愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

福森 健三 (フクモリ ケンゾウ,FUKUMORI Kenzo)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
新版ゴム技術のABC 第2版, 福森健三, 日本ゴム協会東海支部, 2017年05月26日, ,  
2
放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術~フィラー、封止材料、基板、シート、接着・接合材料~, 福森健三, 技術情報協会, 2017年01月31日, ,  
3
高熱伝導樹脂の設計・開発, 福森健三, シーエムシー出版, 2016年12月22日, ,  
4
XAFS/EELSによる局所構造解析・状態分析技術, 福森健三, 情報機構, 2014年09月29日, ,  
5
カーボンナノチューブ応用最前線, 福森健三, シーエムシー出版, 2014年06月30日, ,  
6
精密高分子の基礎と実用化技術, 福森健三, シーエムシー出版, 2008年11月28日, ,  
7
高分子架橋と分解の新展開, 福森健三, シーエムシー出版, 2007年07月20日, ,  
8
高分子の寿命予測と長寿命化技術, 福森健三, エヌ・ティー・エス, 2002年10月26日, ,  
9
⾼分⼦の寿命予測と⻑寿命化技術, 松田雅敏, 福森健三, エヌ・ティー・エス, 2002年10月26日, ,  
10
ゴム技術の基礎(新版), 福森健三, 日本ゴム協会, 2002年01月, ,  
11
エラストマ-の耐候(光)性 -第一次共同研究報告-, 福森健三, 倉内紀雄, 武蔵野クリエイト, 1994年07月03日, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Investigation of Non-Thermodynamical CO2 Adsorption Behavior for Amine-Modified Nanoporous Silica, Kazuhisa Yano, Norihiko Setoyama, Kenzo Fukumori,  Advances in Materials Physics and Chemistry, 10( 3), 53- 62, 2020年03月25日, ,  
2
Nano-structure of organic-inorganic layered hybrids characterized by small-angle scattering of X-rays and neutrons, Masashi Harada, Masaaki Tani, Kenzo Fukumori, Materials Letters, 253,  102- 104, 2019年10月15日, ,  
3
Polyamide 6 and high molecular weight phenol novolac blend having excellent mechanical properties in humid conditions, Takayuki Hirai, Kenzo Fukumori, Taiji Ikawa, Tetsuya Oda, J. Thermoplastic Composite Materials, 32( 6), 778- 794, 2019年06月01日, ,  
4
硫黄架橋EPDMの熱酸化挙動に関する研究-引張破壊伸長比と平均T2緩和時間の関係, 福森健三, 青木良文, 光岡拓哉, 日本ゴム協会誌, 91( 8), 293- 300, 2018年08月15日, ,  
5
Design and fabrication of morphologically controlled carbon nanotube/ polyamide-6-based composites as electrically insulating materials having enhanced thermal conductivity and elastic modulus, Takuya Morishita, Yoshihide Katagiri, Takuro Matsunaga, Yoshimi Muraoka, Kenzo Fukumori, Composites Science and Technology, 142,  41- 49, 2017年04月, ,  
6
カーボンブラックの粒径がゴムの振動特性に及ぼす影響, 清水陽平 , 原田雅史 , 福森健三, 光岡拓哉 , 古橋資丈 , 臼杵功雄 , 濵田和生 , 自動車技術会論文集, 47( 1), 209- 213, 2016年01月, ,  
7
A high-yield ionic liquid-promoted synthesis of boron nitride nanosheets by direct exfoliation, Takuya Morishita, Hirotaka Okamoto, Yoshihide Katagiri, Mitsumasa Matsushita, Kenzo Fukumori, Chemical Communications, 51,  12068- 12070, 2015年06月, ,  
8
Water-enhanced Adhesion at Interface in Immiscible Bilayer Film of Polystyrene and Poly(methyl methacrylate), Masashi Harada, Tomoyuki Koga, Knezo Fukumori, Jun Sugiyama, Thomas Geue, Journal of Physics: Conference Series, 502( 1), 2049- , 2014年04月, ,  
