愛知工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

愛知工業大学
ホームページ

内種 岳詞 (ウチタネ タケシ,UCHITANE Takeshi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, ID:DOI, URL 
1
愛知県の交通事故発生区域のクラスター分析, 安藤 圭祐, 國吉 佑輔, 清水 和彦, 岡本 愛, 伊藤 暢浩, 岩田 員典, 内種 岳詞, 向 直人, 蒋 湧, 人工知能学会第二種研究会資料, 2021( SAI-42), 1- 7, 2021年12月, 10.11517/jsaisigtwo.2021.SAI-042_01[ID:DOI],  
2
RRSにおける非線形モデルによる環境とエージェント間の依存関係の分析, 細谷 優介, 内種 岳詞, 岩田 員典, 伊藤 暢浩, 知識ベースシステム研究会, B5( 03), 29- 34, 2020年03月, ,  
3
交通事故データに基づく被害者減少に向けた一考察, 加藤 翔馬, 伊藤 暢浩, 岩田 員典, 内種 岳詞, 向 直人, 人工知能学会「社会におけるAI」研究会 第35回研究会(人工知能学会合同研究会), ,  1- 8, 2019年11月, ,  
4
Infrastructure in Assessing Disaster-Relief Agents in the RoboCupRescue Simulation., Shunki Takami, Masaki Onishi, Itsuki Noda, Kazunori Iwata 0001, Nobuhiro Ito, Takeshi Uchitane, Yohsuke Murase, Studies in Computational Intelligence, 848,  133- 147, 2019年, 10.1007/978-3-030-25225-0_10[ID:DOI],  
5
RoboCupRescue Simulationの実験開発環境の実現と,それを用いたエージェント生成について, 鷹見 竣希, 高柳 和央, 伊藤 暢浩, 岩田 員典, 村瀬 洋介, 内種 岳詞, 社会システムと情報技術研究ウィーク2018, ,  8- , 2018年03月, ,  
6
An Environment for Combinatorial Experiments in a Multi-agent Simulation for Disaster Response., Shunki Takami, Masaki Onishi, Kazunori Iwata 0001, Nobuhiro Ito, Yohsuke Murase, Takeshi Uchitane, Proceedings of PRIMA 2018: Principles and Practice of Multi-Agent Systems, Lecture Notes in Artificial Intelligence, 11224,  646- 654, 2018年, 10.1007/978-3-030-03098-8_52[ID:DOI],  
7
An open-source job management framework for parameter-space exploration: OACIS, Y. Murase, T. Uchitane, N. Ito, Journal of Physics: Conference Series, 921( 1),  , 2017年11月19日, 10.1088/1742-6596/921/1/012001[ID:DOI],  
8
Evolutionary Design of Experiments to Find Significant Effects for Natural Disaster Prevention, UCHITANE Takeshi, ZHOU Chenting, HATANAKA Toshiharu, IWACIII 2017, ,   , 2017年11月, ,  
9
Proposed environment to support development and experiment in RoboCupRescue Simulation, TAKAMI Shunki, TAKAYANAGI Kazuo, JAISHY Shivashish, ITO Nobuhiro, IWATA Kazunori, MURASE Yohsuke, UCHITANE Takeshi, RoboCup Symposium 2017, ,   , 2017年07月, ,  
10
実験計画法による実験数削減と有意なパラメータ探索の避難シミュレーション分析への適用, 松島 裕康, 内種 岳詞, 辻 順平, 山下 倫央, 伊藤 伸泰, 野田 五十樹, 人工知能学会論文誌, 31( 6), 1- 9, 2016年11月, ,  
11
Applying Evolutionary Design of Experiments to Sensitivity Analysis of Tsunami Evacuation Simulation, UCHITANE Takeshi, ZHOU Chenting, HATANAKA Toshiharu, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its applications, ,  538- 541, 2016年11月, ,  
12
因子分析による都市規模交通シミュレーション結果の解釈, 松島 裕康, 内種 岳詞, 辻 順平, 山下 倫央, 伊藤 伸泰, 野田 五十樹, 計測自動制御学会 論文集, 52( 10), 545- 554, 2016年10月, ,  
13
