愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

牧野 敦 (マキノ アツシ,MAKINO Atsushi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル, 著者, 出版社, 出版年月, ID:ISBN, URL 
1
Mass Transfer in Chemical Engineering Processes(Chapt. 12. Mass Transfer Related to Heterogeneous Combustion of Solid Carbon in the Forward Stagnation Region - Part 1 - Combustion Rate and Flame Structure)., Jozef Markoš (Ed.)・Atsushi Makino , InTech, 12章, pp. 251-282.ISBN: 978-953-307-619-5, , 2011年11月, ,  
2
Mass Transfer in Chemical Engineering Processes(Chapt. 13. Mass Transfer Related to Heterogeneous Combustion of Solid Carbon in the Forward Stagnation Region - Part 2 - Combustion Rate in Special Environments). , Jozef Markoš (Ed.)・Atsushi Makino , InTech, 13章, pp. 283-306.ISBN: 978-953-307-619-5, , 2011年11月, ,  

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
Critical Condition for the Particle Combustion of Carbon, Activated in a Hot, Quiescent Environment: Comparisons with Experimental Results., Makino, A. , Combust. Sci. Technol., 189( 6), 991 - 1012 , 2017年, DOI:10.1080/00102202.2016.1264943[ID:DOI],  
2
Critical Condition for the Particle Combustion of Carbon, Being Sustained in a Cold Environment., Makino, A. , Combust. Flame, 171( 1), 252- 261, 2016年, , http://dx.doi.org/10.1016/j.combustflame.2016.06.004 
3
Critical Condition Related to the Activation of Solid Fuel Particles; Comparisons with Experimental Results for Char Combustion in a Quiescent Environment. , Atsushi Makino, Mashahito Shintomi(沼津高専) , Combustion and Flame, Vol. 162, No. 9, pp. 3156-3165, (2015)., ,   , 2015年09月, ,  
4
An Attempt for Applying Formulation of the Carbon Combustion in the Stagnation Flowfield to Some Experimental Comparisons Related to the Boundary Layer Combustion. , Atsushi Makino , Combustion and Flame, Vol. 161, No. 6, pp. 1537-1546, (2014). , ,   , 2014年06月, ,  
5
Effects of Electric Field on the SHS Flame Propagation of the Si-C System, Examined by the Use of the Heterogeneous Theory. , Atsushi Makino , J. Combust., Vol. 2013, Article ID 752068,http://dx.doi.org/10.1155/2013/752068, (2013). , ,   , 2013年10月, ,  
6
Spontaneous Ignition Temperature for the Compacted Mixture of Ni-Al System: Experiment, Theory, and Comparisons. , Atsushi Makino, Daisuke Ichikawa(拓殖大学学生), Atsuhiko Matsumoto(拓殖大学学生), Kanda, T.(拓殖大学学生), and Watanabe, T.(拓殖大学学生). , Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 34, No. 2, pp. 2197-2204, (2013). , ,   , 2013年03月, ,  
7
Critical Size for the Particle Burn-out of Solid Carbon and/or Boron as the High-Energy-Density Fuel. , Atsushi Makino , Combustion and Flame, Vol. 160, No. 3, pp. 742-744, (2013). , ,   , 2013年03月, ,  
8
Combustion Rate of Solid Carbon in the Axisymmetric Stagnation Flowfield Established over a Sphere and/or a Flat Plate. , Atsushi Makino, Masahiro Hojo(JAXA), Masahito Shintomi(沼津高専) , J. Combust., Vol. 2013, Article ID 790672, http://dx.doi.org/10.1155/2013/790672, (2013), ,   , 2013年03月, ,  
9
