愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

功刀 峻 (クヌギ シュン,KUNUGI Shun)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Acute changes in motor unit discharge property after concentric versus eccentric contraction exercise in knee extensor, Tetsuya Hirono, Shun Kunugi, Akane Yoshimura, Aleš Holobar, Kohei Watanabe, Journal of Electromyography and Kinesiology, 67,  102704- 102704, 2022年12月, 10.1016/j.jelekin.2022.102704[ID:DOI],  
2
Motor unit firing patterns of lower leg muscles during isometric plantar flexion with flexed knee joint position., Shun Kunugi, Aleš Holobar, Tsutomu Kodera, Heishiro Toyoda, Kohei Watanabe, Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology, 67,  102720- 102720, 2022年12月, 10.1016/j.jelekin.2022.102720[ID:DOI],  
3
Comparisons in muscle compound action potential parameters measured during standing, walking, and running., Kohei Watanabe, Shun Kunugi, Journal of biomechanics, 145,  111380- 111380, 2022年12月, 10.1016/j.jbiomech.2022.111380[ID:DOI],  
4
Impact of muscle echo intensity on post‐exercise blood pressure response in older normotensive and hypertensive females: Pilot study, Ryosuke Takeda, Tetsuya Hirono, Akito Yoshiko, Shun Kunugi, Masamichi Okudaira, Saeko Ueda, Kohei Watanabe, Physiological Reports, 10( 21), e15514- , 2022年11月, 10.14814/phy2.15514[ID:DOI]https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.14814/phy2.15514 
5
Physiological adaptations following vigorous exercise and moderate exercise with superimposed electrical stimulation., Kohei Watanabe, Akane Yoshimura, Hiroya Nojima, Tetsuya Hirono, Shun Kunugi, Tatsuya Takada, Shuhei Kawade, Toshio Moritani, European journal of applied physiology, 123( 1), 159- 168, 2022年10月10日, 10.1007/s00421-022-05065-4[ID:DOI],  
6
Neuromuscular characteristics of front and back legs in junior fencers., Kohei Watanabe, Akane Yoshimura, Aleš Holobar, Daichi Yamashita, Shun Kunugi, Tetsuya Hirono, Experimental brain research, 240( 7-8), 2085- 2096, 2022年06月30日, 10.1007/s00221-022-06403-w[ID:DOI],  
7
Association of Muscle Strength With Muscle Thickness and Motor Unit Firing Pattern of Vastus Lateralis Muscle in Youth Athletes, Akane Yoshimura, Shun Kunugi, Tetsuya Hirono, Hiroya Nojima, Saeko Ueda, Aleš Holobar, Yukiko Mita, Kohei Watanabe, International Journal of Sports Physiology and Performance, 17( 12), 1- 7, 2022年, 10.1123/ijspp.2022-0094[ID:DOI]https://journals.humankinetics.com/downloadpdf/journals/ijspp/aop/article-10.1123-ijspp.2022-0094/article-10.1123-ijspp.2022-0094.xml 
8
Motor unit firing patterns on increasing force during force and position tasks., Shun Kunugi, Ales Holobar, Tsutomu Kodera, Heishiro Toyoda, Kohei Watanabe, Journal of neurophysiology, 126( 5), 1653- 1659, 2021年10月20日, 10.1152/jn.00299.2021[ID:DOI],  
9
Male collegiate soccer athletes with severe ankle laxity display increased knee abduction during side-cutting tasks compared to those with only perceived ankle instability., Shun Kunugi, Takashi Koumura, Ryota Myotsuzono, Akihiko Masunari, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Naoki Mukai, Research in sports medicine, 29( 6), 547- 556, 2021年09月, 10.1080/15438627.2021.1917407[ID:DOI],  