9
ポリフェニレンサルファイド樹脂の高次構造とトルエン膨潤性, 高倉朗 , 小島和重 , 後藤伸哉 , 漆原勝 , 原田雅史 , 岡本浩孝 , 福森健三 , 成形加工, 25( 10), 489- 492, 2013年10月, ,  
10
Effects of the composition and molecular weight of maleimide polymers on the dispersibility of carbon nanotubes in chloroform, Takuya Morishita, Mitsumasa Matsushita, Yoshihide Katagiri, Kenzo Fukumori, Carbon, 49( 15), 5185- 5195, 2011年12月, ,  
11
A novel Morphological Model for Carbon Nanotube/Polymer Composites Having High Thermal Conductivity and Electrical Insulation, Takuya Morishita, Mitsumasa Matsushita, Yoshihide Katagiri, Kenzo Fukumori, J. Materials Chemistry, 21( 15), 5610- 5614, 2011年04月, ,  
12
Noncovalent functionalization of carbon nanotubes with maleimide polymers applicable to high-melting polymer-based composites, Takuya Morishita, Mitsumasa Matsushita, Yoshihide Katagiri, Kenzo Fukumori, Carbon, 48( 8), 2308- 2316, 2010年07月, ,  
13
Synthesis and properties of macromer-grafted polymers for noncovalent functionalization of multiwalled carbon nanotubes, Takuya Morishita, Mitsumasa Matsushita, Yoshihide Katagiri, Kenzo Fukumori, Carbon, 47( 11), 2716- 2726, 2009年09月, ,  
14
Development of Novel Recycling Technology for Automobile Rubber Waste, Kenzo Fukumori, Mitsumasa Matsushita, Hirotaka Okamoto, Norio Sato, Katsumasa Takeuchi, Yasuyuki Suzuki, Proc. FISTA 2006, Yokohama, Japan, F2006M134,   , 2006年10月, ,  
15
New Porphyrin-Based Metal−Organic Framework with High Porosity:  2-D Infinite 22.2-Å Square-Grid Coordination Network, Tetsushi Ohmura, Arimitsu Usuki, Kenzo Fukumori, Takashi Ohta, Mikinao Ito, Kazuyuki Tatsumi, Inorganic Chemistry, 45( 20), 7988- 7990, 2006年09月, ,  
16
Dynamic Devulcanization and Dynamic Vulcanization for Recycling of Crosslinked Rubber, Kenzo Fukumori, Mitsumasa Matsushita, Katsumasa Takeuchi, Yasuyuki Suzuki, Kautschuk Gummi Kunststoffe, 59( 7), 405- 411, 2006年07月, ,  
17
Dynamic Devulcanization and Dynamic Vulcanization for Recycling of Crosslinked Rubbe, Kenzo Fukumori, Norio Sato, Proc. International Rubber Conference 2005 Yokohama, Japan, 27-S4-I-01,   , 2005年10月, ,  
18
New Surface Treatment of Polymers by Simultaneous Exposure to Vacuum Ultra-Violet Light and Nanometer-Sized Particles, Hirozumi Azuma, Akihiro Takeuchi, Nobuo Kamiya, Tadashi Ito, Makoto Kato, Soichi Shirai, Takeshi Narita, Kenzo Fukumori, Kazuyuki Tachi, Takaaki Matsuoka , Japanese Journal of Applied Physics , 43( 2), L1250- , 2004年09月, ,  
19