炭素やホウ素といった高エネルギ密度燃料粒子の燃焼完結に不可欠な条件に関して. , 牧野 敦, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告JAXA-RR-12-003, (2013)., ,   , 2013年02月, ,  
10
矩形平板試料を用いたTi-Al系燃焼合成の自己着火温度と着火直後の燃焼波伝播速度.日本機械学会論文集(B編),78,1650-1661., 牧野 敦, 石田祐樹(拓殖大学学生), 北林伸一(拓殖大学学生), 織田優才(拓殖大学学生), 郷野秀都(拓殖大学学生), 斎藤雅之(拓殖大学学生)., 日本機械学会論文集(B編), Vol. 77, No. 774, pp. 313-323, (2012)., ,   , 2012年09月, ,  
11
Spontaneous ignition temperature for the compacted mixture of Ti–Al system: Theory and experimental comparisons. , Atsushi Makino, Ryou Higuchi(拓殖大学学生), Akimasa Hisamoto(拓殖大学学生), Kouji Koizumi(拓殖大学学生), Hiroshi Takada(拓殖大学学生)., Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 33, No. 2, pp. 1967-1974, (2011). , ,   , 2011年03月, ,  
12
Ti-Al 系燃焼合成における自己着火直後の燃焼波伝播速度. , 牧野 敦, 樋口 諒(拓殖大学学生), 久本昌正(拓殖大学学生)., 日本機械学会論文集(B編), Vol. 77, No. 774, pp. 313-323, (2011)., ,   , 2011年02月, ,  
13
Ti-Al系燃焼合成における自己着火温度に及ぼす主要パラメタの影響., 牧野 敦, 樋口 諒(拓殖大学学生), 久本昌正(拓殖大学学生), 小泉航路(拓殖大学学生), 高田 宏(拓殖大学学生)., 日本機械学会論文集(B編), Vol. 76, No. 770, pp. 1564-1570, (2010). , ,   , 2010年10月, ,  
14
An Analysis of the Transient Combustion and Burnout Time of Carbon Particles. , Atsushi Makino, C. K. Law(プリンストン大)., Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 32, No. 2, pp. 2067-2074, (2009). , ,   , 2009年03月, ,  
15
Map of Growth Rate of Diamond Film Synthesized by Use of Flame CVD. , Masahito Shintomi(沼津高専), Atsushi Makino, Nobuyuki Araki(静岡大). , Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 32, No. 2, pp. 1863-1870, (2009). , ,   , 2009年03月, ,  
16
燃焼合成における燃焼波伝播および自己着火に関する機構解明ツールの検証 ―Ti-A1系への適用―., 牧野 敦, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告JAXA-RR-07-042, (2008)., ,   , 2008年02月, ,  
17
Combustion Rates of Graphite Rods in the Forward Stagnation Field of the High-Temperature, Humid Airflow., Atsushi Makino, Norie Umehara(静岡大学大学院学生)., Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 31, No. 2, pp. 1873-1880, (2007)., ,   , 2007年03月, ,  
18
Heterogeneous Flame Propagation in the Self-Propagating High-Temperature Synthesis (SHS) Process in Multi-Layer Foils for Three Components System: Theory and Experimental Comparisons. , Atsushi Makino , Proceedings of the Combustion Institute, Vol. 31, No. 2, pp. 1813-1820, (2007). , ,   , 2007年03月, ,  
19
よどみ流中における高密度炭素ならびに炭素/炭素複合材の燃焼. , 牧野 敦, 波切稔和(静岡大学大学院学生), 木村克己(静岡大学学生). , 日本機械学会論文集 (B編), Vol. 72, No. 724, pp. 3137-3142, (2006). , ,   , 2006年12月, ,  
20
薄膜積層型燃焼合成の燃焼速度ならびに可燃範囲に及ぼす薄膜厚さの影響., 牧野 敦., 日本機械学会論文集 (B編), Vol. 72, No. 721, pp. 2307-2314, (2006)., ,   , 2006年09月, ,  
21
On the Off-stoichiometric Peaking of Adiabatic Flame Temperature., C. K. Law(プリンストン大学), A. Makino, T. F. Lu, (プリンストン大学大学院学生). , Combustion and Flame, Vol. 145, No. 4, pp. 808-819, (2006)., ,   , 2006年04月, ,  
22
Mo-Si系燃焼合成の燃焼速度ならびに可燃範囲に及ぼす粒径の影響., 牧野 敦, 佐藤正行(静岡大学大学院学生)., 日本機械学会論文集 (B編), Vol. 72, No. 714, pp. 498-505, (2006).  , ,   , 2006年02月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
固体燃焼の基礎, 牧野 敦, 日本燃焼学会誌, Vol. 55, No. 172, pp. 94-109, (2013). , ,   , 2013年05月,  
2
