愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

今井 智子 (イマイ トモコ,IMAI Tomoko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Effect of n-3 polyunsaturated fatty acid intake on eosinophil airway inflammation in university athletes, Imai Tomoko, Takada Yutaro, Watanabe Koichi, Journal of Clinical Medicine Research, 14( 11), 466- 473, 2022年11月, ,  
2
The influence of intermittent apnea on aortic hemodynamics in healthy young men, Tomoko Imai, Tsubasa Tomoto, Shigehiko Ogoh, Jun Sugawara, , ,   , 2022年03月, ,  
3
競泳競技者の1週間のトレーニングにおける呼気一酸化窒素および呼吸インピーダンスの変動, 今井 智子, 渡部 厚一, 日本臨床スポーツ医学会誌, 27( 2), 285- 291, 2019年04月, ,  
4
Effects of Mild Orthostatic Stimulation on Cerebral Pulsatile Hemodynamics., Yuka Ninomiya, Tsubasa Tomoto, Shigehiko Ogoh, Tomoko Imai, Koki Takahashi, Jun Sugawara, Frontiers in physiology, 10,  230- 230, 2019年, 10.3389/fphys.2019.00230[ID:DOI],  
5
Impact of short-term training camp on aortic blood pressure in collegiate endurance runners, Tsubasa Tomoto, Jun Sugawara, Ai Hirasawa, Tomoko Imai, Seiji Maeda, Shigehiko Ogoh, Frontiers in Physiology, 9,  290- , 2018年03月28日, 10.3389/fphys.2018.00290[ID:DOI],  
6
Relationship between aortic compliance and impact of cerebral blood flow fluctuation to dynamic orthostatic challenge in endurance athletes, Tsubasa Tomoto, Tomoko Imai, Shigehiko Ogoh, Seiji Maeda, Jun Sugawara, Frontiers in Physiology, 9,  25- , 2018年01月25日, 10.3389/fphys.2018.00025[ID:DOI],  
7
Relationship between Aortic Compliance and Impact of Cerebral Blood Flow Fluctuation to Dynamic Orthostatic Challenge in Endurance Athletes., Tomoto T, Imai T, Ogoh S, Maeda S, Sugawara J., Front Physiol., 9( 25), 1- 8, 2018年, ,  
8
Impact of Short-Term Training Camp on Aortic Blood Pressure in Collegiate Endurance Runners., Tomoto T, Sugawara J, Hirasawa A, Imai T, Maeda S, Ogoh S., Front Physiol., 9( 290), 1- 6, 2018年, ,  
9
Impact of mild orthostatic stress on aortic-cerebral hemodynamic transmission: insight from the frequency domain, Jun Sugawara, Tsubasa Tomoto, Tomoko Imai, Seiji Maeda, Shigehiko Ogoh, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY, 312( 5), H1076- H1084, 2017年05月, 10.1152/ajpheart.00802.2016[ID:DOI],  
10
運動前のタウリン摂取が筋疲労に及ぼす影響, 松井 康, 今井 智子, 永井 智, 小林 直行, 渡邊 昌宏, 近藤 宏, 宮川 俊平, 理学療法科学, 31( 3), 389- 393, 2016年, ,  
11
Impact of short-term training camp on arterial stiffness in endurance runners, Tomoto T, Sugawara J, Hirasawa A, Imai T, Maeda S, Ogoh S., J Physiol Sci. Vol.65,No.5,pp.445-449, ,   , 2015年09月, ,  
12
Impact of short-term training camp on arterial stiffness in endurance runners, Tsubasa Tomoto, Jun Sugawara, Ai Hirasawa, Tomoko Imai, Seiji Maeda, Shigehiko Ogoh, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 65( 5), 445- 449, 2015年09月, 10.1007/s12576-015-0383-6[ID:DOI],  