Traffic Simulation of Kobe-city, Y. Asano, N. Ito, H. Inaoka, T. Imai, T. Uchitane, Proceeding in the International Conference on Social Modeling and Simulation, plus Econophysics Colloquium 2014, ,  255- 264, 2015年08月, 10.1007/978-3-319-20591-5_23[ID:DOI],  
14
Evolutionary Design of Experiments to Analyze Ultra Large Scale Systems, 内種 岳詞, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its applications, ,  716- 719, 2015年, ,  
15
A Study on Multi-objective Particle Swarm Model by Personal Archives with Regular Graph, Takeshi Uchitane, Toshiharu Hatanaka, 2015 IEEE CONGRESS ON EVOLUTIONARY COMPUTATION (CEC), ,  2685- 2690, 2015年, ,  
16
Particle Swarm for Multi-objective Optimization based on Personalized Archive and Neighborhood Topology, T. Uchitane, M. Yamamoto, T. Hatanaka, Proceedings of SICE Annual Conference 2014, ,  1778- 1791, 2014年09月, ,  
17
A tool for parameter-space explorations, MURASE Yohsuke, UCHITANE Takeshi, ITO Nobuyasu, Physics Procedia, 57,  73- 76, 2014年04月, ,  
18
Optimization Scheme based on Differential Equation Model for Animal Swarming, UCHITANE Takeshi, YAGI Atsushi, Open Journal of Optimization, ,  45- 51, 2013年06月, ,  
19
AN ORDINARY DIFFERENTIAL EQUATION MODEL FOR FISH SCHOOLING, Takeshi Uchitane, Ta Viet Ton, Atsushi Yagi, Scientiae Mathematicae Japonicae Online, e-2012,  415- 426, 2012年12月, ,  
20
Experimental Study for Multi-Objective PSO with Single Objective Guide Selection, T. Uchitane, T. Hatanaka, Proceedings of IEEE Congress on Evolutionary Computation, ,  2308- 2313, 2012年06月, ,  
21
単一の目的関数に基づくガイド選択による多目的PSO, 内種 岳詞, 畠中 利治, 進化計算学会論文誌(Web), 3( 3), 155- 162, 2012年, 10.11394/tjpnsec.3.155[ID:DOI],  
22
Applying Evolution Strategies for Biped Locomotion Learning in RoboCup 3D Soccer Simulation, Takeshi Uchitane, Toshiharu Hatanaka, 2011 IEEE CONGRESS ON EVOLUTIONARY COMPUTATION (CEC), ,  179- 185, 2011年, ,  
23
Evolution strategies for biped locomotion learning using nonlinear oscillators, T. Uchitane, T. Hatanaka, SICE Annual Conference 2010, ,  1458- 1461, 2010年08月, ,  
24
Guide selection methods using topology in multi-objective particle swarm optimization, T. Uchitane, N. Kondo, T. Hatanaka, SCIS & ISIS 2008, ,  1038- 1042, 2008年12月, ,  

 

MISC
No.タイトル, 著者, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, URL 
1
5人人狼ゲームにおけるMCCFRアルゴリズムの適用, 小島大征, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM), 37th,   , 2021年,  
2
RRSのためのDCOP擬似通信モジュールの開発とBinary Max-Sumの改善について, 酒井淑成, 岡戸優樹, 宮本侑季, 日下大舜, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM), 37th,   , 2021年,  
3
安心の素 [37] 「避難とシミュレーション」, 内種岳詞, 神戸新聞 神戸大学コラム, ,   , 2018年05月,  