Development of a New Production Method for a Polypropylene-clay Nanocomposite, Makoto Kato, Mitsumasa Matsushita, Kenzo Fukumori, Polymer Engineering & Science, 44( 7), 1205- 1211, 2004年07月, ,  
20
A New Material Recycling Technology for Automobile Rubber Waste, Kenzo Fukumori, Mitsumasa Matsushita, Hirotaka Okamoto, Norio Sato, Katsumasa Takeuchi, Yasuyuki Suzuki , SAE Technical Paper , 2003-01-2775,   , 2003年10月, ,  
21
The Technology to Produce Thermoplastic Elastomer Based on Waste Rubber,  Y. Tanaka, T. Watanabe, T. Okita, M. Matsushita, H. Okamoto, K. Fukumori, N. Suzuki, Y. Suzuki , SAE Technical Paper , 2003-01-094,   , 2003年03月, ,  
22
Recycling technology of tire rubber, Kenzo Fukumori, Mitsumasa Matsushita, Hirotaka Okamoto, Norio Sato, Yasuyuki, Katsumasa Takeuchi, JSAE Review, 23( 2), 259- 264, 2002年04月, ,  
23
市場回収した自動車用ウェザストリップの再生, 毛利誠 , 佐藤紀夫 , 岡本浩孝 , 松下光正 , 福森健三 , 杉本正俊 , 本多秀亘 , 中島克己 , 竹内勝政 , 日本ゴム協会誌, 74( 3), 118- 119, 2001年03月15日, ,  
24
New Continuous Recycling Technology of Vulcanized Rubbers, Kenzo Fukumori, Makoto Mouri, Mitsumasa Matsushita, Hirotaka Okamoto, Norio Sato, Y. Suzuki, M. Oowaki, H. Honda, K. Nakashima, Gummi FASERN Kunststoffe, 54( 1), 48- 53, 2001年01月, ,  
25
マイレン酸変性を伴う加硫ゴムの脱硫反応, 岡本浩孝, 佐藤紀夫, 毛利誠 , 松下光正, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 73( 12), 647- 652, 2000年12月15日, ,  
26
過酸化物架橋EPDMの再生条件と加硫再生ゴム物性, 毛利誠, 佐藤紀夫, 岡本浩孝, 松下光正, 福森健三, 本多秀亘, 竹内勝政, 大塚繁樹, 鈴木康之, 日本ゴム協会誌, 73( 11), 612- 616, 2000年11月15日, ,  
27
2軸反応押出機を用いたオレフィン系複合構造樹脂部品のリサイクル技術, 龍田成人, 佐藤紀夫, 福森健三, 加古慈, 西村秀雄, 高分子論文集, 57( 9), 561- 568, 2000年09月25日, ,  
28
2軸反応押出機を用いた塗装バンパリサイクル技術(1)水注入による塗膜の分解, 龍田成人, 佐藤紀夫, 福森健三, 太田隆, 高橋直是, 池田貞雄, 鬼頭誠, 岩井久幸, 高分子論文集, 57( 7), 412- 418, 2000年07月25日, ,  
29
2軸反応押出機を用いた塗装バンパリサイクル技術(2)アミン分解剤注入による塗膜の分解, 龍田成人, 佐藤紀夫, 福森健三, 高橋直是, 池田貞雄, 鬼頭誠, 岩井久幸, 高分子論文集, 57( 7), 419- 424, 2000年07月25日, ,  
30
再生ゴムをブレンドしたポリプロピレン樹脂の相構造と力学特性, 毛利 誠, 佐藤 紀夫, 岡本 浩孝, 松下光正, 福森健三, 竹内勝政, 鈴木憲之, 大脇雅夫, 日本ゴム協会誌, 73( 3), 138- 143, 2000年03月15日, ,  
31
Recycling Technology of Surface Material for Interior Trims, Chika Kako, Hideo Nishimura, Narihito Tatsuda, Kenzo Fukumori, Norio Sato, Masahiro Tai, SAE Technical Paper , 2000-01-0741,   , 2000年03月, ,  
32
Enhanced compatibility of SAN and PC in their blends exposed to extremely high shear field, Hideroh Takahashi, Takaaki Matsuoka, Takashi Ohta, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, Osami Kamigaito, J. Applied Polymer Science, 36( 8), 1821- 1831, 1998年10月, ,  
33