ナトリウムの自己着火に関する基礎的研究, 牧野 敦, 日本燃焼学会誌, Vol. 54, No. 168, pp. 92-109, (2012). , ,   , 2012年05月,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
固体粒子の燃焼に及ぼす粒径の影響-燃焼率ならびに燃焼完結条件に関する実験的比較-., 牧野 敦, 第52回燃焼シンポジウム講演論文集, E111, (2015)., , 2015年12月,  
2
固体粒子の燃焼に及ぼす粒径の影響-固体炭素の燃焼率ならびに燃焼完結条件に関連して-., 牧野 敦, 第52回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 478-479, (2014)., , 2014年12月,  
3
ニッケル被覆アルミニウム粒子の着火に及ぼす雰囲気温度の影響., 牧野 敦, 第51回日本伝熱シンポジウム, 講演番号B211, (2014)., , 2014年05月,  
4
高エネルギ密度燃料の燃焼完結に及ぼす粒径の影響-炭素を想定した解析のさらなる精緻化-., 牧野 敦, 第51回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 474-475, (2013)., , 2013年12月,  
5
高エネルギ密度燃料の燃焼完結に及ぼす粒径の影響-炭素を想定しての解析とホウ素への適用-., 牧野 敦, 第50回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 80-81, (2012)., , 2012年12月,  
6
炭素やホウ素といった高エネルギ密度燃料粒子の燃焼完結に不可欠な条件に関して., 牧野 敦, JAXA数値解析グループ第5回燃焼セミナー, (2012)., , 2012年07月,  
7
Spontaneous Ignition Temperature for the Compacted Mixture of Ni-Al System: Experiment, Theory, and Comparisons. , Atsushi Makino, Daisuke Ichikawa, Atsuhiko Matsumoto,T. Kanda, T. Watanabe, The Thirty-Fourth International Symposium on Combustion, (2012)., , 2012年07月,  
8
高エネルギ密度燃料の燃焼完結に及ぼす粒子径の影響-炭素とホウ素の類似点に着目して-, 牧野 敦, 平成23年度宇宙輸送シンポジウム, STCP-2011-080, (2012)., , 2012年01月,  
9
燃焼合成したMgB2の純度に及ぼす初期温度の影響., 望月翔平, 新冨雅仁, 牧野 敦, , 第49回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 450-451, (2011)., , 2011年12月,  
10
炭素粒子の燃焼完結に及ぼす粒子径の影響-着火限界に関する解析的研究-., 牧野 敦, 第49回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 76-77, (2011)., , 2011年12月,  
11
燃焼合成の燃焼工学的研究., 牧野 敦, 第2回航空プログラムシンポジウム, (2011), , 2011年09月,  
12
MgB2の燃焼合成におけるMg粒径の影響(X線回折による生成物の定量分析)., 新冨雅仁, 望月翔平, 牧野 敦, , 日本機械学会東海支部第60期総会講演会講演論文集 No. 113-1, 講演番号653, (2011)., , 2011年03月,  
13
MgB2の燃焼合成における混合比の影響-X線回折による生成物の定量分析-., 望月翔平, 新冨雅仁, 牧野 敦, , 第48回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 116-117, (2010)., , 2010年12月,  
14
Ti-Al系燃焼合成における自己着火に及ぼす平板状試料の厚さと粉末粒径の影響., 牧野 敦, 第48回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 114-115, (2010)., , 2010年12月,  
15
Spontaneous Ignition Temperature for the Compacted Mixture of Ti-Al System: Theory and Experimental Comparisons. , Atsushi Makino, Ryou Higuchi, Akimasa Hisamoto, Kouji Koizumi, Hiroshi Takada, The Thirty-Third International Symposium on Combustion, (2010)., , 2010年08月,  
16
Synthesis of Magunesium Diboride by SHS Method. , Masahito Shintomi, Atsushi Makino, The Thirty-Third International Symposium on Combustion, (2010)., , 2010年08月,  
17
燃焼合成における燃焼波の形成および伝播に及ぼす粒径の影響., 牧野 敦, All JAXAシンポジウム2010, (2010), , 2010年06月,  
18
Mg-B系の燃焼合成における燃焼速度ならびに可燃範囲に及ぼす粒子酸化被膜厚さの影響., 新冨雅仁, 牧野 敦, , 第47回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 324-325, (2009)., , 2009年12月,  
19
MgB2の燃焼合成における混合比および初期温度の影響., 金子亮太, 新冨雅仁, 牧野 敦, , 第47回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 322-323, (2009)., , 2009年12月,  
20
Effects of Particle Size of Powder and Initial Temperature in the SHS Process for MgB2., Masahito Shintomi, Ryouta Kaneko, Atsushi Makino, 7th Asia-Pacific Conference on Combustion, (2009)., , 2009年05月,  
21