4
進化計算による大規模シミュレーションにおける実験回数の削減, ZHOU Chen-Ting, 内種岳詞, 畠中利治, インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM), 27th,   , 2017年,  
5
大規模交通シミュレーション結果にもとづく交通予測モデルの構築 (システム研究会 都市とエージェント技術), 内種 岳詞, 伊藤 伸泰, 電気学会研究会資料. ST, 2016( 8), 5- 9, 2016年03月28日,  
6
ジョブ実行管理フレームワークOACISとその社会ネットワークモデリングへの応用 (社会システムと情報技術研究ウィーク(WSSIT16)), 村瀬 洋介, 内種 岳詞, 伊藤 伸泰, 知識ベースシステム研究会, 107,  19- 24, 2016年03月01日,  
7
津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発, ZHOU C., 内種岳詞, 畠中利治, インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM), 26th,   , 2016年,  
8
避難シミュレーションへの進化計算適用結果の分析, 内種岳詞, 内種岳詞, 山下倫央, 山下倫央, 辻順平, 辻順平, 松島裕康, 松島裕康, 野田五十樹, 野田五十樹, 伊藤伸泰, 伊藤伸泰, 伊藤伸泰, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2015,   , 2015年,  
9
多目的PSOにおけるアーカイブの共有と更新に関する検討 (システム研究会 インテリジェント・システム・シンポジウム(FANシンポジウム)), 山本 将司, 畠中 利治, 内種 岳詞, 電気学会研究会資料. ST, 2013( 80), 105- 108, 2013年09月25日,  
10
多目的PSOにおけるアーカイブの共有と更新に関する検討, 山本将司, 畠中利治, 内種岳詞, インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM), 23rd,   , 2013年,  
11
ランダムグラフ型のトポロジーを有する多目的PSOに関する一考察, 山本将司, 内種岳詞, 畠中利治, インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM), 22nd,   , 2012年,  
12
高次元関数最適化におけるParticle Swarmの探索の停滞について, 安田大悟, 畠中利治, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2012,   , 2012年,  
13
ロボカップ3Dサッカーシミュレーションにおける歩行パラメータ調整へのPSOの適用, 内種 岳詞, 畠中 利治, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 27,  185- 188, 2011年09月12日,  
14
ロボカップ2011イスタンブール世界大会レポート, 林原靖男, 大林健, 成瀬正, 武村泰範, 河原林友美, 大金一二, 伊藤暢浩, 植村渉, 野村康郎, 内種岳詞, ロボコンマガジン, 77,   , 2011年09月,  
15
Mixed Realistic Soccer Agentを活用したプログラミング実習授業に向けて, 関 直樹, 山西 輝也, 大熊 一正, 杉原 一臣, 魚崎 勝司, 吉田 康浩, 橋本 明希, 河原林 友美, 内種 岳詞, 畠中 利治, 全国大会講演論文集, 72,  683- 684, 2010年03月08日,  
16
Particle Swarm Optimizationにおけるstagnationに関する実験的検討, 近藤伸彦, 内種岳詞, 畠中利治, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2010,   , 2010年,  
17
進化型CPGを用いたヒューマノイドエージェントの歩行動作生成, 内種 岳詞, 畠中 利治, 全国大会講演論文集, 71,  89- 90, 2009年03月10日,  
18
トポロジーを考慮したガイド選択による多目的PSO, 内種 岳詞, 近藤 伸彦, 畠中 利治, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 24,  30- 35, 2008年09月03日,  
19
歩幅更新規範を導入した進化的CPGによる歩行動作獲得, 松本裕一, 内種岳詞, 畠中利治, 近藤伸彦, インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, 18th( CD-ROM),  , 2008年,  
20
高次元空間におけるParticle Swarmの速度更新モデルに関する検討, 畠中利治, 内種岳詞, 近藤伸彦, 是永剛志, システム・情報部門学術講演会講演論文集, 2008,   , 2008年,  

 

講演・口頭発表等
No.タイトル, 講演者, 会議名, 開催地, 開催年月日, 主催者 
1
愛知県の交通事故データを利用した地図画像からの事故種別の分類, 向直人, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 第18回ISTシンポジウム2020, 遠隔発表, 2020年12月, 特定非営利活動法人 ITS Japan 
2
愛知県における事故件数と交通量の関係についての分析, 加藤翔馬, 安藤圭祐, 伊藤暢浩, 岩田員典, 内種岳詞, 向直人, 蒋湧, 人工知能学会 第39回「社会におけるAI」研究会, 遠隔発表, 2020年11月, 人工知能学会 