13
Influence of single bout of aerobic exercise on aortic pulse pressure, Jun Sugawara, Hidehiko Komine, Taiki Miyazawa, Tomoko Imai, Shigehiko Ogoh, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 115( 4), 739- 746, 2015年04月, 10.1007/s00421-014-3061-0[ID:DOI],  
14
Influence of single bout of aerobic exercise on aortic pulse pressure, Sugawara J., Komine H., Miyazawa T., Imai T., Ogoh S., Eur. J Appl. Physiol. Vol.115,No.4,pp.739-746, ,   , 2015年04月, ,  
15
競泳選手の競技パフォーマンスをサポートするe-コンディション管理システムの開発, 仙石 泰雄, 小林 啓介, 今井 智子, 渡部 厚一, 宮川 俊平, 筑波大学体育系紀要, 38,  143- 147, 2015年03月, , http://hdl.handle.net/2241/00126191 
16
Metabolomics of salivary fatigue markers in soccer players after consecutive games, Song-Gyu Ra, Seiji Maeda, Ryota Higashino, Tomoko Imai, Shumpei Miyakawa, APPLIED PHYSIOLOGY NUTRITION AND METABOLISM, 39( 10), 1120- 1126, 2014年10月, 10.1139/apnm-2013-0546[ID:DOI],  
17
男子大学サッカー選手における試合合宿前後の唾液中タウリン濃度の変動, 羅 成圭,前田清司, 今井智子,宮川俊平, 体力科学 Vol.63,No.4,pp.409-414, ,   , 2014年09月, ,  
18
Influence of regular exercise training on post-exercise hemodynamic regulation to orthostatic challenge, Jun Sugawara, Hidehiko Komine, Taiki Miyazawa, Tomoko Imai, Shigehiko Ogoh, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 5,  229- , 2014年06月, 10.3389/fphys.2014.00229[ID:DOI],  
19
Influence of regular exercise training on post-exercise hemodynamic regulation to orthostatic challenge, Sugawara J., Komine H., Miyazawa T., Imai T., Ogoh S., Front Physiol.Vol.24,No.5.pp.1-8, ,   , 2014年06月, ,  
20
Impact of chronic exercise training on the blood pressure response to orthostatic stimulation, Jun Sugawara, Hidehiko Komine, Taiki Miyazawa, Tomoko Imai, James P. Fisher, Shigehiko Ogoh, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 112( 11), 1891- 1896, 2012年06月, 10.1152/japplphysiol.01460.2011[ID:DOI],  
21
Effect of Endurance Exercise Training and Curcumin Intake on Central Arterial Hemodynamics in Postmenopausal Women: Pilot Study, Jun Sugawara, Nobuhiko Akazawa, Asako Miyaki, Youngju Choi, Yoko Tanabe, Tomoko Imai, Seiji Maeda, AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION, 25( 6), 651- 656, 2012年06月, 10.1038/ajh.2012.24[ID:DOI],  
22
MUCOSAL IMMUNE FUNCTION COMPARISON BETWEEN AMENORRHEIC AND EUMENORRHEIC DISTANCE RUNNERS, Kazuhiro Shimizu, Natsumi Suzuki, Mariko Nakamura, Katsuji Aizawa, Tomoko Imai, Satomi Suzuki, Nobuhiko Eda, Yukichi Hanaoka, Kikuko Nakao, Naoto Suzuki, Noboru Mesaki, Ichiro Kono, Takao Akama, JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH, 26( 5), 1402- 1406, 2012年05月, 10.1519/JSC.0b013e31822e7a6c[ID:DOI],  
23