10
Association between passive stiffness of hamstring and eccentric knee flexion angle-torque relationship, Satoru Nishida, Shun Kunugi, Kiyoshi Maehara, Shumpei Miyakawa, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 10( 4), 205- 211, 2021年07月25日, 10.7600/jpfsm.10.205[ID:DOI],  
11
Differences in Muscle Activities and Kinematics between Forefoot Strike and Rearfoot Strike in the Lower Limb during 180° Turns., Naruto Yoshida, Shun Kunugi, Takehiro Konno, Akihiko Masunari, Satoru Nishida, Takashi Koumura, Naoyuki Kobayashi, Shumpei Miyakawa, International journal of sports physical therapy, 16( 3), 715- 723, 2021年06月01日, 10.26603/001c.23551[ID:DOI],  
12
Ankle laxity affects ankle kinematics during a side-cutting task in male collegiate soccer athletes without perceived ankle instability., Shun Kunugi, Takashi Koumura, Ryota Myotsuzono, Akihiko Masunari, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Naoki Mukai, Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine, 46,  89- 96, 2020年11月, 10.1016/j.ptsp.2020.08.012[ID:DOI],  
13
Directions of single-leg landing affect multi-segment foot kinematics and dynamic postural stability in male collegiate soccer athletes., Shun Kunugi, Takashi Koumura, Ryota Myotsuzono, Akihiko Masunari, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Naoki Mukai, Gait & posture, 80,  285- 291, 2020年07月, 10.1016/j.gaitpost.2020.06.007[ID:DOI],  
14
Effect of change in passive stiffness following low-intensity eccentric hamstring exercise on peak torque angle., Satoru Nishida, Tsubasa Tomoto, Shun Kunugi, Shumpei Miyakawa, Journal of physical therapy science, 30( 12), 1434- 1439, 2018年12月, 10.1589/jpts.30.1434[ID:DOI],  
15
Altered lower limb kinematics and muscle activities in soccer players with chronic ankle instability., Shun Kunugi, Akihiko Masunari, Takashi Koumura, Akihisa Fujimoto, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine, 34,  28- 35, 2018年11月, 10.1016/j.ptsp.2018.08.003[ID:DOI],  
16
Association between Cumberland Ankle Instability Tool score and postural stability in collegiate soccer players with and without functional ankle instability., Shun Kunugi, Akihiko Masunari, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine, 32,  29- 33, 2018年07月, 10.1016/j.ptsp.2018.03.002[ID:DOI],  
17
Cross-cultural adaptation, reliability, and validity of the Japanese version of the Cumberland ankle instability tool., Shun Kunugi, Akihiko Masunari, Byungjoo Noh, Toshio Mori, Naruto Yoshida, Shumpei Miyakawa, Disability and rehabilitation, 39( 1), 50- 58, 2017年01月, 10.3109/09638288.2016.1138555[ID:DOI],  
18
Postural stability and lower leg muscle activity during a diagonal single-leg landing differs in male collegiate soccer players with and without functional ankle instability, Kunugi S, Masunari A, Yoshida N, Miyakawa S, Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 6( 4), 257- 265, 2017年, ,  