3
Wind Turbine Optimization への制約違反を考慮したIDEaSm の適用, 堀貴登, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
4
WiFiシグナル計測によるオープンキャンパス会場混雑度リアルタイム可視化, 服部樹, 石原優, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
5
オンラインデジタルボードゲームを利用したプレイヤースキル推定, 増田拓也, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
6
災害状況下の確率的な経路閉塞状況における適切な復旧パスの探索, 内種岳詞, 畠中利治, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
7
愛知県全域自動車交通シミュレーションによる事故多発交差点間の背景交通量の関係調査, 鈴木登斗, 酒井秀輔, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
8
愛知県全域自動車交通シミュレーションによる事故多発交差点の背景交通量の推定, 酒井秀輔, 鈴木登斗, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
9
WiFiシグナル計測によるオープンキャンパス会場の人数推定, 石原優, 服部樹, 内種岳詞, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020, 遠隔発表, 2020年11月, 計測自動制御学会 
10
3Dサッカーにおけるキック動作の学習時間の短縮方法の検討, 川添 敦都, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第38回「社会におけるAI」研究会, 遠隔発表, 2020年10月, 人工知能学会 
11
事故多発地点に置ける背景交通量推定シミュレーション手法の開発, 内種岳詞, 酒井秀輔, 鈴⽊登⽃, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, 遠隔発表, 2020年09月, 電気学会 
12
都市スケール⾃動⾞交通シミュレーションの基盤開発, 酒井秀輔, 鈴⽊登⽃, 内種岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, 遠隔発表, 2020年05月, 電気学会 
13
事故原因推定に向けた愛知県全域⾃動⾞交通シミュレーション結果分析, 鈴⽊登⽃, 酒井秀輔, 内種岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, 遠隔発表, 2020年05月, 電気学会 
14
WiFiシグナル計測によるエスカ地下街の人の位置分布推定, 石原優, 服部樹, 中村栄治, 内種岳詞, 計測自動制御学会 第21回社会システム部会研究会, 南の美ら花ホテルミヤヒラ, 2020年03月, 計測自動制御学会 
15
RRSにおける非線形モデルによる環境とエージェント間の依存関係の分析, 細谷優介, 伊藤暢浩, 岩田員典, 内種岳詞, 社会システムと情報技術研究ウィーク2020, 研究会中止により発表扱い, 2020年03月, 人工知能学会 
16
Wind Turbine Optimization への制約違反を考慮した差分進化の適用, 堀貴登, 内種岳詞, 進化計算シンポジウム2019, HOTEL & RESORTS MINAMIAWAJI, 2019年12月, 進化計算学会 
17
自動車交通シミュレーションの入出力分類, 内種岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, ホテル日新会館, 2019年12月, 電気学会 
18
可搬性を考慮したRRS用インタラクティブ可視化システムの試作, 長谷川滉, 大河内明日香, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
19
RRSにおける地図の特徴指標とエージェントアルゴリズムの関係についての一考察, 松島冬弥, 上田陽明, 細谷優介, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
20
カーネル回帰による地図の特徴指標とエージェントの活動結果との依存関係について, 細谷優介, 松島冬弥, 上田陽明, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
21
RRS地図作成におけるOSM上のエラー解消, 上田陽明, 松島冬弥, 細谷優介, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
22
3Dサッカーにおけるパス精度向上に向けた評価関数の検討, 川添敦都, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
23
RRS環境におけるDAGを用いたMax-Sumの一考察, 日下大舜, 宮本侑季, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
24
RRSのタスク割当におけるBounded Max-Sumの適用, 岡戸優樹, 酒井淑成, 内種岳詞, 岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
25
RRSの通信コンポーネントと統合したDCOP用拡張機能の実現, 宮本侑季, 日下大舜, 内種岳詞,岩田員典, 伊藤暢浩, 人工知能学会 第36回「社会におけるAI研究会」, 近畿大学東大阪キャンパス, 2019年12月, 人工知能学会 