Fiber stress analysis in short fiber reinforced composites by means of laser Raman spectroscopy, Narihito Tatsuda, Norio Sato, Kenzo Fukumori, Hideroh Takahashi, Toshio Kurauchi, Composite Interfaces, 6( 3), 201- 213, 1998年, ,  
34
Pulsed NMR Study of Rubber Vulcanizates under Deformation, Kenzo Fukumori, Proc. International Rubber Conference 1995, Kobe, Japan, ,  586- , 1995年10月, ,  
35
高分子鎖の熱運助と弾性に関する分子動力学シミュレーション, 山本智 , 松岡孝明 , 福森健三 , 高橋秀郎 , 倉内紀雄 , 高分子論文集, 51( 6), 365- 370, 1994年06月, ,  
36
Pulsed NMR study of the structure of poly(vinyl alcohol)‐poly(sodium acrylate) composite hydrogel, Tohru Siga, Kenzo Fukumori, Yoshiharu Hirose, Akane Okada, Toshio Kurauchi, J. Polymer Science Part B Polymer Physics , 32( 1), 85- 90, 1994年01月, ,  
37
加硫ゴムの静的疲労 NBR系の破壊挙動, 福森健三 , 佐藤紀夫 , 倉内紀雄, マテリアルライフ, 5( 3), 57- 67, 1993年07月, ,  
38
Gas permeabilities in rubber-clay hybrid, Yoshitugu Kojima, Kenzo Fukumori, Arimitsu Usuki, Akane Okada, Toshio Kurauchi, J. Materials Science Letters, 12( 12), 889- 890, 1993年06月, ,  
39
NBR/PVCブレンドの力学特性と分子運動性 一定伸長下での応力緩和挙動, 福森健三, 佐藤紀夫, 倉内紀雄, 日本ゴム協会誌, 65( 3), 191- 199, 1992年03月15日, ,  
40
Rubber-Clay Molecular Composites: Nitrile Rubber/Layered Silicate System, Kenzo Fukumori, Arimitsu Usuki, Norio Sato, Akane Okada, Toshio Kurauchi, Proc. 2nd Inter. Conf. SAMPE(JAPAN) Symp., ,  89- 96, 1991年12月, ,  
41
Pulsed NMR Study of Motional Heterogeneity in Acrylonitrile-Butadiene Rubber/Poly(Vinyl Chloride) Blends, Kenzo Fukumori, Norio Sato, Toshio Kurauchi, Rubber Chemistry and Technology, 64( 4), 522- 533, 1991年09月, ,  
42
Swelling Behavior of Rubber Vulcanizates: 2. Effects of Tensile Strain on Swelling, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, Osami Kamigaito, Polymer, 31( 12), 2361- 2367, 1990年12月, ,  
43
Study of Durability of Automotive Belts, Kenzo Fukumori, Norio Sato, Toshio Kurauchi, Toshiro Harada, Proc. 4th Inter. Seminor on Elastomers, Kurume, Japan, ,  342- , 1990年10月, ,  
44
Swelling Behavior of Rubber Vulcanizates: 1. Real-time Pulsed NMR Measurement, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, Osami Kamigaito, Polymer, 31( 4), 713- 720, 1990年04月, ,  
45
パルス法NMRによる加硫ゴムの熱酸化挙動に関する研究, 福森健三 , 佐藤紀夫 , 倉内紀雄 , マテリアルライフ, 2( 1), 59- 67, 1990年02月, ,  
46
超高速せん断射出によるSAN‐PCブレンドの部分相容化, 高橋秀郎, 太田隆 , 松岡孝明 , 福森健三 , 倉内紀雄 , 上垣外修己, 粉体および粉末冶金, 37( 2), 384- 388, 1990年02月, ,  
47
Pulsed NMR Study of Elastomeric Block Copolymer under Deformation,  Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, Osami Kamigaito, J. Applied Polymer Science, 38( 7), 1313- 1334, 1989年10月, ,  
48