MgB2の燃焼合成における粉末粒径の影響., 金子亮太, 新冨雅仁, 牧野 敦, , 第46回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 502-503, (2008)., , 2008年12月,  
22
Ti-Al系燃焼合成における自己着火に及ぼす粒径の影響., 牧野 敦, 第46回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 498-499, (2008)., , 2008年12月,  
23
On the Transient Combustion and Burnout Time of Carbon Particles. , Atsushi Makino, C. K. Law, The Thirty-Second International Symposium on Combustion, (2008)., , 2008年08月,  
24
Spontaneous Ignition and Flame Propagation in Compacted Mixture of Ti-Al System: Theory and Experimental Comparisons. , Atsushi Makino , The Thirty-Second International Symposium on Combustion, (2008)., , 2008年08月,  
25
Distribution Map of Growth Rate of Diamond Film Synthesized by use of flame CVD. , Masahito Shintomi, Atsushi Makino, Nobuyuki Araki, The Thirty-Second International Symposium on Combustion, (2008)., , 2008年08月,  
26
ダイヤモンド薄膜の燃焼合成における窒素添加の影響., 笹目健太, 新冨雅仁, 牧野 敦, 荒木信幸, 第45回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 500-501, (2007)., , 2007年12月,  
27
環状燃焼器試験設備の拡充整備., 下平一雄, 牧野 敦, 山田秀志, 山本 武, 二村尚夫, 総合技術研究本部・航空プログラムグループ公開研究発表会 前刷集, pp.138-139, (2007).  , , 2007年11月,  
28
環状燃焼器試験設備の拡充整備., 下平一雄, 牧野 敦, 山田秀志, 山本 武, 二村尚夫, 第35回ガスタ-ビン定期講演会, (2007)., , 2007年10月,  
29
Effects of Initial Temperature, Relative Density, and Particle Size on the Burning Velocity of SHS Process for MgB2. , Masahito Shintomi, Daisuke Tamura, Atsushi Makino, 6th Asia-Pacific Conference on Combustion, (2007)., , 2007年05月,  
30
MgB2の燃焼合成に関する研究 -初期温度,粉末粒径および相対密度の影響-., 田村大輔, 齋藤, 新冨雅仁, 牧野 敦., 日本機械学会東海支部第56期総会講演会講演論文集, pp. 203-204, (2007)., , 2007年03月,  
31
燃焼合成について., 牧野 敦, 火薬学会プロペラント部会, (2007)., , 2007年03月,  
32
燃焼合成の基礎-燃焼波の伝播・消炎・着火-. , 牧野 敦, 第39回燃焼合成研究会, (2006)., , 2006年12月,  
33
炭素球の燃焼時間に及ぼす粒子径の影響-解析的研究-., 牧野 敦, 第44回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 432-433, (2006)., , 2006年12月,  
34
MgB2の燃焼合成における粒径,初期温度および相対密度の燃焼速度に及ぼす影響., 田村大輔, 新冨雅仁, 黒下清志, 牧野 敦, 第44回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 548-549, (2006)., , 2006年12月,  
35
高温高圧燃焼試験設備の拡充整備., 下平一雄, 牧野 敦, 山田秀志, 山本 武, 林 茂, 第34回ガスタ-ビン定期講演会 , (2006)., , 2006年10月,  
36
Combustion Rates of Graphite Rods in the Forward Stagnation Field of the High-Temperature, Humid Airflow. The Thirty-First International Symposium on Combustion, (Aug. 8, Heiderberg, Germany)., Atsushi Makino, A., Norie Umehara , The Thirty-First International Symposium on Combustion, (2006)., , 2006年08月,  
37
Heterogeneous Flame Propagation in the Self-Propagating High-Temperature Synthesis (SHS) Process in Multi-Layer Foils for Three Components System: Theory and Experimental Comparisons. , Atsushi Makino , The Thirty-First International Symposium on Combustion, (2006)., , 2006年08月,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2005年12月, 日本燃焼学会, 日本燃焼学会 論文賞, Ignition and Combustion of a Falling, Single Sodium Droplet 
2
1993年11月, 日本燃焼学会, 日本燃焼学会 奨励賞, 燃焼反応を利用した新材料合成の研究 

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
試料断面積が変化する場合の燃焼合成火炎の伝播速度に関する研究, 学術振興会, ,  1999年 - 2000年,  

 

連携可能な研究テーマ
No.タイトル, 年月 
1
固体の燃焼に関する研究,  2016年04月01日 - 現在