26
自然災害時に発生する確率的道路閉鎖による影響推定手法の開発, 内種岳詞, 畠中利治, SSI2019, 千葉大学西千葉キャンパス, 2019年11月, 計測自動制御学会 
27
交通事故データに基づく被害者減少に向けた一考察, 加藤翔馬, 伊藤暢浩, 岩田員典, 内種岳詞, 向直人, 人工知能学会 第35回「社会におけるAI研究会」, 慶應大学矢上キャンパス, 2019年11月, 人工知能学会 
28
都市における自動車交通モデル構築に向けた自動車交通シミュレーション結果分類, 内種岳詞, 電気学会C部門大会, 琉球大学, 2019年09月, 電気学会 
29
自動車交通シミュレーションにおいて非線形性応答を示す入力パラメータ空間の発見手法, 内種岳詞, FAN2019 Symposium on Fuzzy, Artificial Intelligence, Neural Networks and Computational Intelligence, 富山国際会議場, 2019年09月, 日本知能情報ファジィ学会 
30
道路ネットワーク上の自動車交通シミュレーションにおいて交通量変化が経路選択と交通量に与える非線形応答, 内種岳詞, 計測自動制御学会 第61回システム工学部会研究会, 防衛大学校, 2019年03月, 計測自動制御学会 
31
WiFiシグナル計測によるデイイベントの人の動態調査, 内種岳詞, 計測自動制御学会 第18回社会システム部会研究会, サザンビーチホテル&リゾート沖縄, 2019年03月, 計測自動制御学会 
32
Evolutionary Design of Experiments to Find Significant Factors for Tsunami Evacuation Simulation, UCHITANE Takeshi, International Workshop on Probability Theory and Related Fields, Vietnam Institute for Advanced Study in Mathematics(VIASM), 2019年02月, Vietnam Institute for Advanced Study in Mathematics(VIASM) 
33
道路ネットワークを考慮した自動車交通シミュレーションの出力の非線形応答性の考察, 内種岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, 愛知県立大学サテライトキャンパス, 2018年12月, 電気学会 
34
都市交通評価のためのマルチエージェントシミュレーションとその大規模結果の評価, 内種岳詞, 大阪大学MMDSワークショップ 工学と数学の接点を求めて, 大阪大学 吹田キャンパス, 2018年11月, 大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 
35
Sensing Human Mobility on A Day-Event via Wi-Fi Probe Request Signals, 内種岳詞, KUBEC 9th Symposium, Vrije Universiteit Brussel, 2018年10月, 神戸大学 
36
Degree of Vehicle Traffic Congestion with an Existence of Shorter Path on Road Networks, 内種岳詞, SICE Annual Conference 2018, 奈良春日野国際フォーラム, 2018年09月, 計測自動制御学会 
37
道路ネットワークにおける近道と経路選択と交通渋滞との関係考察, 内種岳詞, 平成30年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 北海道大学, 2018年09月, 電気学会 
38
自動車道路ネットワーク構造と最適な経路選択の困難さの関係考察, 内種岳詞, 第28回インテリジェント・システム・シンポジウム2018 講演論文集, 横浜国立大学, 2018年09月, 電気学会 
39
都市マルチエージェント・シミュレーション統合手法検討協同研究委員会の活動報告, 内種岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「システム技術一般」, , 2018年06月, 電気学会 
40
道路ネットワークにおける近道が交通渋滞に与える影響, 内種岳詞, 第62回システム制御情報学会, 京都テルサ, 2018年05月, システム制御情報学会 
41
RoboCupRescue Simulationの実験開発環境の実現と,それを用いたエージェント生成について, 鷹見竣希, 高柳和央, 伊藤暢浩, 岩田員典, 村瀬洋介, 内種岳詞, WSSIT2018, ルスツリゾートホテル, 2018年03月, 人工知能学会 
42
津波避難要因発見のための進化的実験計画法, 内種 岳詞, 周晨婷, 畠中 利治, 計測自動制御学会 第59回システム工学部会研究会, 沖縄産業振興センター, 2018年03月, 計測自動制御学会 
43
イベントにおけるWi-Fiシグナル計測結果にもとづく人の動き推定, 内種 岳詞, 計測自動制御学会 第58回システム工学部会研究会, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, 2018年01月, 計測自動制御学会 
44
進化的実験計画法によって獲得されるユニークなシナリオ数とシナリオの多様性評価, 内種 岳詞, 周晨婷, 畠中 利治, 進化計算シンポジウム2017, グリーンピア大沼, 2017年12月, 進化計算学会 
45