19
Altered kinematics and muscle activity during heel rise in individuals with or without functional ankle instability, Masunari A, Kunugi S, Yoshida N, Miyakawa S, Clinical Research on Foot & Ankle, 5( 2), 1- 5, 2017年, ,  
20
足関節不安定性に対する円皮鍼貼付が腓骨筋反応時間に与える影響, 近藤 宏, 功刀 峻, 吉田 成仁, 藤本 英樹, 宮川 俊平, 宮本 俊和, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 65回,  176- 176, 2016年05月, ,  
21
Effect of Forefoot Strike on Lower Extremity Muscle Activity and Knee Joint Angle During Cutting in Female Team Handball Players., Naruto Yoshida, Shun Kunugi, Sonoko Mashimo, Yoshihiro Okuma, Akihiko Masunari, Shogo Miyazaki, Tatsuya Hisajima, Shumpei Miyakawa, Sports medicine - open, 2( 32), 32- 32, 2015年06月, ,  
22
腰痛を有するスポーツ選手に対する鍼治療に関する文献レビュー, 近藤 宏, 吉田 成仁, 功刀 峻, 泉 重樹, 金子 泰久, 櫻庭 陽, 宮本 俊和, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 64回,  225- 225, 2015年05月, ,  
23
Cumberland ankle instability toolによる足関節機能的不安定症の選別, 功刀 峻, 増成 暁彦, 吉田 成仁, 宮川 俊平, 体力科学, 63( 6), 709- 709, 2014年12月, ,  
24
女子ハンドボール選手におけるカッティング動作時の下肢筋活動と膝関節外反角度の関連性, 石森 七海, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 功刀 峻, 久島 達也, 宮崎 彰吾, 高橋 秀則, 宮川 俊平, 体力科学, 62( 6), 489- 489, 2013年12月, ,  
25
異なる器具を用いたバランストレーニング時の下腿筋活動量の検討, 松葉 開, 功刀 峻, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 福田 崇, 宮川 俊平, 体力科学, 62( 6), 492- 492, 2013年12月, ,  
26
腰部脊柱起立筋への鍼施術が体幹周囲筋の反応時間に及ぼす影響, 近藤 宏, 吉田 成仁, 功刀 峻, 泉 重樹, 櫻庭 陽, 宮本 俊和, 森山 朝正, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 62回,  97- 97, 2013年06月, ,  
27
Changes in the muscle reaction time of ankle periarticular muscles by balance training, Yoshida N, Kobayashi N, Masunari A, Kunugi S, Miyamoto T, Ishii T, Miyakawa S, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2( 4), 493- 500, 2013年, ,  
28
足関節不安定性を有する者における片脚起立時の下腿筋活動, 増成 暁彦, 湯山 諒平, 功刀 峻, 吉田 成仁, 盧 炳周, 近藤 宏, 宮川 俊平, 体力科学, 61( 6), 727- 727, 2012年12月, ,  
29
足関節機能的不安定性を有する脚の腓骨筋特性 周波数に着目して, 功刀 峻, 増成 暁彦, 吉田 成仁, 近藤 宏, 宮川 俊平, 体力科学, 61( 6), 731- 731, 2012年12月, ,  
30
バランストレーニングが足関節周囲筋の筋連鎖反応に与える影響, 吉田 成仁, 石井 朝夫, 小林 直行, 増成 暁彦, 功刀 峻, 久島 達也, 高橋 秀則, 宮本 俊和, 宮川 俊平, 日本足の外科学会雑誌, 33( 2), S213- S213, 2012年09月, ,  
31
女性アスリートの片脚ジャンプ着地時におけるハムストリングスの筋活動, 中島 彩乃, 山口 こもよ, 吉田 成仁, 久島 達也, 高橋 秀則, 功刀 峻, 近藤 宏, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 61回,  254- 254, 2012年06月, ,  
32
足関節機械的不安定性を有する者に対する不安定板トレーニングの効果, 功刀 峻, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 宮川 俊平, 向井 直樹, 白木 仁, 竹村 雅裕, 宮本 俊和, 近藤 宏, 日本臨床スポーツ医学会誌, 19( 4), S167- S167, 2011年10月, ,  
33
足関節不安定性を有するサッカー選手の特徴, 増成 暁彦, 功刀 峻, 吉田 成仁, 小林 直行, 近藤 宏, 宮川 俊平, 日本臨床スポーツ医学会誌, 19( 4), S168- S168, 2011年10月, ,  
34
足関節不安定性が全身反応時間とリバウンドドロップジャンプに及ぼす影響, 吉田 成仁, 宮川 俊平, 白木 仁, 向井 直樹, 竹村 雅裕, 小林 直行, 増成 暁彦, 石森 卓, 鈴木 勇気, 功刀 峻, 宮崎 彰吾, 高橋 和文, 久島 達也, 高橋 秀則, 体力科学, 59( 6), 769- 769, 2010年12月, ,  
35
不安定板トレーニングがバランス能力に及ぼす影響, 増成 暁彦, 宮川 俊平, 向井 直樹, 竹村 雅裕, 小林 直行, 吉田 成仁, 功刀 峻, 鈴木 勇気, 盧 炳周, 体力科学, 59( 6), 778- 778, 2010年12月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
自動車運転を模した膝屈曲姿勢における足関節底屈筋の運動単位発火特性, 功刀 峻, 小寺 力, 豊田 平四郎, 渡邊 航平, 体力科学, 70( 4), 282- 282, 2021年08月,  
2