Impact of chronic exercise training on the blood pressure response to orthostatic stimulation, Sugawara J., Komine H., Miyazawa T., Imai T., Fisher JP., Ogoh S., J Appl. Physiol, Vol.112,No.11,pp.1891-1896, ,   , 2012年05月, ,  
24
Mucosal immune function comparison between amenorrheic and eumenorrheic distance runners, Shimizu K., Suzuki N., Nakamura M., Aizawa., K, Imai T., Suzuki S., Eda N., Hanaoka Y., Nakao K ., Suzuki N., Mesaki.,N Kono I., Akama K., J Strength Cond. Res. Vol.6,No.5,pp.1402-1406, ,   , 2012年05月, ,  
25
Effect of endurance exercise training and curcumin intake on central arterial hemodynamics inpostmenopausal women: pilot study, Sugawara J., Akazawa N., Miyaki A., Choi Y., Tanabe Y., Imai T., Maeda S., Am. J Hypertens, Vol.25,No.6,pp.651-656, ,   , 2012年02月, ,  
26
MONOCYTE AND T-CELL RESPONSES TO EXERCISE TRAINING IN ELDERLY SUBJECTS, Kazuhiro Shimizu, Natsumi Suzuki, Tomoko Imai, Katsuji Aizawa, Hideyuki Nanba, Yukichi Hanaoka, Shinya Kuno, Noboru Mesaki, Ichiro Kono, Takao Akama, JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH, 25( 9), 2565- 2572, 2011年09月, 10.1519/JSC.0b013e3181fc5e67[ID:DOI],  
27
Hormonal responses to resistance exercise during different menstrual cycle states, Nakamura Y, Aizawa K, Imai T, Kono I, Mesaki N, Med. Sci. Sports Exerc, Vol.43,No.6,pp.967-973, ,   , 2011年, ,  
28
コーチを対象にしたシンクロナイズドスイミング選手の過換気症候群の実態調査, 今井智子, 本間三和子, 河野一郎, 目崎 登, 渡部厚一., 日本臨床スポーツ医学会誌Vol.19,No.1,pp.67-73, ,   , 2011年, ,  
29
大学競泳選手の呼吸器症状の実態と習慣トレーニングでの気道炎症の変化, 渡部厚一, 今井智子, 水と健康医学研究会誌,Vol.14,No.1,pp.13-20, ,   , 2011年, ,  
30
コーチを対象にした競泳選手の過換気症候群の実態調査, 今井智子, 本間三和子, 河野一郎, 目崎 登, 渡部厚一, 水と健康医学研究会誌,Vol.14,No.2,pp.13-20, ,   , 2011年, ,  
31
Monocyte and T-cell responses to exercise training in elderly subjects, Shimizu K., Suzuki N., Imai T., Aizawa K., Nanba K., Hanaoka Y., Kuno S., Mesaki N., Kono I., Akama T., J Strength Cond. Res. Vol.25,No.9,pp.2565-2572, ,   , 2011年, ,  
32
コーチを対象にした競泳選手の過換気症候群の実態調査, 今井 智子, 河野 一郎, 目崎 登, 渡部 厚一, 水と健康医学研究会誌, 13( 1), 13- 17, 2010年10月, ,  
33
長期間にわたる運動性無月経は脂質代謝を変化させる, 中村 真理子, 鈴木 尚人, 中尾 喜久子, 鈴木 なつ未, 今井 智子, 相澤 勝治, 目崎 登, 体力科学, 58( 6), 879- 879, 2009年12月, ,  
34
持久性アスリートにおける合宿期の骨代謝動態に月経状態が及ぼす影響, 鈴木 なつ未, 中村 真理子, 今井 智子, 清水 和弘, 鈴木 尚人, 中尾 喜久子, 目崎 登, 体力科学, 58( 6), 607- 607, 2009年12月, ,  
35
一過性レジスタンス運動におけるアディポネクチン、レプチンの応答, 今井 智子, 相澤 勝治, 朱 美賢, 飯田 薫子, 村井 文江, 河野 一郎, 今川 重彦, 目崎 登, 体力科学, 58( 2), 239- 246, 2009年04月, ,  
36
エアロビック運動とレジスタンス運動の複合トレーニングが高齢女性のアディポサイトカインに与える影響, 今井 智子, 清水 和弘, 坂戸 洋子, 飯田 薫子, 久野 譜也, 今川 重彦, 目崎 登, 河野 一郎, 日本臨床スポーツ医学会誌, 17( 2), 283- 290, 2009年04月, ,  
37
低強度レジスタンストレーニングによる閉経後女性の骨代謝動態, 鈴木 なつ未, 相澤 勝治, 今井 智子, 清水 和弘, 難波 秀行, 久野 譜也, 目崎 登, 日本臨床スポーツ医学会誌, 17( 1), 36- 43, 2009年01月, ,  
38
エアロビック運動とレジスタンス運動の複合トレーニングが高齢女性のアディポサイトカインに与える影響, 今井智子,清水和弘,坂戸洋子,飯田薫子,久野譜也,今川重彦,目崎 登 ,河野一郎, 日本臨床スポーツ医学会,Vol.17,No.2,pp.283-290, ,   , 2009年, ,  