Rheological behavior of SAN/PC blends under extremely high shear rate, Hideroh Takahashi, Takaaki Matsuoka, Takashi Ohta, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, Osami Kamigaito, J. Applied Polymer Science, 37( 7), 1837- 1853, 1989年03月, ,  
49
Fundamental Studies on the Interaction Between Moisture and Textiles:Part II. Pulsed Proton Broadline NMR Study on the Moisture Sorption of Cellulosic Fibers, Mitshiroo Fukada, Kazunori Kohata, Hiromichi Kawai, Hajime Tanaka, Kenzo Fukumori, Toshio Nishi, SEN-I GAKKAISHI (Transaction), 44( 9), 428- 438, 1988年09月, ,  
50
Study of Chemical Gelation Dynamics of Acrylamide in Water by Real-time Pulsed Nuclear Magnetic Resonance Measurement, Hajime Tanaka, Kenzo Fukumori, Toshio Nishi, J. Chemical Physics, 89( 5), 3363- 3372, 1988年09月, ,  
51
パルス法NMRによるニトリルゴムの変形挙動に関する研究 カーボンブラック粒子充てん効果, 福森健三 , 佐藤紀夫 , 倉内紀雄 , 日本ゴム協会誌, 61( 8), 561- 567, 1988年08月15日, ,  
52
The Role of Pre-existing Flaws in the Failure Behaviors of Rubber Vulcanizates, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, J. Materials Science Letters, 4( 8), 1042- 1045, 1986年05月, ,  
53
Static Fatigue of Thermoplastic Elastomers, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, J. Materials Science, 20( 5), 1725- 1732, 1985年05月, ,  
54
Static Fatigue of Rubbery Polymers: Statistical Approach to the Failure Process, Kenzo Fukumori, Toshio Kurauchi, J. Materials Science, 19( 8), 2501- 2512, 1984年08月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
ポリマーブレンドにおけるナノフィラーの分散技術とその応用, 福森健三, プラスチックス・エージ, 67( 4), 63- 67, 2021年04月01日,  
2
ゴムの架橋, 福森健三, 成形加工(プラスチック成形加工学会誌), 30( 4), 142- 145, 2018年03月20日,  
3
時分割XAFS法による硫黄架橋配合ゴムの架橋反応解析, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 87( 3), 83- 88, 2014年03月15日,  
4
CNT分散制御による絶縁樹脂の高熱伝導化技術 : エネルギーマネジメントに寄与する光・熱制御材料, 福森健三, 高分子 , 62( 10), 609- 610, 2013年10月01日,  
5
カーボンナノチューブの新規分散構造による樹脂の高熱伝導化と絶縁性維持, 福森健三, プラスチック, 64( 9), 15- 22, 2013年09月10日,  
6
カーボンナノチューブ分散による絶縁樹脂の新規高熱伝導化技術, 福森健三, プラスチックスエージ , 59( 7), 60- 65, 2013年07月,  
7
Novel carbon nanotube/polymer composites having high thermal conductivity and electrical insulation, Kenzo Fukumori, Takuya Morishita, Mitsumasa Matsushita, Yoshihide Karagiri, R&D Review of Toyota CRDL, 44( 1), 45- 52, 2013年03月,  
8
Magical Polymer 自動車ゴムのマテリアルリサイクル, 福森健三 , 松下光正 , 竹内勝政 , 鈴木康之, 高分子, 55( 11), 902- 903, 2006年11月01日,  
9
Material Recycling Technology of Crosslinked Rubber Waste, Kenzo Fukumori, Mitsumasa Matsushita, R&D Review of Toyota CRDL, 38( 1), 39- 47, 2003年03月,  
10
タイヤゴムリサイクル技術, 福森健三, 松下光正, 自動車技術, 56( 5), 45- 50, 2002年05月01日,  