進化的実験計画法における初期個体の生成方法が実験数に与える影響調査, 内種 岳詞, 周晨婷, 畠中 利治, SSI2017, 静岡大学, 2017年11月, 計測自動制御学会 
46
AIの過去・現在・未来-ビッグデータはなぜ必要なのか-, 内種 岳詞, 平成29年度大学コンソーシアム コラボ塾, 富山県立大学, 2017年11月, 大学コンソーシアム富山 
47
Evolutionary Design of Experiments to Find Significant Effects for Natural Disaster Prevention, UCHITANE Takeshi, ZHOU Chenting, HATANAKA Toshiharu, The 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII 2017), Beijin, China, 2017年11月, The 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII 2017) 
48
Wi-Fiシグナルを利用したイベントにおける人の流動性と滞在時間の関係調査, 内種 岳詞, SSI2017, 静岡大学, 2017年11月, 計測自動制御学会 
49
自動車交通における交通需要と道路ネットワーク構造と経路選択を考慮した新ネットワークファンダメンタルダイヤグラムの構築, 内種岳詞, SSI2017(再発表), 静岡大学, 2017年11月, 計測自動制御学会 
50
進化的実験計画法における突然変異オペレーション改善の一考察, 内種 岳詞, 周晨婷, 畠中 利治, 第13回進化計算学会研究会, 立命館大学, 2017年09月, 進化計算学会研究会 
51
Wi-Fiシグナルによるイベント滞在時間推定, 内種 岳詞, 第23回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校」, 諏訪東京理科大学, 2017年09月, 計測自動制御学会 
52
自動車交通における交通需要と道路ネットワーク構造と経路選択を考慮した新ネットワークファンダメンタルダイヤグラムの構築, 内種 岳詞, 平成29年電気学会 電子・情報・システム部門大会, サンポートホール高松, 2017年09月, 電気学会 
53
Proposed environment to support developmentand experiment in RoboCupRescue Simulation, TAKAMI Shunki, TAKAYANAGI Kazuo, JAISHY Shivashish, ITO Nobuhiro, IWATA Kazunori, MURASE Yohsuke, UCHITANE Takeshi, RoboCup Symposium 2017, 愛知大学, 2017年07月, ロボカップ2017名古屋大会開催委員会, ロボカップ国際委員会, 特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会, 一般社団法人ロボカップジュニアジャパン 
54
Big Data Handling in Large Scale Social Simulation, UCHITANE Takeshi, MURATA Tadahiko, IFSA-SCIS2017, ピアザ淡海, 2017年06月, IFSA-SCIS 
55
自動車交通における道路構造と渋滞の巨視的な関係, 内種 岳詞, 電気学会C部門 システム研究会「社会シミュレーション及び周辺技術」, 新潟県立看護大学, 2017年06月, 電気学会 
56
A Case Study of Relationships Between Road Network Structures and OD Distributions, UCHITANE Takeshi, IFSA-SCIS2017, ピアザ淡海, 2017年06月, IFSA-SCIS 
57
都市マルチエージェント・シミュレーション統合手法検討協同研究委員会の設立について, 内種 岳詞, 電気学会C部門 システム研究会~システム技術一般~, 電力中央研究所大手町地区, 2017年06月, 電気学会 
58
進化的実験計画法における実験数と感度分析精度の関係, 内種岳詞, 周晨婷, 畠中利治, 第11回コンピュテーショナル・インテリジェンス研究会, 大津市旧大津公会堂, 2017年06月, 計測自動制御学会 
59
粒子群最適化による二足歩行ロボットの歩行パラメーター獲得, 内種 岳詞, 日本OR学会「数理的発想とその実践」研究部会 第11回研究集会, 福井工業大学, 2017年05月, 日本OR学会 
60
道路ネットワークにおける自動車交通の需要と渋滞との関係考察, 内種 岳詞, 第61回システム制御情報学会研究発表講演会, 京都テルサ, 2017年05月, システム制御情報学会 
61
進化的実験計画法によって獲得されたデータの妥当性検証, 内種 岳詞, 第12回進化計算学会研究会, 九州大学大橋キャンパス, 2017年03月, 進化計算学会研究会 
62
ネットワーク道路構造における自動車交通の需要と渋滞の関係考察, 内種 岳詞, 第56回 システム工学部会研究会, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, 2017年03月, システム工学部会研究会 
63
RoboCupRescue Simulation における開発・実験を支援する環境の提案, 鷹見 竣希, 高柳和央, 伊藤暢浩, 岩田員典, 村瀬洋介, 内種 岳詞, 社会システムと情報技術研究ウィーク, ルスツリゾートホテル, 2017年03月, 人工知能学会 知識ベースシステム研究会, 人工知能学会 社会におけるAI研究会, 人工知能学会 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会, 情報処理学会 知能システム研究会, 情報処理学会 関西支部 行動変容と社会システム研究会, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 