39
一過性レジスタンス運動におけるアディポネクチン,レプチンの応答, 今井智子,相澤勝治,朱 美賢,飯田薫子,村井文江,河野一郎,今川重彦,目崎 登, 体力科学,Vol.58,No.2,pp.239-246, ,   , 2009年, ,  
40
低強度レジスタンストレーニングによる閉経後女性の骨代謝動態, 鈴木なつ未,相澤勝治,中村真理子,今井智子,朱 美賢,村井文江,目崎 登,今川重彦, 日本臨床スポーツ医学会誌, Vol.17,No.1,pp.36-43, ,   , 2009年, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
外出自粛要請における大学生の身体活動量の変化 〜エクササイズガイドを活用して〜, 今井智子, 愛知工業大学研究報告, ( 56),  , 2021年03月,  
2
アスリートによくみられる呼吸器疾患〜運動誘発喘息と過換気症候群, 今井 智子, アレルギーの臨床, ,   , 2019年11月,  
3
運動誘発性疲労マーカーとしての唾液中タウリンの可能性, 羅 成圭, 前田 清司, 川中 健太郎, 今井 智子, 宮川 俊平, タウリンリサーチ, 3( 1), 6- 8, 2017年09月,  
4
下半身陰圧負荷刺激が大動脈‐脳循環伝達特性に与える影響:周波数領域解析による検討, 菅原順, 東本翼, 東本翼, 今井智子, 前田清司, 小河繁彦, 体力科学, 64( 6), 587- 587, 2015年12月01日,  
5
持久性ランナーの短期合宿が循環動態に及ぼす影響, 佐々木寛幸, 東本翼, 平澤愛, 今井智子, 菅原順, 小河繁彦, 体力科学, 64( 6), 583- 583, 2015年12月01日,  
6
低酸素間欠的無呼吸が中心循環動態に与える影響 睡眠時無呼吸症候群による心血管疾患発症機序の解明および予防法の構築, 今井 智子, 菅原 順, 小河 繁彦, デサントスポーツ科学, 36,  145- 152, 2015年06月,  
7
短期間の高強度持久性トレーニングが中心動脈伸展性および心機能に及ぼす影響, 東本翼, 東本翼, 平澤愛, 今井智子, 今井智子, 前田清司, 小河繁彦, 菅原順, 体力科学, 63( 6), 647- 647, 2014年12月01日,  
8
2D15-3 Increase in salivary taurine concentration in soccer players after repeated soccer matches(The Proceedings of the 22nd Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 19・20, (Okayama)) :, RA Song-Gyu, MAEDA Seiji, IMAI Tomoko, MIYAKAWA Shumpei, Advances in exercise and sports physiology, 20( 4), 121- 121, 2014年, https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=194683 
9
大学競泳選手の呼吸器症状の実態と週間トレーニングでの気道炎症の変化, 渡部 厚一, 今井 智子, 水と健康医学研究会誌, 14( 1), 13- 20, 2011年10月,  
10
201. 月経周期における高強度運動が血中酸化ストレスマーカーの変動に及ぼす影響(血液・免疫,一般口演,第63回日本体力医学会大会), 朱 美賢, 鈴木 なつ未, 中村 真理子, 今井 智子, 目崎 登, 体力科學, 57( 6), 733- 733, 2008年12月01日,  
11
253. 月経周期を考慮した一過性レジスタンス運動がアディポサイトカインおよび糖脂質代謝に与える影響(代謝,一般口演,第63回日本体力医学会大会), 今井 智子, 相澤 勝治, 村井 文江, 目崎 登, 今川 重彦, 体力科學, 57( 6), 759- 759, 2008年12月01日,  
12
187. 一過性レジスタンス運動が血中アディポサイトカインに及ぼす影響(代謝,第62回日本体力医学会大会), 今井 智子, 朱 美賢, 相澤 勝治, 村井 文江, 目崎 登, 今川 重彦, 体力科學, 56( 6), 672- 672, 2007年12月01日,  
13
04-7-K202-8 高齢者における低強度レジスタンストレーニングが血中デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)に及ぼす影響(04.運動生理学,一般研究発表抄録), 相澤 勝治, 鈴木 なつ未, 今井 智子, 清水 和弘, 難波 秀行, 久野 譜也, 目崎 登, 日本体育学会大会予稿集, 58( 0), 194- 194, 2007年,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
アメリカンフットボール選手の気道炎症の実態とペリオスチンとの関連, 今井智子, 高田佑太郎, 渡部厚一, 第73回日本体力医学会大会, 日本, 福井, 2018年09月,  
2
The effect of respiratory condition in different exercise training environments, Imai T.,Takada Y., Watanabe K., European College of Sport Science, Dublin-Ireland, 2018年07月,  
3
EFFECT OF POSTURAL STIMULATION ON CEREBRAL HEMODYNAMICS,  Ninomiya Y, Tomoto T, Imai T, Ogoh S, Takahashi K, Sugawara J., 65th American College of Sports Medicine Annual Meeting , , 2018年06月,  