11
架橋と再資源化, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 75( 2), 79- 84, 2002年02月15日,  
12
自動車用高分子材料のマテリアルリサイクル技術, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 72( 8), 494- 501, 1999年08月15日,  
13
リサイクル対応材料 高分子系材料のマテリアルリサイクル, 福森健三, 金属, 67( 7), 549- 556, 1997年07月01日,  
14
自動車用エラストマー材料の耐久性-その考え方-, 福森健三, ポリファイル, 33( 8), 32- , 1996年08月,  
15
自動車用途におけるオレフィン系樹脂を中心とした最近の技術進歩, 福森健三, 化学と教育, 44( 11), 700- 703, 1996年05月20日,  
16
リサイクルのための混合樹脂のアロイ化技術, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 68( 12), 883- 890, 1995年12月15日,  
17
自動車用高分子材料の現状と将来, 福森健三, 倉内紀雄, まてりあ (日本金属学会会報), 34( 6), 710- 715, 1995年06月20日,  
18
自動車用エラストマ-部品, 福森健三, 日本ゴム協会誌, 68( 6), 357- 367, 1995年06月15日,  
19
パルス法NMRのエラストマー材料への応用, 福森健三, 豊田中央研究所R&Dレビュー, 28( 2), 11- 22, 1993年06月,  
20
NMR法によるゴム複合系の劣化解析, 福森健三, 豊田中央研究所R&Dレビュー, 27( 3), 55- , 1992年09月,  
21
ゴム複合体の劣化と物性, 福森健三, 日本ゴム協会誌 , 65( 8), 445- 456, 1992年08月15日,  
22
パルス法NMRの原理と応用 ゴム材料を中心にして, 福森健三, マテリアルライフ, 3( 1), 40- 47, 1991年02月,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
エラストマー系ナノコンポジットとNMRを用いたゴムの劣化解析, 福森健三, 日本ゴム協会関西支部 第42回サタデーセミナー, 大阪(WEB配信), 2021年12月04日, 日本ゴム協会関西支部 
2
硫黄架橋SBR熱酸化試料の力学物性解析-NMR緩和および多量子NMR測定の応用-, 福森健三, 橋本怜和, 加藤拓己, 第32回エラストマー討論会, 福岡(九州大学)& WEB配信, 2021年11月25日, 日本ゴム協会 
3
ゴムの架橋と特性解析・制御~ゴム弾性の基礎、変形・劣化解析、動的架橋・リサイクル技術~, 福森健三, ゴムの架橋(WEBセミナー), 東京(WEB配信), 2021年11月05日, R&D支援センター 
4
ゴムのリサイクル技術 ~現状と最新研究動向~, 福森健三, 日本ゴム協会東海支部2021年度9月度月例講演会, 名古屋(WEB配信), 2021年09月17日, 日本ゴム協会東海支部 
5
ナノフィラー分散動的架橋熱可塑性エラストマーの構造制御と力学物性, 福森健三, 日本ゴム協会第143回配合技術研究分科会, 東京(WEB配信), 2021年09月10日, 日本ゴム協会配合技術研究分科会 
6
ゴム弾性の基礎・構造・物性を理解する, 福森健三, ゴムタイムス社セミナー, 東京(WEB配信), 2021年08月25日, (株)ゴムタイムス社 
7
カーボンナノチューブの分散制御による樹脂、エラストマーの高機能化, 福森健三, セミナー「カーボンナノチューブの分散技術と材料への応用展開」, 東京(WEB配信), 2021年06月16日, 技術情報協会 
8
ナノフィラー分散PP/EPDM系動的架橋熱可塑性エラストマーの力学物性ー単層CNTの複合化-, 福森健三, 青木健人, 廣瀬威仁, 日本ゴム協会2021年年次大会, , 2021年05月21日, 日本ゴム協会 
9
多層CNT分散PP/EPDM系動的架橋熱可塑性エラストマーの構造と力学物性, 廣瀬威仁, 福森健三, 日本ゴム協会2021年年次大会, 名古屋(WEB配信), 2021年05月20日, 日本ゴム協会 
10
ナノフィラーの熱可塑性エラストマーへの応用, 福森健三, 第413回ゴム技術フォーラム月例会, 東京(WEB配信), 2021年05月11日, ゴム技術フォーラム 
11
ゴムのリサイクル技術 ー現状と最新研究動向-, 福森健三, アドバンテックセミナー2021 「ポリマー材料の環境技術」, オンライン(ZOOMウェビナー), 2021年02月19日, 日本ゴム協会関東支部 
12
多層CNT分散オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマー ー界面構造制御による力学物性向上-, 廣瀬威仁, 福森健三, 第32回高分子加工技術討論会, 名古屋, 2020年10月29日, 日本レオロジー学会高分子加工技術研究会 
13
ナノフィラー分散系ポリマーブレンドの構造制御と力学物性, 福森健三, 第32回高分子加工技術討論会, 名古屋, 2020年10月29日, 日本レオロジー学会高分子加工技術研究会 
14
ナノフィラー(CNT、CNF)の熱可塑性エラストマーへの応用, 福森健三, 日本ゴム協会東海支部2020年度9月度月例講演会, WEB, 2020年09月11日, 日本ゴム協会東海支部 
15