足趾トレーニングが足部形態に与える影響 立位撮影機能搭載型MRIを用いて, 名頭薗 亮太, 丸山 将史, 功刀 峻, 宮川 俊平, 靴の医学, 34( 1), 48- 48, 2020年09月,  
3
円皮鍼施術が大学サッカー選手の動的バランス能力に与える影響, 堀田 直哉, 近藤 宏, 功刀 峻, 三原 健朗, 白石 一博, 藤本 英樹, 日本東洋医学系物理療法学会誌, 43( 1), 33- 33, 2018年02月,  
4
あん摩施術が大学サッカー選手の動的バランス能力に与える影響, 三原 健朗, 近藤 宏, 功刀 峻, 堀田 直哉, 白石 一博, 藤本 英樹, 日本東洋医学系物理療法学会誌, 43( 1), 34- 34, 2018年02月,  
5
足関節不安定性に対する円皮鍼貼付が腓骨筋反応時間に与える影響, 近藤 宏, 功刀 峻, 吉田 成仁, 藤本 英樹, 宮川 俊平, 宮本 俊和, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 65回,  176- 176, 2016年05月,  
6
腰痛を有するスポーツ選手に対する鍼治療に関する文献レビュー, 近藤 宏, 吉田 成仁, 功刀 峻, 泉 重樹, 金子 泰久, 櫻庭 陽, 宮本 俊和, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 64回,  225- 225, 2015年05月,  
7
腹横筋の筋厚の左右差と静的・動的バランスの関連, 平野 健大, 西田 智, 功刀 峻, 前原 淳, 宮川 俊平, 体力科学, 63( 6), 620- 620, 2014年12月,  
8
Cumberland ankle instability toolによる足関節機能的不安定症の選別, 功刀 峻, 増成 暁彦, 吉田 成仁, 宮川 俊平, 体力科学, 63( 6), 709- 709, 2014年12月,  
9
短時間のスタビライゼーションエクササイズが閉眼片脚立位姿勢制御に及ぼす即時効果, 中島亮一, 功刀峻, 前原淳, 竹村雅裕, 向井直樹, 白木仁, 宮川俊平, 体力科学, 63( 6), 658- 658, 2014年,  
10
片脚立位姿勢制御に及ぼすサイドブリッジの即時効果について, 加藤 裕, 増成 暁彦, 功刀 峻, 宮川 俊平, 体力科学, 62( 6), 637- 637, 2013年12月,  
11
女子ハンドボール選手におけるカッティング動作時の下肢筋活動と膝関節外反角度の関連性, 石森 七海, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 功刀 峻, 久島 達也, 宮崎 彰吾, 高橋 秀則, 宮川 俊平, 体力科学, 62( 6), 489- 489, 2013年12月,  
12
異なる器具を用いたバランストレーニング時の下腿筋活動量の検討, 松葉 開, 功刀 峻, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 福田 崇, 宮川 俊平, 体力科学, 62( 6), 492- 492, 2013年12月,  
13
腰部脊柱起立筋への鍼施術が体幹周囲筋の反応時間に及ぼす影響, 近藤 宏, 吉田 成仁, 功刀 峻, 泉 重樹, 櫻庭 陽, 宮本 俊和, 森山 朝正, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 62回,  97- 97, 2013年06月,  
14
足関節機能的不安定性を有する脚の腓骨筋特性 周波数に着目して, 功刀 峻, 増成 暁彦, 吉田 成仁, 近藤 宏, 宮川 俊平, 体力科学, 61( 6), 731- 731, 2012年12月,  
15
足関節不安定性を有する者における片脚起立時の下腿筋活動, 増成 暁彦, 湯山 諒平, 功刀 峻, 吉田 成仁, 盧 炳周, 近藤 宏, 宮川 俊平, 体力科学, 61( 6), 727- 727, 2012年12月,  
16
バランストレーニングが足関節周囲筋の筋連鎖反応に与える影響, 吉田 成仁, 石井 朝夫, 小林 直行, 増成 暁彦, 功刀 峻, 久島 達也, 高橋 秀則, 宮本 俊和, 宮川 俊平, 日本足の外科学会雑誌, 33( 2), S213- S213, 2012年09月,  
17
鍼刺激が安静時の唾液量と分泌型免疫グロブリンAに及ぼす影響, 花岡 裕吉, 佐藤 卓弥, 藤本 英樹, 功刀 峻, 佐藤 厚志, 畠山 郁子, 宮本 俊和, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 61回,  199- 199, 2012年06月,  
18
女性アスリートの片脚ジャンプ着地時におけるハムストリングスの筋活動, 中島 彩乃, 山口 こもよ, 吉田 成仁, 久島 達也, 高橋 秀則, 功刀 峻, 近藤 宏, 全日本鍼灸学会学術大会抄録集, 61回,  254- 254, 2012年06月,  
19
足関節機械的不安定性を有する者に対する不安定板トレーニングの効果, 功刀 峻, 吉田 成仁, 増成 暁彦, 宮川 俊平, 向井 直樹, 白木 仁, 竹村 雅裕, 宮本 俊和, 近藤 宏, 日本臨床スポーツ医学会誌, 19( 4), S167- S167, 2011年10月,  
20
足関節不安定性を有するサッカー選手の特徴, 増成 暁彦, 功刀 峻, 吉田 成仁, 小林 直行, 近藤 宏, 宮川 俊平, 日本臨床スポーツ医学会誌, 19( 4), S168- S168, 2011年10月,  
21
足関節不安定性が全身反応時間とリバウンドドロップジャンプに及ぼす影響, 吉田 成仁, 宮川 俊平, 白木 仁, 向井 直樹, 竹村 雅裕, 小林 直行, 増成 暁彦, 石森 卓, 鈴木 勇気, 功刀 峻, 宮崎 彰吾, 高橋 和文, 久島 達也, 高橋 秀則, 体力科学, 59( 6), 769- 769, 2010年12月,  
22
不安定板トレーニングがバランス能力に及ぼす影響, 増成 暁彦, 宮川 俊平, 向井 直樹, 竹村 雅裕, 小林 直行, 吉田 成仁, 功刀 峻, 鈴木 勇気, 盧 炳周, 体力科学, 59( 6), 778- 778, 2010年12月,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2021年06月, 日本バイオメカニクス学会, 第3回彗ひろば発表賞,  
2
2017年03月, 筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻, 優秀論文賞,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
慢性足関節不安定症が要因となる下肢関節スポーツ傷害の予防-足部動態に着目して-, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,  2018年 - 2020年,