4
The relationship between lung function and physical fitness parameters, Imai, T., Watanabe,K., 22nd annual Congress of the European College of Sport Science, Metropolis Ruhr, Germany, 2017年07月,  
5
Survey of obstructive sleep apnea in judoists, Imai, T., Watanabe,K., ECSS, Vienna/AUS, 2016年07月06日,  
6
Impact of Short-term Training Camp on Aortic Pressure in Collegiate Endurance Runners, Tomoto T, Sugawara J, Hirasawa A, Imai T, and Ogoh S, American College of Sports Medicine Annual Meeting, Boston, 2016年06月,  
7
The effect of dehydration on airway inflammation in judoists, Imai T., Watanabe K., 20 th annual congress of the European College of Sport Science malmo, , 2015年07月,  
8
Rapid weight loss affect respiratory condition in judoists, Imai T., Watanabe K., 19th annual congress of the European College of Sport Science Amsterdam, , 2014年07月,  
9
Effects of short-term vigorous endurance training on central arterial stiffness in endurance athletes, Tomoto T., Sugawara J., Hirasawa A., Imai T., Sakai T., Maeda S., Ogoh S., American College of Sports Medicine (ACSM) Orlando, , 2014年06月,  
10
一過性レジスタンス運動における呼気一酸化窒素の応答, 東本翼,平澤 愛,今井智子,前田清司,小河 繁, 第69回 日本体力医学会大会 長崎, , 2013年09月,  
11
短期間高強度持久性トレーニングが中心動脈伸展性および心機能に及ぼす影響, 東本翼,平澤 愛,今井智子,前田清司,小河 繁, 第69回 日本体力医学会大会 長崎, , 2013年09月,  
12
運動誘発性疲労に伴い唾液中タウリン濃度は増加する, 羅 成圭,前田清司,今井智子,宮川俊平, 第22回 運動生理学会大会 岡山, , 2013年07月,  
13
Metabolomics of salivary fatigue markers after 3 consecutive days of soccer game in college (or youth ormale) soccer players, Ra, S-G, Maeda S., Higashino R., Imai T., Miyakawa S., 18th annual congress of the European College of Sport Science Barcelona, , 2013年06月,  
14
Prevalence of respiratory symptoms among Judo Athletescompared sith swimmers, Imai T., Miyakawa S., Watanabe K, American College of Sports Medicine (ACSM) Indianapolis, , 2013年06月,  
15
運動中の気道抵抗測定法の開発とその問題点, 渡部厚一,今井智子, 第24回 日本臨床スポーツ医学会,熊本, , 2012年11月,  
16
Exhaled Nitric Oxide Predicts Airway Inflammation of the rugby players during training camp, Imai T., Takayanagi T., Takemura M., Fukukawa T., Shimizu K., Akama T., Miyakawa S., Watanabe K., , American College of Sports Medicine(ACSM) Sun Francisco, , 2012年06月,  
17
大学生柔道選手の呼吸器アレルギーの実態, 渡部厚一,今井智子, 第22回 日本臨床スポーツ医学会 青森, , 2011年11月,  
18
市民マラソン前後における呼吸筋力の変化, 今井智子,村瀬陽介,渡部厚一, 第66回 日本体力医学会 山口, , 2011年09月,  
19
The characteristics of hyperventilation on the survey to synchronized swimmer and swimmer, Imai T, Honma M, Miyakawa S, Watanabe K, American College of Sports Medicine (ACSM) Denver, , 2011年06月,  
20
Influences of regular resistance training on post exercise hypotension, Sugawara J, Komine H, Miyazawa T, Imai T, Ogoh S, American College of Sports Medicine (ACSM) Denver, , 2011年06月,  
21
