 1- 8, 2021年01月25日, ,  
4
紙吹雪の浮揚安定性を題材とした品質工学教育の手法改善 -望目特性から動特性へ-, 石黒満津夫, 三宅慶明, 品質工学, 28( 6), 51- 59, 2020年12月, ,  
5
三次元基本形状模型のダイナミックリフト風洞試験(揚力測定及び可視化試験), 平野弘人,真保雄一,石黒満津夫,谷口雅巳, 日本航空宇宙学会誌, 48( 561), 567- 572, 2000年10月, ,  
6
電離を考慮した高エンタルピーノズルの設計, 石黒満津夫, 中村佳朗, 日本航空宇宙学会誌, 44( 507), 227- 233, 1996年04月, ,  
7
ノズル内における高エンタルピー気流の電離特性に関する実験的考察, 石黒満津夫, 中村佳朗, 日本航空宇宙学会誌, 43( 501), 586- 592, 1995年10月, ,  
8
アーク加熱風洞気流の電離特性について, 石黒満津夫, 中村佳朗, 日本航空宇宙学会誌, 43( 499), 467- 472, 1995年08月, ,  
9
高エンタルピー気流のノズル内部流特性について, 石黒満津夫, 川添博光, 中村佳朗, 小原正徳, 流体熱工学研究, 21( 1), 47- 54, 1986年05月, ,  
10
ψ-ω法による非圧縮性流れの数値解析, 石黒満津夫, 中村佳朗, 保原充, 流体熱工学研究, 21( 1), 47- 54, 1986年05月, ,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
Evaluation of several calibration techniques for pressure sensitive paint in transonic testing, 石黒満津夫, Yuichi Shimbo, Keisuke Asai, Hiroshi Kanda, Yoshimi Iijima, Nobuyoshi Komatsu, Shinya Kita, Mitsuo Ishiguro, , 1998年06月, AIAA 
2
Flow separation inside conical nozzle of an arc heated wind tunnel, MitsuoIshiguro, Yoshiaki Nakamura, Masahiko Shimizu Hiromitsu Kawazoe, 18th AIAA Aerospace Ground Testing Conference, , 1994年06月, AIAA 

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2002年03月, 日本航空宇宙学会, 技術賞, 開発風洞試験のための感圧塗料技術の開発 
2
1993年03月, 防衛省, 防衛技術論文賞, コンピュータ画像処理を応用した風洞試験―新気流可視化システムの開発