64
Building Macroscopic Vehicle Traffic Model from Analyses of Simulation Results, UCHITANE Takeshi, International Tutorial for OACIS, RIKEN AICS, 2017年03月, RIKEN AICS 
65
道路ネットワーク構造とOD分布が都市自動車交通に与える影響考察, 内種 岳詞, SSI2016(再発表), 滋賀県立体育館, 2016年12月, SSI 
66
津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発, 内種 岳詞, 周晨婷, 畠中 利治, SSI2016(再発表), 滋賀県立体育館, 2016年12月, SSI 
67
Applying Evolutionary Design of Experiments to Sensitivity Analysis of Tsunami Evacuation Simulation, 内種 岳詞, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, ニューウェルシティ湯河原, 2016年11月, NOLTA 
68
津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発, 内種 岳詞, FAN2016 Symposium on Fuzzy, Artificial Intelligence, Neural Networks and Computational Intelligence in Osaka, 銀杏会館, 2016年10月, FAN 
69
OACIS による RoboCupRescue Simulation 開発実験評価環境について, 内種 岳詞, FAN2016 Symposium on Fuzzy, Artificial Intelligence, Neural Networks and Computational Intelligence in Osaka, 銀杏会館, 2016年10月, FAN 
70
進化的手法による実験計画獲得法の考察, 周晨婷, 内種岳詞, 畠中利治, 第11回進化計算学会研究会, 甲南大学, 2016年09月, 進化計算学会 
71
道路ネットワーク構造とOD分布が都市自動車交通に与える影響考察, 内種 岳詞, 伊藤 伸泰, 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 神戸大学, 2016年08月, 電気学会 
72
大規模社会シミュレーションの実践―シミュレーション実行管理フレームワークと実験計画―, 内種 岳詞, 日本OR学会「数理的発想とその実践」研究部会 第7回研究集会, 福井工業大学, 2016年07月, 日本OR学会 
73
Factor Analysis of Vehicle Traffic Simulation on Large Scale Road Network, UCHITANE Takeshi, ITO Nobuyasu, 21st International Symposium on Artificial Life and Robotics, B-Con Plaza, Beppu, Japan, 2016年01月, 21st International Symposium 
74
自動車交通シミュレーションの因子分析と分析結果の考察, 内種 岳詞, 伊藤 伸泰, 第21回交通流と自己駆動粒子系のシンポジウム, 名古屋大学, 2015年12月, 交通流数理研究会 
75
Evolutionary Design of Experiments to Analyze Ultra Large Scale Systems, UCHITANE Takeshi, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, City University of Hong Kong, 2015年12月, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications 
76
Applying factor analysis to vehicle traffic simulation on Kobe-city, UCHITANE Takeshi, The CASSIA 3rd workshop on International workshop on complex phenomena from molecule to society, 東京大学, 2015年11月, The CASSIA 3rd workshop 
77
避難シミュレーションへの進化計算適用結果の分析, 内種岳詞, 山下倫央, 辻順平, 松島裕康, 野田五十樹, 伊藤伸泰, SSI2015, , 2015年11月,  
78
都市規模自動車シミュレーションの分析, 内種 岳詞, 伊藤 伸泰, 平成27年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 長崎大学, 2015年08月, 電気学会 
79
創発システムの理解へ向けたシミュレーション技術の高度化, 内種 岳詞, 第21回創発システム・シンポジウム, 諏訪東京理科大学, 2015年08月, 公益社団法人計測自動制御学会 
80
進化的実験計画におけるベンチマーク問題, 内種 岳詞, 第7回コンピュテーショナル・インテリジェンス研究会, 東北大学サイバーサイエンスセンター, 2015年05月, コンピュテーショナル・インテリジェンス研究会 