指導現場における過換気症候群の対処法の実態調査, 今井智子, 河野一郎, 目崎 登, 渡部厚一, 第21回 日本臨床スポーツ医学会. 東京, , 2010年10月,  
22
運動時におけるタウリン摂取が身体に与える影響の検討, 松井 康,青木孝輔, 安達尚子, 永井 智,今井智子, 小林直行, 近藤 拝, 宮川俊平, 第21回 日本臨床スポーツ医学会. 東京, , 2010年10月,  
23
運動前の水素水摂取が酸化ストレスと筋疲労に及ぼす影響, 青木孝輔, 安達尚子, 松井 康, 今井智子, 永井 智, 小林直行, 近藤 宏, 宮川俊平, 第21回 日本臨床スポーツ医学会. 東京, , 2010年10月,  
24
健常成人男性の運動習慣と体型が静的バランス能力に及ぼす影響, 栫ちか子, 相澤勝治, 清水和弘, 今井智子, 目崎 登, 第21回 日本臨床スポーツ医学会. 東京, , 2010年10月,  
25
水素水摂取が運動後の酸化ストレスに与える影響, 青木孝輔, 安達尚子, 松井康, 今井智子, 永井智, 小林直行, 近藤宏, 宮川俊平, 第65回 日本体力医学会 千葉,, , 2010年09月,  
26
運動トレーニング時に発症する過換気症候群の実態と性差に関する検討, 今井智子,河野一郎,目崎 登,渡部厚一, 第65回 日本体力医学会 千葉, , 2010年09月,  
27
Effects of rehydration on the markers for muscle damage enhanced by endurance exercise, Imai T, Shindo Y, Utsugi K, Iida K, Watanabe K, Mukai N, Miyakawa S, Maeda A, Kitagawa Y, Kiso Y, Yabuki H, Harada H., American College of Sports Medicine (ACSM) Baltimore, , 2010年06月,  
28
長時間運動中に補給するスポーツドリンクの違いが疲労感・腹部の不快感に与える影響, 進藤弥生,宇津木克紀,今井智子,飯田薫子,渡辺厚一,向井直樹,宮川俊平,目崎 登,河野一郎,前田哲史,北川義徳,木曽良信, 第64回 日本体力医学会.新潟 , , 2009年09月,  
29
持久性アスリートにおける合宿期の骨代謝動態に月経状態が及ぼす影響, 鈴木なつ未,中村真理子,今井智子,清水和弘,鈴木尚人,中尾喜久子,目崎 登, 第64回 日本体力医学会. 新潟, , 2009年09月,  
30
Changes in anabolic hormones during low intensity resistance training in older adults, Aizawa K., Suzuki N., Imai T., Shimizu K., Nanba H., Kuno S., Mesaki N., Akimoto T., The British Association of Sport and Exercise Sciences, , 2009年09月,  
31
糖の吸収速度を加味したスポーツドリンクが長時間運動中の糖代謝に及ぼす影響, 今井智子,進藤弥生,宇津木克紀,飯田薫子,渡辺厚一,向井直樹,宮川俊平,目崎 登,河野一郎,前田哲史,北川義徳,木曽良信, 第64回 日本体力医学会.新潟, , 2009年09月,  
32
長期間にわたる運動性無月経は脂質代謝を変化させる, 中村真理子,鈴木尚人,中尾喜久子,今井智子,鈴木なつ未,相澤勝治,目崎 登, 第64回 日本体力医学会. 新潟, , 2009年09月,  
33
The effects of rehydrate drinks on the exercise performance test, Imai T., Shindo Y., Utsugi K., Iida K., Watanabe K., Mukai N., Miyakawa S., Maeda A., Kitagawa Y.,Kiso Y., Yabuki H., Harada H., 13th annual congress of the European College of Sport Science. Oslo, , 2009年06月,  

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
長距離陸上選手におけるヘモグロビン変動がコンディションに及ぼす影響  〜疲労に着目して〜, 日東学術振興財団, ,  2021年04月01日 - 2022年03月31日, 今井智子 
2
運動ストレスにおける上皮由来サイトカインの検討, 科学研究費, 基盤研究C,  2020年04月01日 - 2023年03月31日, 今井智子 
3
長距離陸上選手におけるヘモグロビン変動がコンディションに及ぼす影響 〜疲労に着目して〜, 日東学術振興財団, 研究助成,  2020年 - 2020年, 今井智子 
4
運動ストレスによる気道炎症メカニズムの検討〜自然免疫系に着目して〜, 公益財団法人 市原国際奨学財団, 研究助成,  2018年04月 - 2019年03月, 今井智子 
5
運動ストレスが血中ペリオスチンおよび関連因子に及ぼす影響, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,  2017年04月01日 - 2020年03月31日, 今井智子 
6
運動ストレスが血中ペリオスチンおよび関連因子に及ぼす影響, 日本学術振興会: 科学研究費補助金, 若手研究(B),  2017年04月 - 2020年03月,  
7
「低酸素間欠的無呼吸が中心循環動態に与える影響~睡眠時無呼吸症候群による心血管疾患発症機序の解明および予防法の構築~」, 石本記念デサントスポーツ科学振興財団, ,  2014年 - 現在,  
8
運動に対する気道内IGF-1の応答, 日本学術振興会: 科学研究費補助金, スタートアップ,  2013年08月 - 2014年03月,  
9
「水泳選手および指導者における過換気症候群の実態調査に関する検討」, , ,  2010年 - 現在,