多層CNT分散オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマーに対する界面構造制御効果, 廣瀬威仁, 橫田凱人, 福森健三, 日本ゴム協会2020年年次大会, 名古屋, 2020年05月21日, 日本ゴム協会 
16
セルロースナノファイバーを用いた動的架橋熱可塑性エラストマーの力学的補強における界面構造制御の影響, 廣瀬威仁, 石川貴志, 福森健三, 日本ゴム協会2020年年次大会, 名古屋, 2020年05月21日, 日本ゴム協会 
17
Mechanical properties and morphology of polypropylene/ethylene-1-butene copolymer rubber/CNT composites, Yoshimi Muraoka, Kenzo Fukumori, The 58th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium, Tokyo, 2020年03月15日, FNTG Research Society 
18
パルス法NMRによる高分子材料の分子運動性解析, 福森健三, 「NMR法による高分子材料の構造、状態解析」セミナー, 東京, 2020年02月28日, 株式会社技術情報協会 
19
ナノフィラー分散オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマーの界面構造制御と力学物性, 福森健三, 廣瀬威仁, 第27回フィラーシンポジウム, 富山市, 2019年11月29日, フィラー研究会 
20
ナノフィラー/オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマー複合体の力学物性への界面制御効果, 福森健三, 廣瀬威仁, 第28 回ポリマー材料フォーラム, 名古屋, 2019年11月22日, 高分子学会 
21
CSR及びCNT分散による膨張黒鉛含有エポキシ系解体性接着剤の接着物性改善, 福森健三, 吉田凌大, 廣瀬威仁, プラスチック成形加工学会 第27回秋季大会, 高松, 2019年11月13日, プラスチック成形加工学会 
22
オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマーの界面構造制御と力学物性, 廣瀬威仁, 福森健三, プラスチック成形加工学会 第27回秋季大会, 高松, 2019年11月12日, プラスチック成形加工学会 
23
TPEの変形・破壊~ナノフィラー複合化,廃ゴムからの創製, 福森健三, 第14回 TPE技術研究会公開講演会, 東京工業大学, 2019年10月24日, ナノ構造ポリマー研究協会 
24
ゴムの架橋と特性解析・制御~ゴム弾性の基礎、疲労・劣化解析、リサイクル技術~, 福森健三, 「ゴム架橋」セミナー, 東京, 2019年07月29日, 株式会社R&D支援センター 
25
ポリドーパミンコートC60 分散スチレン系熱可塑性エラストマー(SEBS)の力学物性, 小野田昌弘, 福森健三, 廣瀬威仁, 日本ゴム協会2019年年次大会, 京都工芸繊維大学, 2019年05月24日, 日本ゴム協会 
26
多層CNT 分散オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマーの力学物性- CNT の表面コートの影響ー, 廣瀬威仁, 福森健三, 日本ゴム協会2019年年次大会, 京都工芸繊維大学, 2019年05月23日, 日本ゴム協会 
27
架橋ゴムの疲労・劣化と破壊挙動, 福森健三, 第252回ゴム技術シンポジウム, 東京, 2019年02月01日, 日本ゴム協会 

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2020年05月21日, 日本ゴム協会, 第67回優秀論文賞, 硫黄架橋EPDMの熱酸化挙動に関する研究-引張破壊伸長比と平均T2緩和時間の関係- 
2
2015年09月, 高分子学会, 高分子学会フェロー表彰,  
3
2015年06月, 自動車技術会, 2014年度出版功績感謝状,  
4
2005年09月, (財)2005年日本国際博覧会協会 , 2005年日本国際博覧会協会 愛・地球賞, 廃ゴムのマテリアルリサイクル技術 
5
2004年05月, 高分子学会, 高分子学会賞(技術), 動的脱架橋/動的架橋によるゴム再生・機能化技術の開発 
6
2003年10月28日, , Best Paper Award of Inter. Body Eng. Conf.(IBEC) 2003, A New Material Recycling Technology for Automobile Rubber Waste 
7
2002年11月, 日本経済新聞社, 第12回日経地球環境技術賞, 廃ゴムの高品位マテリアルリサイクル技術の開発 
8
2002年10月, 高分子学会, 第11回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞, 自動車用ゴムの高品位マテリアルリサイクル技術 
9
1997年06月, マアテリルライフ学会, 第1回マテリアルライフ学会論文賞, パルス法NMRによる加硫ゴムの熱酸化挙動 
10
1990年05月, 日本ゴム協会, 第37回日本ゴム協会優秀報文賞, パルス法NMRによるニトリルゴムの変形挙動に関する研究:カ-ボン粒子充てん効果 

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
機能性ナノ粒子分散系ポリマーブレンドの構造制御,  2018年04月01日 - 現在 
2
エラストマー材料の物性解析,  2018年04月01日 - 現在