81
多様な最適化アルゴリズムのニーズとその性能評価, 内種岳詞, 考え・動く集団への多面的アプローチ, , 2015年03月,  
82
パーソナルアーカイブを導入した多目的PSO, 山本将司, 内種岳詞, 畠中利治, SSI2014, , 2014年11月,  
83
OACIS: 大規模問題における進化計算の実行管理, 内種岳詞, 村瀬洋介, 伊藤伸泰, SSI2014, , 2014年11月,  
84
都市交通シミュレーションによる交通解析, 内種岳詞, 伊藤伸泰, 第21回社会におけるAI研究会, , 2014年11月,  
85
OACISによる進化計算の実行管理, 内種岳詞, 村瀬洋介, 伊藤伸泰, 第7回進化計算学会研究会, , 2014年08月,  
86
確率的魚群モデルに基づく関数最適化法の提案, 内種岳詞, 福富太郎, 畠中利治, 第4回進化計算学会研究会, , 2013年,  
87
多目的PSOにおける粒子のネットワークに関する考察, 山本将司, 内種岳詞, 畠中利治, 第8回進化計算フロンティア研究会/第2回進化計算学会研究会, , 2012年,  
88
RoboCup Soccer Simulation 3Dにおける歩行動作獲得問題へのPSOの適用, 内種岳詞, 畠中利治, 第8回進化計算フロンティア研究会/第2回進化計算学会研究会合同研究会, , 2012年,  
89
ヒューマノイドロボットの歩行獲得における歩行制御パラメータの調整に関する考察, 内種岳詞, 畠中利治, 第6回進化計算フロンティア研究会, , 2011年03月,  
90
ヒューマノイドロボットの歩行獲得問題へのCMA-ESの適用, 内種岳詞, 畠中利治, 進化計算シンポジウム2010, , 2010年12月,  
91
Particle Swarm Optimizationにおけるstagnationに関する実験的検討, 近藤伸彦, 内種岳詞, 畠中利治, SSI2010, , 2010年11月,  
92
ヒューマノイドロボットの歩行動作獲得のための進化戦略に関する検討, 内種岳詞, 畠中利治, 第5回進化計算フロンティア研究会, , 2010年10月,  
93
マイクロロボットを用いた教育用教材開発 - ダンス動作生成用GUI作成-, 小下裕規, 橋本明希, 吉田廉浩, 河原林友美, 関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原 一臣, 内種岳詞, 畠中利治, 魚崎勝司, 平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会, , 2010年09月,  
94
マイクロロボットを用いた教育用教材開発 ‐サッカーチャレンジシステムの作成‐, 河原林友美, 吉田廉浩, 橋本明希, 関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原一臣, 内種岳詞, 畠中 利治, 魚崎勝司, 平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会, , 2010年09月,  
95
進化的CPGを用いたヒューマノイドロボットの歩行獲得におけるパラメータ調整法の考察, 内種岳詞, 畠中利治, 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム, , 2010年09月,  
96
進化計算を用いたヒューマノイドロボットの歩行動作の獲得のためのパラメータ調整, 内種岳詞, 畠中利治, 第3回進化計算フロンティア研究会, , 2010年03月,  
97
Mixed Realistic Soccer Agent を活用したプログラミング実習授業に向けて, 関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原一臣, 魚崎勝司, 吉田康浩, 橋本明希, 河原林友美, 内種岳詞, 畠中利治, 情報処理学会第72回全国大会, , 2010年03月,  
98
進化型CPGを用いたRoboCupヒューマノイドの歩行生成における評価関数に関する考察, 内種岳詞, 畠中利治, 第19回 インテリジェント・システム・シンポジウム, , 2009年09月,  
99
進化型CPGを用いたヒューマノイドエージェントの歩行動作獲得, 内種岳詞, 畠中利治, 情報処理学会第71回全国大会, , 2009年03月,  
100
歩幅更新規範を導入した進化的CPGにおける歩行動作獲得, 内種岳詞, 松本裕一, 畠中利治, 第18回 インテリジェント・システム・シンポジウム, , 2008年10月,  
101
トポロジーを考慮したガイド選択による多目的PSO, 内種岳詞, 近藤伸彦, 畠中利治, 第24回 ファジィシステムシンポジウム, , 2008年,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, タイトル 
1
2017年11月, IWACIII, IWACIII 2017 Young Researcher Award, Evolutionary Design of Experiments to Find Significant Effects for Natural Disaster Prevention 
2
2017年, 電気学会, 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞, 「大規模交通シミュレーション結果にもとづく交通予測モデルの構築」による研究会活性化への貢献 

 

外部資金導入
No.タイトル, 提供機関, 制度名, 研究期間, 代表者 
1
進化計算を応用した実験計画法の体系化, , 学術研究助成基金助成金/若手研究(B),  2015年04月 - 2017年03月,